トヨタ アリスト(ARISTO)売却時の買取相場価格

アリスト買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのアリスト

【アリスト買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
アリスト 3.0 S300 ベルテックスエディション 2003年 10万km 5万円

ナビクル車査定


 

アリストを売却した人の口コミ情報

 
僕は、地元の大手企業で会社役員を務めています。

自分の役職にふさわしいクルマという事で、トヨタのアリストに乗っていました。

3リッターエンジンを搭載する大型車なので、万一、交通事故に遭遇した場合でも、生存率が高いだろうとのことで、アリストにしました。

アリストのフロントデザインは4灯の大型ヘッドライトで、どことなくベンツを彷彿させる高級感のあるデザインとなっています。

アリストの内装は、落ち着いた雰囲気で大人のための車といった印象を受けるデザインでした。

個人的には、アリストはとても気に入っていたのですが、購入してから年数が経っていたので、別の高級車に買い替えをすることにしました。

今までの愛車として使っていたアリストは、下取りに出しましたが、元値が高いので、かなり高額で買い取ってもらうことができました。

当社は大手メーカーオフィス機器のレンタルを行っている会社です。

会社の営業車として、アリストを採用しています。

顧客は法人であることが、多く、それなりに良いクルマで営業に出かけないと、相手の会社に当社を信用してもらうことができません。
営業車として利用した場合に、他の会社から信頼を得ることができる車として、アリストを使っています。

高級車を営業車として採用する前は、大衆車であるカローラバンを使っていたのですが、明らかにリース契約の成約率が、営業車がカローラバンだった時代より今のアリストの時の方が向上しています。

この様に我が社の信頼に役立ってきたアリストですが、トヨタでアリストブランドが廃止になったので、その後はレクサスを営業車として使っています。

アリストからレクサスに乗り換える時は、アリストはいつもお付き合いのある自動車ディーラーに下取りとして引き取ってもらいました。

購入費用は経費になるので、高級車だと会社の節税対策にもなります。

私は、会計事務所を経営しています。

主な顧客は、地元企業です。

相手のお客様の所に出向くときは、いつもアリストを使っていました。

チープな印象を与える車だと、お客様にこの会計事務所に仕事を任せて本当に大丈夫なのかと不信感を持たれ兼ねないので、お客様に安心して仕事を依頼して頂ける様にと高級車のアリストを利用していました。

商売の基本は、お客様に信頼をされることだと思います。

たとえ、会社にキャッシュフローがあまりなくて、経営が悪い状態だったとしても、会社のクルマは高級車にしておくべきです。

そうしないと、仕事をもらうのにすごく苦労をします。

アリストは購入してから8年目に乗り換えて、クラウンにしました。

アリストは高く売りたかったので、パソコンで調べて知った、インターネット車一括査定サイトに査定申し込みをして、売り先の中古車買取会社を決めました。

インターネット車一括査定サイトを利用したので、予想を上回る高値で、アリストを売ることができました。

私は、友達と共同で、デザイン会社を運営しています。

アリストは、良く働いた自分へのご褒美として、私個人で購入をしました。

私は、愛国心が強いので、ドイツ車などの外車ではなく、いつも国産車を購入しています。

アリストを選んだ理由は、エクステリアのルックスの良さと、落ち着いた感じのインテリアが気に入ったからです。

デザインの仕事は、直感も大切なのですが、アリストもほぼ直感で「この車だ」と感じたので購入して乗っていました。

アリストを新車で購入してから3回目の車検を迎える前にアリストは売却して、次のクルマとして、レクサスのハイブリッド車に乗り換えました。

アリストは、後継モデルがトヨタから販売されなかったので、他の車種に変更しました。

今まで乗ってきたアリストは、スマートフォンを使って売り先を探しました。

その結果、ネット中古自動車一括見積りサイトがあることが分かったので、そこで見積りを依頼して、最も納得できた見積りを提示してきた中古車買取業者に私のアリストを売りました。

今では、平均以上の生活水準を維持できていますが、若いころはお金が無くてとても苦労をしたので、アリストを売る際も出来るだけキャッシュを得たかったのです。
 

アリスト(ARISTO)のスペック

 

アリストのフロント斜め部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 4ドアセダン 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,997/3,968 7.1-9.4 直列6気筒/V8 230/280
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
304/451 4,805-4,865x1,795-1,800x1,405-1,435 1,580-1,740 FR/4WD

 

アリスト(ARISTO)の概要

 

ARISTO

アリスト(ARISTO)は、トヨタ自動車が2005年まで販売をしていた高級セダン車です。

特徴

  • 居住性を保ちつつ、走りにもこだわり
  • 本革仕様のシートや本木目パネルといった高級感のあるインテリア
  • 最高馬力は自主規制の280馬力で、卓越した加速性能
  • 国内最速セダンとして、3Lエンジンにはターボ仕様も用意
  • カスタムパーツが多く市販されているので、様々なドレスアップが可能

モデルチェンジ変遷

初代アリスト
(1991-1997年)
初代アリストのJZS14#型を販売。
車体のデザインは、イタリアのデザイン会社であるイタルデザイン・ジウジアーロが作成したデザインをベースとして、トヨタ向けにアレンジを加えており、高級感を感じさせる外観となっています。グレード構成には、ツインターボエンジン搭載の3.0V、NAエンジン搭載の3.0Q、4.0L DOHCエンジンで四輪駆動の4.0Z i-Fourがあります。
2代目アリスト
(1997-2005年)
2代目アリストのJZS16#型を販売。
シャシー、メカニズム等は新規のプラットフォームが採用されており、ボディの意匠は先代のデザインを受け継ぎつつ、トヨタ社内で制作されたデザインを採用しています。また、走りにこだわるために、車の重量配分をフロント:リアで5:5と理想的な配分としています。2000年7月にマイナーチェンジが行われ、主な変更点にはフロントとリアのデザイン変更、車の盗難防止のためのエンジンイモビライザーの標準装備などがあります。アリストとしての販売はこのモデルが最後となり、これ以降のモデルはレクサスとして販売されています。

 

ナビクル車査定

page top