トヨタ ハイラックスサーフ(Hilux Surf)売却時の買取相場価格

ハイラックスサーフ買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのハイラックスサーフ

【ハイラックスサーフ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ハイラックスサーフ SSR-X 2005年 9万km 35万円

かんたん車査定ガイド


 

ハイラックスサーフを売却した人の口コミ情報

 
僕は、サーフィンが趣味なので、都内から横浜の湘南などに行くためにハイラックスサーフを利用していました。

ボードは助手席を倒せば、室内に納めることが可能でしたが、それでは友達を乗せることができなくなるので、ハイラックスサーフの天井にキャリアーを取り付けて利用していました。

サーフィンに行くときは、ハイラックスサーフの天井のキャリアーにサーフボードを固定することで、ウェットスーツなどのサーフィンに必要な道具を余裕を持って、クルマに積むことができました。

そんな僕にとっては相棒ともいえるハイラックスサーフですが、7年目に新型のハイラックスサーフに乗り換えることにしました。

僕は新し物好きなので、あまりにも古いクルマには乗りたくなかったからです。

乗り換えの際に古いハイラックスサーフは、インターネットから申し込みをした中古車買取一括査定サイト経由で売却をしました。

このサイトでは複数の中古車買取会社から無料で買い取りのための見積りを出して貰うことができました。

僕が行ったことと言えば、貰った見積りを比較して、高値で買い取りをしてくれる中古車買取会社へ自分のハイラックスサーフを引き取って欲しいと連絡したぐらいです。

中古車を売るには複雑な手続きが必要なのではと考える人もいると思いますが、意外と簡単に売ることができました。

我が家では、キャンプに良く出かけるので、たくさんの荷物が積めて、かつ悪路でも走破できるハイラックスサーフを愛車として利用していました。

湖畔や山中、河川敷にあるキャンプ場に出かけて、テントを張り、キャンプ用のテーブルと椅子をセッティングして、焼き肉やバーベキューを楽しみました。

子供が中学生ぐらいまでは、一緒にキャンプに行くことができたのですが、高校生になると学校の勉強や部活が忙しくて、一緒にキャンプに行くことができなくなり、キャンプに行くことがほとんどなくなりました。

キャンプに行かないなら、街乗りに適したセダンに乗り換えようと決意して、ハイラックスサーフは新しくセダンを購入した自動車ディーラーに下取りに出しました。

自分はあまりよく考えずにハイラックスサーフを下取りに出してしまいましたが、本来なら車買取専門店に売却した場合と比較をするべきだと今となっては思います。

自分はスノボーが趣味です。

そのため、ウィンターシーズンには、スノボーを楽しむためにスキー場のゲレンデに向かいます。

雪道を走ることもあるので、クルマの床の高いハイラックスサーフを購入しました。

いつも仲間と一緒に行くので、ハイラックスサーフのトップ部分にはキャリアーを付けて、ボードはキャリアーの上に固定して、スキー場に出かけていました。

若いころはスノボーに良く出かけていたのですが、周りの友人が結婚をしだし、そして自分自身も結婚をしたのを機に、スノボーから卒業をしました。

街乗りしかしなくなったのにハイラックスサーフに乗るのはナンセンスなので、一般的なファミリーカーに乗り換えることにしました。

ハイラックスサーフの売却先をどうしようかと悩んだのですが、インターネットで調べてみると中古自動車の一括査定見積りサイトというものがあり、そこを使えば高値で売れることが分かりました。

インターネットを使って中古自動車の一括査定見積りサイトへ見積り査定を依頼をすることで、自分はハイラックスサーフを中古車市場の平均買取額を超えた高額で売ることができました。

私は、北海道の田舎に住んでいます。

さすがに田舎でも全ての道路がアスファルトで舗装されているのですが、冬は道路に雪が積もり、除雪車が通るまでの間はとても走りづらいデコボコ道になることが良くあります。

そんな時でもハイラックスサーフなら、ボディの床が地面から距離があるので、ボディ底を擦ることがないだろうと思い、ハイラックスサーフを購入して愛用していました。

ですが、ハイラックスサーフは維持費が掛かること気づき、支払いが大変なので手放すことにしました。

私は田舎住まいで収入が低いので、ガソリン代や自動車保険代、車検代、自動車税や重量税が負担となりました。

乗り換えの車は、軽自動車で悪路に強いジープの様な形状のクルマを購入することにしました。

今まで乗っていたハイラックスサーフは、自分の田舎町で店舗を構えていた無名の中古自動車買取業者に売りました。

自分の場合、ハイラックスサーフの売却時に複数の中古車買取業者から見積り査定をもらわずに売ったので、複数の中古車買取業者を比較してから売ればもっと高値で売れたのではと、少し後悔をしています。
 

ハイラックスサーフ(Hilux Surf)のスペック(最終モデル)

 

ハイラックスサーフのサイド前部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 SUV 249-350 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,693/3,955 8.3-8.9 直列4気筒
/V型6気筒
163/249
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
246/380 4,770-4,805x1,875-1910x1,790-1,805 1,720-2,010 FR/4WD

 

ハイラックスサーフ(Hilux Surf)の概要

 

Hilux Surf

ハイラックスサーフ(Hilux Surf)は、トヨタ自動車が販売していた大型SUVです。

2009年8月に販売を終了しました。

特徴

  • 都会的なスタイルのボディなので、街乗りでも違和感なく乗ることが出来ます。
  • パワーユニットは、2.7L直列4気筒と3.4LV型6気筒の2種類のガソリンエンジンと3.0L直列4気筒直噴ディーゼルターボから選択可能です。
  • 既に販売を終了しているので希少価値があります。
  • トランスミッションは5速ATのみなので、誰でも楽に運転ができます。
  • エンジンは低中速のトルク重視なので、悪路だけでなく渋滞時の運転もしやすいです。
  • 状況によって切り替えができるパートタイム4WDを採用しています。

モデルチェンジ変遷

初代ハイラックスサーフ(1983年-1989年) 初代ハイラックスサーフのN60系を販売。
ボディトップはFRP製で出来ており取り外し可能でした。ハードトップを外すことにより、オープンカーにすることもできました。リアには転倒した際の安全性を確保するためにロールバーが付けられていました。
2代目ハイラックスサーフ(1989年-1995年) 2代目ハイラックスサーフのN130系を販売。
先代は2ドアのみでしたが、4ドアのラインナップも追加されました。ボディとトップは一体成型されているため、ハードトップの取り外し機能は無くなりました。1990年に登場した3リッターガソリンエンジン搭載車は、ボディサイズの大型化に伴い3ナンバー車となりました。
3代目ハイラックスサーフ(1995年-2002年) 3代目ハイラックスサーフのN180系を販売。
専用設計のシャーシにより、軽量化と高剛性の両方を兼ね備えました。フルタイム4WDにも変更可能なパートタイム4WDを搭載していました。1998年には、3ナンバー枠の大型ボディのみとなりました。
4代目ハイラックスサーフ(2002年-2009年) 4代目ハイラックスサーフのN210系を販売。
ボディサイズの大型化が行われ、広々とした快適な車内空間となっていました。ラダーフレームを採用しているため、シャーシ剛性が高く、悪路走行にも本格的に対応をしていました。
5代目ハイラックスサーフ(2009年-現在まで) 5代目ハイラックスサーフのN280系を販売。
日本市場での販売を終了しました。海外で4Runnerという車名で販売をしています。


 

かんたん車査定ガイド

page top