トヨタ マークX(MARK X)売却時の買取相場価格

マークX買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのマークX

【マークX買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
マークX 250G
Sパッケージ
2009年 10万km 21万円

かんたん車査定ガイド


 

マークXを売却した人の口コミ情報

 
ボディラインはソフトでありながら、フロントフェイスはシャープな印象を与えるエクステリアが気に入って、マークXを購入しました。

また、実際に走らせると分かるのですが、優れた走行安定性と振動の少ない乗り心地の良さも自分がマークXを気に行った点です。
マークXは、日常的な足として使っていました。

平日は会社への往復のため、そして週末の土日はゴルフや旅行、買い物などに利用していました。

この様に日常生活に欠かせないマークXでしたが、購入から8年も経つと年式の古さが気になり、売却することを決めました。

クルマが古くなったので、塗装が日焼けして光沢が無くなったこと、タイヤに装着しているアルミホイールも光沢が無くなったことなど、
その他、様々な要因で古さが際立ってきました。

マークXの売却先は、インターネットから申込みできる一括中古車査定サイトを活用しました。

自分のマークXの情報を1度のみパソコンを使って入力すれば、複数の中古自動車買取業者から買取額の提示を受けることができました。

その後、自分がやったことは、最も高額買取を提案してくれた中古自動車買取業者と連絡をとり、売買契約を結んだだけです。

それだけで、自分のマークXを一般の中古車市場の売買価格より、はるかに高額な価格で売ることができました。

マークXの購入を検討していた時に、その高級感のある運転席コックピットが気に入り、マークXを購入しました。

また、私は青森に住んでいるのですが、私が購入したマークXは標準装備で運転席と助手席に電熱ヒーターが内蔵されていたので、寒さのきつい真冬でも快適に過ごすことができました。

子供はすでに家を出ていたので、マークXの運転席には私、そして、買い物などに出かけるときは、助手席に妻が乗っていました。

平日は会社の通勤用として使用しており、その時は私一人だけでクルマに乗車をしていました。

一人または二人しか乗車しないので、もう少し小さいクルマの方が良いのではと考える様になり、マークXは売却することにしました。

マークXは、新しいクルマを購入する自動車ディーラーに下取りに出しました。

乗り換えの際の古いクルマは下取りするのが当然と思っていたので、マークXの売り先を検討しなかったのですが、損をしないためには売り先の検討もしっかりとするべきだったと反省をしています。

私は、会社で課長を務めている中堅サラリーマンです。

部下がいる手前、軽自動車や小型車などの安っぽいクルマには乗ることができなかったので、適度な高級感のあるマークXに乗っていました。

また、たまに週末に接待ゴルフに出かけることもあるのですが、その時にもマークXは役立ってくれました。

マークXのトランクルームには余裕でゴルフバックを積むことができました。

また、私は安全運転を心掛けていますが、パワフルなエンジンを搭載しているので、ゆとりのある走りをすることができました。

この様に日々の生活で欠かせない存在だったマークXですが、4回目の車検を迎えるにあたって、車検前に車を買い替えることにしました。

今まで乗っていたマークXを如何に高く売却するかが課題となったので、インターネットで調べてみました。

その結果、中古自動車一括査定見積りサイトというものが存在することが分かり、そのサイトを使って自分のマークXを売れば、高値で売却できることが分かりました。

早速、そのサイトを利用して、自分のマークXを売却したのですが、自分のマークXの中古車市場取引価格より、かなり高い値段で売ることができました。

本当は、レクサスやクラウンなどのハイクラスの高級車に乗りたいのですが、私はしがない給料取りのサラリーマンなので、ちょっとだけ高級感がありハイクラスの高級車ほどは高くないマークXに乗っていました。

また、私には妻と中学生の子供が一人いるのですが、4ドアセダンでクルマの乗降が楽、そして車内は割と広いので、家族からの評判も上々でした。

ちなみに私は、伝説的な日本のロックバンド「X JAPAN」のファンなので、同じXつながりで「マークX」という名称もすごく気に入っていました。

そんなマークXでしたが、年式が古くなったので、乗り換えの時期が来てしまいました。

家族会議を開いて、次に乗る車の相談をしたのですが、次は全く趣のことなるワゴンタイプを購入することにしました。

キャンピング用品をクルマに積んで、家族でキャンプに行けたらいいなぁとの思いからです。

今まで使っていたマークXは、自宅近くの街道沿いに店舗を構えていたガリバーに売却をしました。

仕事が忙しかったので、他の中古車買取業者と比較をしなかったのですが、時間に余裕のある方は当たり前の事ですが、できるだけ高く売るために、複数の中古車買取業者を比較した方が良いと思います。
 

マークX(MARK X)のスペック(現行モデル)

 

マークXの前部サイド

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 スポーティセダン 250-432 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,499/3,456 10.0-11.8 V型6気筒DOHC 203/318
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
243/380 4,750x1,795x1,435 1,510-1,570 FR/4WD

 

マークX(MARK X)の概要

 

MARK X

マークX(MARK X)は、ハイソカーとして人気を博したマークUの後継車として2004年に登場しました。

特徴

  • マークXはユーザーの好みに合わせて、3つのグレード(ベースモデルのスタンダード[Standard]・走行性能を高めたスポーツ[Sports]・高級感を高めたプレミアム[Premium])から選べます。
  • FR駆動方式を採用したことにより、理想的な前後のウエイトバランスとなっており、優れたハンドリング性能、コーナリング性能を持っています。
  • マークXのトランスミッションには、6速オートマでありながら、マニュアル感覚のシフトチェンジも可能な6 Super ECTを採用しています。
  • ハンドルを握ったままシフトチェンジが出来るパドルシフト搭載車両があります(「250Gʼsパッケージ」と「350S」に搭載)。
  • マークXは、ボタン1つで走行モード[SPORT/SNOW/ECO]の切り替えができます。
  • 7個のエアバックを筆頭に様々な安全確保のためのシステムを搭載しています。
  • マークXには走りにこだわりたい方のためにボディ剛性を高め、サスペンションに専用チューニングを施し、ブレーキ性能を高めた「Gʼs」というモデルがあります。
  • マークXの4WD車は、電子制御により前後輪の駆動力分配を最適化するフルタイム4WDを採用しています。

モデルチェンジ変遷

初代マークX
(2004-2009年)
初代マークXのGRX120を販売。
走りのスポーツセダンとして登場しました。12代目クラウンのプラットフォームをベースに走行性能を高める目的で軽量化を行ったモノコックボディを採用しています。ヘッドライトは3連プロジェクターが採用されており、精悍なフロント意匠となっています。リアシートは6:4分割可倒が可能で、リアシートを前に倒すことでラゲッジスペースを拡張することができます。
2代目マークX
(2009年-現在まで)
2代目マークXのGRX130を販売。
スポーツサルーンでありながら高級感も狙ったエクステリアとインテリアを持って登場をしました。エンジンは、2.5リッターと3.5リッターの2タイプのツインカムV型エンジンが用意されています。

 

かんたん車査定ガイド

page top