トヨタ クラウンロイヤル(CROWN Royal)売却時の買取相場価格

クラウンロイヤル買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのクラウンロイヤル

【クラウンロイヤル買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
クラウン
ロイヤルサルーン
2005年 13万km 22万円

かんたん車査定ガイド


 

クラウンロイヤルを売却した人の口コミ情報

 
クラウンロイヤルに乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎてとてもじゃないですが、自分の給料じゃあ手が出ませんでした。

どうしても欲しかったので、僕は中古車のクラウンロイヤルを購入して乗りました。

購入してから3年程度で3万キロも走破しました。

こまめにエンジンオイルとオイルエレメントの交換を行っていたので、エンジンの調子は絶好調でした。

このまま、廃車になるまで乗り続けようかと考えていたのですが、今はやりのハイブリッドカーに乗ってみたいとの気持ちが日に日に強くなり、結局、クラウンロイヤルは購入から3年程度で売却をしました。

既にかなりの高年式車、そして過走行車となっていたので、正直、買い取りして貰えるのかが不安でした。

試しに、インターネットで利用できる自動車買取業者の一括査定サイトに申し込みをしてみました。

このサイトは、一度だけ売却予定のクルマの情報を入力すれば、複数の自動車買取業者から買取額の査定を電子メールで送ってもらえるというシステムでした。

さすがに、引取りは不可という買取業者もありましたが、3万円で買い取るとの提示をしてくれた買取業者もあり、結局、その業者に自分のクラウンロイヤルを売りました。

廃車だと処分費用が掛かってしまうので、売ることができて本当に良かったです。

私は、会社経営をしている会社代表なのですが、クラウンロイヤルは会社の営業車として購入をしました。

営業活動をするにあたり、高級車でないと取引相手から信用されないので、取引相手から信用を得るためにクラウンロイヤルを使っていました。

クラウンロイヤルはクラウンの最上グレードでとても高価なクルマですが、法人として購入をするので、購入費用は会社の経費にすることが出来ました。

車は、2回目の車検が来る前に、また同じ車種のクラウンロイヤルに買い替えをしていました。

買い替えの際は、今まで営業に使っていた古いクラウンロイヤルは、トヨタ系列の自動車ディーターに下取りして貰うことで、新車を販売価格より安い価格で購入しています。

定期的にクルマを買い替えることで、常に新車に近い状態のクラウンロイヤルに乗り続けることができ、とても満足をしています。

私は、中堅企業で会社役員を務めています。

自分にふさわしいクルマという事で、クラウンロイヤルに乗っていました。

使用用途は、主に会社への通勤です。

クラウンロイヤルはボディサイズが大きいので、駐車場に止めたり、道幅の狭い道路での取り回しなどでは苦労をします。

そのため、買い物目的の車には、正直言って向いていません。

ですので、我が家では奥さん様にコンパクトなセカンドカーも所有をしています。

ゆったりとした車内空間と、ゆとりのある走りがとても気に入っていたクラウンロイヤルですが、通勤で毎日乗っていたこともあり、3回目の車検前に、次のクルマに乗り換えることにしました。

今までは、新車を購入する自動車ディーラーで今まで乗っていた古いクルマを下取りして貰っていたのですが、今回は別の手段で古いクルマを売ることにしました。

その別の手段とは、インターネットから利用できる中古自動車買取サイトを利用することでした。

サイトで査定の申し込みをすると、すぐに査定額の提示がありました。

インターネットで、自分のクラウンロイヤルの適正買取額は事前に調査をしていたので、それより高額の査定額の提示を受けたので、すぐに売却の商談が成立しました。

下取りにだすより、中古車買取専門会社に売った方が、かなり高額で買い取ってもらえたので、得をすることができました。

自分が乗っていたクラウンロイヤルは親から譲り受けた物でした。

親が新しいクルマを買ったので、古いクルマを自分にタダでくれたのです。

ただし、タダと言っても、クルマをもらった後の、ガソリン代、自動車保険代、駐車場代、車検代、自動車に関する税金関係は当然のことながら、自分持ちでした。

クラウンロイヤルをタダで貰った時は、すごくうれしかったのですが、その後、維持費がかなりの高額になることが分かり、保有し続けた場合、生活をかなり圧迫することが分かったので、クラウンロイヤルを売ることにしました。

タダで貰ったクラウンロイヤルですが、売るからには高く売りたかったので、複数の自動車買取会社に足を運んで、其々の買取額の見積書を作成してもらいました。

その中で、最高値の買取額を提示してくれた自動車買取会社にクラウンロイヤルを売却しました。

クラウンロイヤルを売ったことで、お金を得ることができ、また維持費が掛からなくなったことで、貯金も出来る様になりました。

高級車を購入するなら、購入後の維持費の事もしっかりと考えておく必要があるという事が、今回の件で教訓となりました。
 

クラウンロイヤル(CROWN Royal)のスペック(現行モデル)

 

クラウンロイヤルの斜め前部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 ハッチバック 363-495 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,499 11.4 V型6気筒 203
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
243 4,895x1,800x1,460-1,475 1,540-1,680 FR/4WD

 

クラウンロイヤル(CROWN Royal)の概要

 

CROWN Royal

クラウンロイヤル(CROWN Royal)はトヨタ車の最高級車種として君臨をしています。

特徴

  • トヨタの定番高級サルーンなので、クラウンロイヤルは耐久性、信頼性があり、乗っていて安心できます。
  • 迫力ある大型フロントグリルに王冠エンブレムが取り付けられたフロントデザインは圧倒的な迫力があります。
  • ライトをハイビームにしても前方車両に眩しい思いをさせない遮光システム(アダプティブハイビームシステム)を搭載しています。
  • 走行中であってもヘッドランプクリーナーにより、ヘッドランプケースの洗浄が可能です。
  • 曲がり道でも的確にライトの当たる位置を制御するインテリジェントAFSを搭載しています。
  • 上空から俯瞰した様な映像で駐車をサポートするパノラミックビューモニターを装備しています。

モデルチェンジ変遷

1999年9月 クラウン11代目の登場時に、従来ハードトップと言われていたタイプの車両をクラウンロイヤルに呼び名を変更しました。
全高が高く快適性に優れていました。2001年8月にはマイナーチェンジにより、クラウンロイヤルにマイルドハイブリッドシステム搭載車が追加されました。
2003年12月 プラットフォームの見直しが行われ、クラウンロイヤルのボディサイズは全体的に1-2cm大きくなりました。
その結果、室内空間も広くなり居住性が良くなりました。また車の重量バランスの改善が行われた結果、運動性能の向上に繋がりました。2005年10月にはフロントやリアのデザイン変更が行われ、高級感をアップするマイナーチェンジが実施されました。
2008年2月 ブランド名が「ロイヤル」から「ロイヤルサルーン」に変更をされました。

(先代まであった廉価版モデルの「ロイヤルエクストラ」は無くなりました。)
クラウンロイヤルのエクステリアは先代を踏襲していて、重厚な印象を受けるデザインでした。また、ハイヤー市場に投入するためのハイヤー仕様の「Kパッケージ」や「Hパッケージ」が用意されました。2010年2月にマイナーチェンジを受け、レギュラーガソリン用のエンジンが用意をされました。価格を低く設定したエントリーグレードも追加されました。
2012年12月 存在感のある大柄なグリルを採用し、クラウンロイヤルはパワフルな印象を受ける外観となりました。
ブランド名は「ロイヤル」に戻されました。エンジン排気量は2.5Lに統一をされました。駆動方式はFRと4WDを選択することが出来ます。

 

かんたん車査定ガイド

page top