トヨタ MIRAI(ミライ)売却時の買取相場価格

MIRAI買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのMIRAI

【MIRAI買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
2019年 1万km 200万円

かんたん車査定ガイド


 

MIRAIを売却した人の口コミ情報

 
MIRAIは、自分へのご褒美として購入しました。

私は、地元の駅前ビルでテナントを借りて、ブティックを経営しています。

ほどんど休日らしい休日はなく、年間を通して働き詰めです。

自分の店をつぶすわけにはいかないとの思いで、がむしゃらに働いてきました。

店をオープンして数年間は厳しい状況だったのですが、3年程度で経営が安定しました。

そして、オープンしてから7年目に自分へのご褒美として、現在、最先端のクルマであるトヨタのMIRAIを購入しました。

MIRAIは完全な電気自動車で、発売当初は斬新なクルマだったので、新し物好きの私にぴったりだったからです。

そのMIRAIですが、実際に乗ると驚くほど静かです。

エンジンがないとこんなにも静かなのかとMIRAIに乗ると痛感します。

そんな、私にとって自慢のクルマだったMIRAIですが、5年程度で維持費の安い中古車に買い替えをしました。

その理由は、MIRAIの次世代型が近いうちに新発売されるという情報を掴んだからです。

取り敢えず維持費の掛からない中古車に乗って、その間に新型MIRAIの購入費を貯めようという作戦です。

今まで乗っていた古いMIRAIは、ネットで見つけた中古車一括見積査定サイトを利用して、高値で売却をしました。

僕は、都内でソフトウェア開発会社を経営しています。

そんな僕にぴったりなクルマは、最新技術をふんだんに使ったMIRAIだと思って、通勤の為に買いました。

実際にMIRAIを運転してみると、電気自動車とは思えないほど、パワフルな走りができて、その機動力の高さに大変満足しています。

電気自動車を買ったは良いが、気持ちよく加速がでないと、ストレスを感じてしまいますからね。

MIRAIは、水素を電気に変えて電気モーターで走ります。

フルに燃料補給を行った場合、連続で約650kmほど走ることができます。

ですから、ドライブをする際にもMIRAIは使うことができます。

この様に、自分にとってお気に入りのMIRAIですが、購入してから2回目の車検を経た後、買い替えることにしました。

まだ、水素ステーションの整備が進んでなくて、自宅からかなり離れたところまで水素の充填をしなければならなかったからです。

もっと、水素ステーションの整備が進んだら、新型MIRAIを買おうと思います。

取り敢えず、今まで乗ってきたMIRAIは、スマホで探して見つけたインターネット一括査定車買取サイトを使って売却をしました。

MIRAIは中古自動車市場にあまり出回っていない車なので、希少価値もあり、意外と高値で売ることができました。

私は、土木会社を経営しています。

排気ガスを一切排出しない、環境に優しいクルマを探した結果、MIRAIを当社の営業車として利用することにしました。

また、MIRAIは、水素を使った珍しい電気自動車なので、得意先回りをした時に、得意先の人もMIRAIに興味を持ってくれます。

得意先の人と商談をする時にMIRAIがあると、雑談から商談に話を持っていきやすく、商談の成約率がアップしたという効果がありました。

また、得意先に当社を覚えた貰うために印象付けするにもMIRAIは役立ちました。

当社では、現在MIRAIを2台所有していますが、約5年程度で買い替えをしています。

MIRAIの購入代金は経費になるので、ケチる必要がないからです。

古いMIRAIは、新しいMIRAIを購入する時に当社でいつも利用しているトヨタ系の自動車販売会社に下取りして貰っています。

その自動車販売会社とは長年のお付き合いなので、古いクルマを下取りに出すことで、新車の購入代金を大幅に値引きして貰っています。

僕は、新しい物は使ってみないと気が済まない性格です。

スマートフォンがアップルから販売された時は、誰よりも早くスマホを購入したし、ドローンが販売された時もすぐに購入をしました。

ハイブリッドカーもプリウスが出た時にマイカーとしてすぐに購入をして、現在では、水素を電気に変えて動くMIRAIに乗っています。

MIRAIのインテリアデザインは、シルバーに近いホワイトを基調としており、車内の色合いも近未来感があります。

MIRAIは基本的には動力がガソリンエンジンから電気モーターに変わっただけなので、トランクのスペースは、同サイズのガソリン自動車とほぼ同じサイズを確保しています。

ですから、ガソリンエンジンの乗用車で運べる荷物は、MIRAIでも運ぶことができます。

ただ、最大のネックは、まだ普及をしていないのでMIRAIは販売価格が高いことです。

近年中に次期型のMIRAIが発売されると聞いたので、今まで乗っていたMIRAIはインターネットで調べた車買取一括査定サイトを使って、高い買い取り額で売りました。

購入からそんなに経たずにMIRAIを早々と売ったので、高く売ることができました。

そして、今は次期型のMIRAIの購入資金を貯めるために、せっせと頑張って働いています。
 

MIRAI(ミライ)のスペック(現行モデル)

 

MIRAIの横部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 4ドアセダン 723(エコカー減税+グリーン化特例+CEV補助金の利用で225) 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] モーター種類 最高出力[ps]
- - 交流動機電動機 154
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
335 4,890x1,815x1,535 1,850 FF

 

MIRAI(ミライ)の概要

 

ミライ

MIRAI(ミライ)は、水素ガスを燃料とするセダンタイプの燃料電池自動車です。

特徴

  • 排気ガスが出ないので環境汚染の心配なし
  • 1回3分程度で水素の満充填ができ、約650kmを走行可能
  • 全てのドアガラスに高遮音性ガラスを採用しており、さらにエンジンがないので静かな室内を実現
  • フロントグリルがヘッドライト下の両側に付いている今までにない斬新なフロントデザイン
  • 前方から後方に流れる様なスポーティなボディデザイン
  • 3個のゴルフバッグを収納可能な容量のあるラゲージスペース
  • 体格にあったシートポジションに設定出来るパワーシートを採用
  • 大型で視認性の良い高精細メーターをインパネに搭載
  • 走行モードに「環境に配慮したエコモード」と「力強い走りができるパワーモード」を用意
  • 家庭用と同じ100Vコンセントを社内の2箇所に配置しているので、100V電化製品が使える
  • 6スピーカーを搭載しており、広がりのある豊かな音を楽しむことが可能
  • 高圧水素タンクなどを床下に配置することで低重心としており、走行安定性を確保
  • ボディ底もフルカバーとすることで空力性能を改善して低燃費に貢献
  • 車速約25km/h以下の場合に歩行者に車の存在を知らせる車両接近通報装置を搭載
  • 車線逸脱などによる事故を未然予防する「セーフティ・サポートカー」

モデルチェンジ変遷

初代MIRAI
(2019年-現在まで)
初代MIRAIのJPD10型を販売。
トヨタが自社開発した発電装置であるFCスタックや高圧水素タンクなどを搭載しており、燃料電池技術で水素と酸素を化学反応させることで電気を発生させて、電気モーターを駆動させることで車を走行させています。この車種は、トヨタ店とトヨペット店で取り扱っています。

 

かんたん車査定ガイド

page top