トヨタ ハイエースワゴン(HIACE WAGON)売却時の買取相場価格

ハイエースワゴン買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのハイエースワゴン

【ハイエースワゴン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ハイエースワゴン GL 2015年 1万km 223万円

かんたん車査定ガイド


 

ハイエースワゴンを売却した人の口コミ情報

 
会社で社員を出社時と退社時に最寄り駅まで運ぶのにハイエースワゴンを使っていました。

法人で購入をしたので、購入費用は経費とすることができ、減価償却期間は6年です。

つまり、6年かけて購入費用を分割して経費にすることができる訳です。

当社では、6年サイクルでハイエースワゴンの買い替えをしています。

古いハイエースワゴンは、毎回ハイエースワゴンを購入して懇意にしているトヨタ系の自動車ディーラーに下取りに出しています。

お得意様という事もあり、かなり高額で下取りをしてもらうことができています。

当社では、古くなった中古車の売却は下取り一択です。

当社は雪国の新潟で温泉宿を経営しています。

ハイエースワゴンの寒冷地仕様をお客様の送迎用に使っています。

ハイエースワゴンの寒冷地仕様では、バッテリーとスターターの容量アップが行われており、エンジン始動が良くなっています。

また、ミラーには凍結防止用の熱線が組み込まれています。

ハイエースワゴンは業務用として購入をしており、当社では走行距離が10万キロを超えた時点で新しいハイエースワゴンに買い替えをしています。

過走行車を使い続けると、走行時の安全性を確保できないとの判断から走行距離は10万キロを限度としています。

新しいハイエースワゴンに買い替える際に、古いハイエースワゴンは下取りに出すのですが、過走行車なので、下取り価格は10万円未満となることが多いです。

それでも、廃車費用が掛かるよりかは断然良いので、現在の下取り価格には納得しています。

当社では、ホテルを経営しています。

ハイエースワゴンは、団体客の無料送迎用に利用しています。

マイクロバスも所有をしているのですが、10名未満の団体客の場合のみ、ハイエースワゴンを使っています。

最近のハイエースワゴンには、交通事故を防止するための自動ブレーキなどの先進安全装置が付いているので、安心してお客様を送り迎えすることができます。

当社では、ハイエースワゴンは3回目の車検前に買い替えをする様にしています。

つまり6年サイクルで買い替えをしているという事です。

新しいハイエースワゴンを買う際に、今まで使っていた古いハイエースワゴンは自動車ディーラーに下取りに出す様にしています。

当社では、保育所を法人として経営をしています。

子供の送迎用として、ハイエースワゴンを使用しています。

ハイエースワゴンは後部座席の乗りこみ部分が階段状のステップになっているので、小さな子供でも乗り降りしやすくなっています。

また、ハイエースワゴンは必要に応じて、最後尾シートを左右に倒すことで、大きな荷室スペースを確保することができます。

そのため、大きな荷物の運搬にも使っています。

安全性を考慮して、8年程度を目途にハイエースワゴンの買い替えを行っています。

古いクルマは、インターネットを使って中古車一括査定サイトで査定の申し込みを行うことで、高値で売却をしています。

インターネットに接続されたパソコンがあれば、簡単にクルマを高値で売却できる時代なので、それを活用しない手はないです。
 

ハイエースワゴンのスペック(現行モデル)

 

ハイエースワゴンの横

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 ワゴン 293-348 10
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,693 16.6-23.0 水冷直列4気筒DOHC 160
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
243 4,840-5,380x1,880x2,105-2,285 1,930-2,040 FF/4WD

 

ハイエースワゴン(HIACE WAGON)の概要

 

HIACE WAGON

ハイエースワゴン(HIACE WAGON)は最大乗員数が10名なので、多くの人を載せて移動することができるトヨタ自動車のワゴン型バンです。

特徴

  • ウォーキングスペースを十分に確保したGL、広い座席スペースを確保したDX、荷物スペースに余裕を持たせたグランドキャビンの3タイプのグレードから選択できます。
  • シートはゆったりくつろげるリクライニング機構を備えています。
  • リアシート専用クーラーがあるので後部座席でもオールシーズン快適に過ごすことが出来ます。
  • ハイパワーエンジンなので、フル乗員での坂道もラクラクです。
  • ハイルーフなので、後部座席でも割と楽に乗降ができます。
  • 自転車も載せることが出来るぐらい広い荷室なので、荷物運搬用の商用車、あるいはレジャー用の車として最適です。
  • 車高が高いので、車の窓からの見晴らしが良いです。

モデルチェンジ変遷

初代ハイエースワゴン
(1967年-1977年)
初代ハイエースワゴンのH10系を販売。
「HIGH」とは高品質や、高グレードという意味、また「ACE」は一番優れているという意味の言葉を組み合わせて、ハイエースという呼び名となりました。フロントデザインは、今となってはレトロな雰囲気がある丸型4灯ライトで、ボンネットがない形状でした。ワゴンは最多で9人を乗せることができました。
2代目ハイエースワゴン(1977年-1985年) 2代目ハイエースワゴンのH20-40系を販売。
ヘッドライトが丸型4灯から2灯に変更されたため、シンプルなフロントフェースとなりました。1978年の排出ガス規制に対応するために、1979年にガソリンエンジンの変更を行いました。
3代目ハイエースワゴン(1982年-1995年) 3代目ハイエースワゴンのH50系を販売。
「LASRE」と呼ばれる新型エンジンとL型ディーゼルエンジンを選択できました。「スーパーカスタム・サン&ムーンルーフ」と言う最上位グレードがありました。
4代目ハイエースワゴン(1989年-2004年) 4代目ハイエースワゴンのH100系を販売。
内外装をカスタマイズして、質感を高めた「スーパーカスタムリミテッド」というハイグレードモデルがありました。2列目シートを180度回転させることにより、3列目シートと対面させることが出来ました。そのため、後部座席は列車のシートの様なファミリーにとって会話をしやすい空間を作ることが可能となりました。
5代目ハイエースワゴン(2004年-現在まで) 5代目ハイエースワゴンのH200系を販売。
先代まで前席間にあったシフトレバーがインパネシフトに変更されたため、前席間に歩くことができるスペースができました。このため、前と後ろの座席との行き来が楽になりました。4WDタイプには悪路に強いAWD方式が採用されています。

 

かんたん車査定ガイド

page top