トヨタ ポルテ(Porte)売却時の買取相場価格

ポルテ買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのポルテ

【ポルテ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ポルテ 150r 2004年 8万km 13万円

かんたん車査定ガイド


 

ポルテを売却した人の口コミ情報

 
ポルテは、我が家のセカンドカーとして使っています。

私は専業主婦なのですが、主に幼稚園に通う娘の送り迎えと食料品の買い出しにポルテを使っています。

ポルテは低床設計なので、背の低い娘でも楽に乗り降りができます。

また、運転席と助手席の間にはコンソールボックスが無く、平らな床なのでウォークスルーが可能で、後席に子供を乗せた場合でも、運転席から直接、後席に移動して面倒を見てあげることができます。

ポルテは我が家にはなくてはならない車でしたが、引越しをすることになり、それを機会に売ることにしました。

引越し先にはセカンドカーを置くスペースがなかったからです。

ポルテは引越し前に、中古車買取のTAXに売却をしました。

中古車市場の平均買い取り価格と比較をすると、若干低い買取価格でしたが、引越しの準備で忙しかったので、我慢をして売りました。

時間的に余裕がある方は、色々な車買取業者から買取額の見積りをもらって比較をした方が良いと思います。

僕はよく、仲の良い友達を誘ってドライブへ出かけます。

ドライブに適した車は燃費の良いクルマだろうという事で、価格も手頃なポルテを愛車として使っています。

ポルテはシートアレンジも色々とできます。

例えば、助手席のシートの背もたれ部分を前に倒すことで、助手席をテーブルとして使うことができます。

ポルテのテーブル機能は、コンビニや高速道路のサービスエリアで、サンドイッチとドリンクなどの軽食を購入した時に、とても役に立ちました。

また、ポルテは、後席のシート下部を上に跳ね上げて固定することで、大きな荷物や高さのある荷物も積むことができます。

だから、夏場に冷たいドリンクを飲むことができるクーラーボックスなども積み込むことができます。

この様な旅のお供と言える様な、僕のポルテですが、約10年間使ってきたので、そろそろ替え時と思い、買い替えることにしました。
今まで愛用してきたポルテは出来るだけ高く売却したかったので、スマホのネット接続から利用できる中古車買取一括査定サイトを使いました。

このサイトは、売却したいクルマの情報を1回だけ入力すれば、自動的に複数のクルマ買い取り業者から買取額の査定額がEメールで送られてきます。

僕はやったことは、最も良い買取額を提示してくれたクルマ買い取り業者に連絡をとって、僕のポルテを引き取ってもらっただけです。

簡単に自分のクルマを高額買取してもらうことができました。

ポルテは、小型普通自動車なので、回転半径が小さく、小回りが利くこと、そして、電動スライドドアなので、お店の駐車場に車を止めた場合でも、買った荷物を積み込みやすいという点が気に入って乗っていました。

また、私は、冬場に雪が積もる地方に住んでいるのですが、ポルテには二輪駆動だけでなく四輪駆動のモデルも用意をされていたので、四輪駆動車を選んで使っていました。

基本的には、会社への通勤と買い物のための足やちょっとした用足しにポルテを使っていました。

ほぼ、毎日ポルテを利用していたので、購入から6年目程度で、走行距離が8万kmにも達してしまいました。

そろそろ買い替え時と思ったので、ポルテは売ることにしました。

私は、まだハイブリッド車に乗ったことがなかったので、ポルテは下取りに出して、トヨタのアクアというハイブリッド車を購入しました。

新車を自動車ディーラーで購入する場合は、古いクルマは下取りに出すのが常識だと思っていたので、車買取専門店に売るという選択肢はまったく考えていませんでした。

今、考えてみると、車買取専門店に売った場合の検討もするべきでした。

ポルテは、手頃な価格ながら、様々な先進の安全システムが搭載されているので、購入をしました。

交通事故に遭ったら多大な損害を受けることになるし、場合によっては交通事故の加害者になってしまう事もあります。

ですから、交通事故に遭いにくいクルマという事でポルテを選びました。

ポルテには、衝突被害を軽減するための自動ブレーキ、走行レーンをはみ出しそうな場合にドライバーに知らせるアラート、夜間の視界を確保する自動ハイビームなどの安全機能が搭載されています。

また、万一、クルマが他車と衝突した場合に、衝撃を吸収する衝突安全ボディがポルテには採用されています。

ポルテには、様々な安全機能が搭載されているので、安心して運転をすることができます。

この様な安全面で信頼のおけるポルテですが、4回目の車検が来る直前に売ることを決意しました。

車両販売価格は高くなりますが、もう少し大型のSUV車の方が安全性が高いと考えたからです。

今まで乗用してきたポルテは、パソコンからインターネットを使って車買取一括見積査定サイトを使って売りました。

このサイトを利用することで、複数のクルマ買取会社の買取額を比較することができたので、比較的に高めの金額でポルテを売却することができました。
 

ポルテ(Porte)のスペック(現行モデル)

 

ポルテの上斜め前部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 コンパクト 163-186 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,496 16.0-22.2 直列4気筒DOHC 103-109
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
132-136 3,995x1,695x1,690-1,720 1,160-1,240 FF/4WD

 

ポルテ(Porte)の概要

 

Porte

ポルテ(Porte)は、トヨタ自動車が生産・販売をしているトールワゴン(小型バン)です。

特徴

  • ポルテの助手席側は大型電動スライドドアなので、開口部面積が広くて乗り降りしやすいです。
  • ポルテへの搭乗部分は段差がないので、子供やお年を目された方でも乗降しやすくなっています。
  • 運転席と助手席間がフロアになっており、前席と後席の行き来が楽にできるウォークスルー構造なので使い勝手が良いです。
  • ポルテの車内には多くのトレイ、ボックス、そしてフックがあるので小物や荷物の収納が楽にできます。
  • 9色のボディカラーと4種類のシートからお好みのものをセレクトできます。
  • ポルテには装備を追加できる6種類のパッケージ「スーパーUVカット」、「ナノイー」、「HID」、「ナビレディ」、「ドレスアップ」があります。
  • ホイールベースが短いので最小回転半径は4.6メートルとなっており、車の取り回しが容易です。

モデルチェンジ変遷

初代ポルテ
(2004-2012年)
初代ポルテのNP1#型を販売。
ヴィッツでも使われているNBCプラットフォームをベースとして開発されています。運転席側ドアは一般的なヒンジドアですが、助手席側は開口部の広い電動スライドドアを搭載しています。また、地面から車内フロアまでの高さは30cmの低床設計なので、車への乗り降りがしやすくなっています。フロントデザインはずんぐりといったイメージがあり、可愛らしさがあるフォルムとなっています。
2代目ポルテ
(2012年-現在まで)
2代目ポルテのNP14#型を販売。
ボディデザインは角が円弧となっているため、柔らかいイメージのある外装となっています。運転席側サイドの後部座席用にヒンジドアが追加をされました。運転者が手の届く範囲にトレイ、ボックス、フックなどを用意しているので、小物類の取り出しが容易です。内装は丸型を基調としており、可愛らしさを演出しています。

 

かんたん車査定ガイド

page top