トヨタ プレミオ(PREMIO)売却時の買取相場価格

プレミオ買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのプレミオ

【プレミオ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
プレミオ 1.5 F EXパッケージ 2018年 1万km 185万円

ナビクル車査定


 

プレミオを売却した人の口コミ情報

 
私は、看護師で地元の病院に勤務をしています。

看護師の生活は、重労働かつ夜勤があるので結構つらいです。

夜勤があるとバスや電車などの公共交通機関が使えないので、病院に勤務するには自家用車は必須となります。

そのため、病院に通勤するためのクルマとしてトヨタ自動車のプレミオを愛用していました。

プレミオは病院の駐車場に止めるのですが、無難なデザインなので、病院に訪れる患者さんに不快感を与えることがありません。

そういった意味でも私はプレミオを気に入っていました。

長年、乗り続けてきた私のプレミオですが、車検でお金がかかる前に、新車に乗り換えることにしました。

今まで乗っていたプレミオは、出来るだけ高額で売りたかったので、スマホを使って調べてみました。

すると、インターネット経由で査定を請求できる、車買取一括査定サイトがあることが判明しました。

早速、私のプレミオの査定を、そのサイトでお願いしたのですが、その後、8社程度の車買取会社から買取額の査定を電子メールで送ってもらうことができました。

私は、最も納得のできる買取条件を提案してくれた車買取会社に私のプレミオを売ったので、満足の出来る売却ができました。

私は、40代のサラリーマンです。

一部上場の食品メーカーに勤務をしています。

本当はプレミオより、より高級なクルマに乗りたいのですが、30代の時に家を購入したため住宅ローンの返済があるので、クルマにはあまりお金を掛けることができませんでした。

妥協をして購入したプレミオですが、最近のクルマにしては意外と燃費が悪いことに気づきました。

そのため、2回目の車検を終えてから間もなくして、早々にプレミオを買い替えることにしました。

兎に角、クルマにはお金はかけられないので、もう少しコンパクトな維持費の安いクルマにすることにしました。

今まで乗ってきたプレミオは、高額で売りたかったので、PCを利用して高く売るにはどうしたらよいかをネットサーフィンをして調査してみました。

すると、インターネット中古自動車査定サイトというサイトがあることを知りました。

自分のプレミオのコンディションをそのサイトで入力してから、暫くすると、複数の中古車買取業者から買い取り額の提示を受けることができました。

言うまでもないですが、最も高額で私のプレミオを買い取ってくれる中古車買取業者に私のクルマを売却しました。

会社への通勤が主な用途ですが、家族旅行の移動手段としても使えるクルマとして、トヨタのプレミオを買いました。

プレミオは前席シートは当然のこと、後席シートも作りがしっかりとしている点がよく、その点で家族からの評判も上々です。

また、自分は仕事柄、あまり荷物をクルマに積み込むことはありませんが、万一プレミオに荷物を沢山積まなければならなくなった場合は、後席の背もたれ部分を前に倒し込むことで、トランクルームの空間を拡張させることができます。

ですから、プレミオは思いのほか、大きな荷物を積載することができます。

私自身はとても気に入っていたプレミオですが、新車で買ってから8年を経過した時に、クルマを買い替えることを決意しました。

今まで使ってきたプレミオは、自宅から数km離れた場所にあった地元の知り合いが経営している車買取会社へ売却しました。

知り合いなので、プレミオを売る際はサービスをしてくれて、平均以上の買取額で買い取ってもらうことができました。

私は、落ち着いた感じのソフトなボディデザインが気に入って、白色のプレミオを購入しました。

私は、市民会館で手芸教室を開催しているのですが、その時の足としてプレミオを使っています。

また、インターネットを使った転売やオークションサイトで、自分が作った布製のバッグやカバンなどの手芸品の販売を行っています。

プレミアの車両価格はミドルクラスだと思うのですが、その割には、木目調のパネルや座り心地の良い体にフィットするシートで、高級感を感じることができました。

長年に渡って乗り続けてきたプレミアですが、購入をしてから10年経った時にはさすがに古さが目に付くようになったので、買い替えをすることにしました。

次に購入をしたのは、ミドルクラスのハイブリッドカーです。

今まで愛用し続けてきたプレミオは、新車を購入した自動車販売会社で下取り車として引き取ってもらいました。

私は、クルマを乗り換える時は古いクルマは下取りをすることしか念頭になかったのですが、よくよく考えてみると車買取専門店に売るという選択肢もあったなぁと、もっと十分に売却先を検討すべきだったと現在感じています。
 

プレミオ(PREMIO)のスペック(現行モデル)

 

プレミオのフロントサイド部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 4ドアセダン 190-268 5
総排気量[L] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1.5/1.8/2.0 14.8-19.2.(JC08) 直4DOHC(VALVE MATIC) 109-152
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
136-193 4,595x1,695x1,475-1,485 1,200-1,330 FF/4WD

 

プレミオ(PREMIO)の概要

 

PREMIO

プレミオ(PREMIO)は、コロナの後継車として登場した4ドアセダンです。

特徴

  • 高さのある大型グリルで重厚感のあるフロントデザイン
  • 丁寧に作りこまれた木目調の高級感の漂うインテイリア
  • 「ぶつからない」、「はみ出さない」、「夜間に見やすい」を「Toyota Safety Sense」でサポートすることで、安全運転を支援
  • 1.8Lと2.0Lエンジンには、エンジンの燃焼効率を高めるバルブマチックを搭載することでハイパワーと燃費の向上を実現
  • 簡単に経済的な運転ができるアイドリングストップ機構を搭載
  • 自動無段変速機「Super CVT-i」により、スムーズな走りと低燃費を両立
  • ボディ側面の空気の流れをコントロールする「エアロスタビライジングフィン」により操縦安定性を向上
  • リアシートにはリクライニング機構があり、シートの背中部分を傾けることが可能
  • リアシートを前方に倒して収納することで、ラゲージルームから続く広い荷物スペースを確保可能

モデルチェンジ変遷

初代プレミオ
(2001-2007年)
初代プレミオのT24#型を販売。
熟年層向けに開発された5ナンバー枠の車格の乗用車で、MT車なしのAT車のみの発売となりました。5ナンバーとしては長いホイールベースで、広い室内空間を確保しています。2002年には、グッドデザイン賞を受賞しています。
2代目プレミオ
(2007年-現在まで)
2代目プレミオのT26#型を販売。
当初は先代のボディデザインを引継いだデザインでしたが、2016年6月のマイナーチェンジでフロントグリルの高さが増し、ヘッドライトが細く切れ上がった形状となったため、精悍なイメージのフロントフェースとなりました。また、自動でドアの開錠とボタンをワンプッシュすることでエンジンを始動できる「スマートエントリー&スタートシステム」を搭載しています。

 

ナビクル車査定

page top