トヨタ センチュリー(CENTURY)売却時の買取相場価格

センチュリー買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのセンチュリー

【センチュリー買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
センチュリー 5.0 デュアルEMVパッケージ装着車 2003年 14万km 20万円

かんたん車査定ガイド


 

センチュリーを売却した人の口コミ情報

 
センチュリーは、代表取締役である私が乗るために購入をしました。

当然のことながら、私が運転をするのではなく、専門のドライバーがいて、私が移動するのをサポートしてくれています。

センチュリーの良い所は、後部が広いので、車内でも仕事ができるという事です。

また、センチュリーはモデルチェンジの期間が長く、たとえモデルチェンジをしたとしてもデザインがあまり変わらないので、古臭くならないというメリットもあります。

当社では、センチュリーを購入してから12年経って新しいセンチュリーに乗り換えをしました。

クルマを購入するのは、いつも決まった販売会社で古いセンチュリーはそこへ下取りに出しています。

古くてもセンチュリーの様な超高級車は、下取りでかなりの高額がつきます。

センチュリーは、個人としてでなく、法人で購入をしました。

当社は、地元で最大手の建築会社なのですが、役員の移動用として使っています。

お客を接待する時の送迎車としてセンチュリーを使うこともあります。

センチュリーの良い点は、ボディサイズが大きいので安全性が極めて高いという点です。

万一、交通事故に遭っても、乗員の生存率が高いクルマです。

当社では、センチュリーは購入をしてから15年ぐらい経過した時点で、同クラスのクルマに買い替えをしています。

とはいってもセンチュリーに匹敵する車は国産車にはないので、ベンツやロールスロイスを購入しています。

古いセンチュリーは、地元の車買取専門店に売却をすることが多いです。

小さな地元の買取店に売るのは、地元企業が活性化する一助になりたいとの思いからです。

私は、健康関連の商品を販売している会社を経営しています。

高齢化社会の後押しもあり、健康に関心を持つ人が増えたため、当社の売り上げは年々増えています。

センチュリーは購入代金は経費にできるので会社として購入をしました。

主に、会社の代表である私が乗るのに使っています。

センチュリーに乗ると分かるのですが、その振動の少なさにびっくりします。

振動があると、車内で仕事をしづらいのですが、センチュリーの車内はほとんど振動が無いので、車内で快適に仕事をすることができます。

当社では、センチュリーは約10年おきに乗り換えをしています。

古いセンチュリーは、パソコンから買取額の査定を貰うことができるインターネット中古車一括査定サイトを利用して、高値で売却をする様にしています。

僕は、IT関連の会社のCEOです。

会社のスタートアップの時には、すごく苦労をしましたが、ここ数年で会社は軌道に乗って、安定した運営が出来る様になっています。

会社が黒字化して、3年目にトヨタのセンチュリーを購入しました。

主に僕が、取引先を回る時に使っています。

センチュリーの様な高級車に乗っていれば、取引先も一目置いてくれて、商談なども話しがスムーズに進みやすくなります。

また、会社の信頼度もアップします。

センチュリーは超高額なクルマですが、センチュリーを購入したことによる会社の信頼度アップなどを考えると、費用対効果が悪い買い物では決してありません。

最初にセンチュリーを購入してから、6年経過した時に新車のセンチュリーに乗り換えをしました。

超高級車だけあって、センチュリーは中古でもあまり値崩れが起こりません。

ですから、新車に買い替える場合でも、今まで乗っていたセンチュリーを売ることで、購入金額の約半額は賄うことができます。

当社では、いつも利用している車販売会社で、毎回古いセンチュリーを破格の値段で下取りして貰っています。
 

センチュリー(CENTURY)のスペック(現行モデル)

 

センチュリー前部横

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 4ドアセダン 1960 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
4,968 13.64(JC08) V型8気筒 431
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
510(エンジン)/300(モーター) 5,335x1,930x1,505 2,370 FR

 

カムリ(CAMRY)の概要

 

CAMRY

センチュリー(CENTURY)は、トヨタ自動車が製造・販売している後部座席部分の長さを延長したショーファーカーです。

特徴

  • トヨタ自動車の最高級車
  • 贅沢を尽くした座り心地の良いシート
  • 後席はパワーシートとなっており、リクライニングポジションの変更が可能
  • 最上級の映像とオーディオの再生システムを搭載
  • ビデオなどの観賞用に車内には20個のスピーカーを配置
  • パワーユニットには、V8・5.0Lハイブリッドシステムを採用
  • ハイブリッド専用の電気式無段変速機を採用しており、変速ショックのない優れた乗り心地
  • 風切り音対策や吸・遮音材の最適配置、そして逆位相のノイズを発生させてノイズを消すことで圧倒的な静かさを実現
  • トヨタスマートセンターと通信することで、様々な情報の案内を受けることができる「T-Connect」を搭載
  • ゴルフバッグを4個も収納できる大容量の荷物スペース
  • 衝突回避支援パッケージである「Toyota Safety Sense」を搭載
  • 万一の衝突に備えて、衝撃を緩和するための9個のエアバックを搭載
  • 歩行者との衝突時に、歩行者に加わる頭部の衝撃を軽減するポップアップフードを採用

モデルチェンジ変遷

初代センチュリー
(1967-1997年)
初代センチュリーのVG2#/3#/4#型を販売。
社会的に地位のある人が後部座席に乗るプレステージサルーン(豪華車)として登場をしました。佐藤栄作以降の総理大臣が公用車として用いています。組み立ては、一般的な乗用車の製造で行われているベルトコンベア式ではなく、熟練工員がチームを組んで組み立てを行っています。
2代目センチュリー
(1997-2017年)
2代目センチュリーのGZG5#型を販売。
初代から30年ぶりにフルモデルチェンジが行われました。初代のデザインをほぼ引き継いだデザインとなっています。パワーユニットには5リッターのV型12気筒エンジンを搭載しており、最高500psのパワーを生み出すことができます。走行系は故障による走行不能を避けるために、ブレーキをはじめとして2重系統のシステムを搭載しています。2006年にはセンチュリーをベースとして開発されたセンチュリーロイヤルが宮内庁に納入されています。
3代目センチュリー
(2018年-現在まで)
3代目センチュリーのUWG60型を販売。
この代から、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しています。外観は先代のデザインを受け継ぎつつ最高級車らしく重厚感のあるデザインとなっています。また、ボディサイズの大型化が行われており、室内空間がより広くなり快適性を増しています。この車種は故障が起きない様に信頼性のあるシステムを採用しているため、新技術の搭載はあえて見送られています。

 

かんたん車査定ガイド

page top