トヨタ イプサム(IPSUM)売却時の買取相場価格

イプサム買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのイプサム

【イプサム買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
イプサム 240s 2003年 9万km 9万km

かんたん車査定ガイド


 

イプサムを売却した人の口コミ情報

 
イプサムはミニバンで、最大7人が乗ることができる車です。

我が家は、私と妻の他に子供が3人いる5人家族だったので、定員数の多いイプサムを購入して使っていました。

年に2回程度、クルマを使ったドライブ観光旅行や温泉旅行に出かけるのですが、その時にイプサムは大いに活躍をしてくれました。

愛用していたイプサムですが、4回目の車検が来る前にそろそろ買い替え時だと思ったので、イプサムを売却しました。

イプサムを売る際は、インターネットから車の買い取り査定の申込みができる中古車買取一括査定サイトを利用しました。

1回だけ自分のイプサムの車情報を入力するだけで、複数のクルマ買い取り業者から買取額の見積り査定を得ることができました。

その結果、高値で自分のイプサムを売却することができたので、大いに満足しています。

我が家は、車内がゆったりとした3ナンバーサイズのイプサムを通勤や買い物などの日頃の足として使っていました。

クルマと言えば、昔からトヨタを愛用し続けていたので、イプサムを購入する際には他の自動車メーカーとの比較をせずに購入をしました。

イプサムを購入した後に気づいたのですが、ホンダのオデッセイと比較するとクルマのインテリアがチープ、そして居住性が低いという事が分かりました。

それでも我慢をして乗り続けていたのですが、新車として購入をしてから2回目の車検が訪れる5年目を機に、クルマを買い替えることにしました。

イプサムを売る際は、ネットから利用できる中古自動車買い取りサイトから申し込みを行いました。

複数の大手の自動車買取業者から買い取りのオファーがあり、その中で最も好条件だったガリバーに私のイプサムを売りました。

次に購入した車の頭金以上の金額でイプサムを売却することができたので、中古自動車買い取りサイトを利用して正解でした。

私は、家族で良くキャンプに出かけます。

そのためのクルマとして、イプサムを選びました。

イプサムは、夫婦と二人の子供、そしてテントなどのキャンピング用品を運ぶのにとても便利でした。

子供が小学生の頃は家族全員で週末の土日にキャンプによく出かけていたのですが、子供が中学生になると部活や勉強などが忙しくなり、家族全員でキャンプに出掛けることもできなくなりました。

キャンプをしないのなら、もっと小型で燃費の良いクルマに買い替えた方が良いと思ったので、イプサムは売ることにしました。

私が売った先は、実家の近くの街道沿いに店舗を構えていたガリバーです。

外装に傷やへこみがあったりと、決して状態の良いクルマとは言えない我が家のイプサムでしたが、それでも想定していた以上の高値で売ることができました。

私は、売り先の検討をせずにガリバーに愛車のイプサムを売りましたが、本来なら複数の中古車買取業者から買取額の見積りを取った方が良いと思います。

我が家では、ボディカラーが白のイプサムに乗っていました。

イプサムの購入を検討していた時は、家族でドライブ旅行にもきっと行くだろうと考えて、定員数の多いイプサムを買いました。

ですが、実際にイプサムを購入した後は、家族のそれぞれが忙しく、家族旅行に行くことはありませんでした。

イプサムは、普段は通勤に使っているのですが、家族旅行をしないのなら、もっとコンパクトなクルマの方がガソリン代が掛からないので良いので、結局、最初の車検を迎える前に別の車に乗り換えることにしました。

家計の経済的な事情で、イプサムは高額で売る必要があったので、できるだけ高く売却できる方法をインターネットを使って調べてみました。

その結果、中古車買取一括査定サイトを利用することが良いことが分かったので、中古車買取一括査定サイトを使って我が家のイプサムを売却しました。

イプサムは買値の半額ぐらいで売却をすることができたので、次に乗る車の購入資金に充てることができました。
 

イプサム(IPSUM)のスペック(最終モデル)

 

イプサムの横前部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 ミニバン 225-302 5/7
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,362 11-12 直列4気筒DOHC 160
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
221 4,690x1,760x1,645-1,680 1,480-1,570 FF/4WD

 

イプサム(IPSUM)の概要

 

IPSUM

イプサム(IPSUM)は、2009年まで販売されていたトヨタ自動車のファミリー向けミニバンです。

特徴

  • ベーシックモデルとして240i、高級感のあるインテリアを装備した240u、エアロパーツを装備し足回りを改善した240Sというグレードがあります。
  • 家族向けのため好き嫌いのない無難なデザインを採用しています。
  • 3ナンバー枠のボディサイズなので、窮屈な印象を与えない広い居住スペースとなっています。
  • 車内での乗員配置は、前-中-後で2-2-2の6人乗車と2-3-2の7人乗車タイプがあります。
  • 2列目シートは、6人乗車タイプの場合、豪華さのあるキャプテンシートとなり、7人乗車タイプの場合は6:4分割式のベンチシートとなります。
  • 排出ガス中の大気汚染物質を大幅に低減した低排出ガスレベルのエンジンを採用しています。
  • イプサムは、2009年12月に販売終了となりました。

モデルチェンジ変遷

初代イプサム
(1996-2001年)
初代イプサムのSXM1#G/CXM1#G型を販売。
初代は5ナンバー枠のボディサイズで登場をしました。コロナプレミオと共通のプラットフォームを用いています。ボディカラーは単色だけでなく、ボディ上部と下部で異なる色を用いたツートーンカラーも用意されました。搭載エンジンには、2.0リッターガソリンエンジンと2.2リッターディーゼルターボエンジンがありました。
2代目イプサム
(2001-2009年)
2代目イプサムのACM2#W型を販売。
専用のプラットフォームを採用しました。エンジン排気量は2.4リッターガソリンエンジンのみとなりました。ボディサイズは大型化が行われ、3ナンバー枠サイズとっています。

 

かんたん車査定ガイド

page top