日産 NV200バネット(NV200 VANETTE)売却時の買取相場価格

NV200バネット買取相場価格を知りたい方へ

 

日産のNV200バネット

【NV200バネット買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
NV200バネット 2015年 1万km 126万円

かんたん車査定ガイド


 

NV200バネット(NV200 VANETTE)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
日産自動車 5ドアバン・5ドアワゴン 173-244 2or5(バン)/5or7(ワゴン)
総排気量[L] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1.6/1.5 12.0-14.0(JC08) 直4DOHC/直4ディーゼル 109/86
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
152/200 4,400x1,695x1,850-1,885 1,200-1,370 FF/4WD
 

NV200バネット(NV200 VANETTE)の概要

 
NV200バネット(NV200 VANETTE)は、ワゴン形状の乗用車とライトバン・ミニバン形状の商用車で、日産自動車が製造及び販売を行っています。

特徴

  • フロントフェイスは全体的に丸みがあり、グリルと一体になった切りあがったヘッドライトによってスタイリッシュなデザイン
  • 実用性の高いシンプルなインパネ
  • 車両情報ディスプレイにより、燃費確認ができ、燃費を意識した走りが可能
  • 重さが軽く、音の静かなオールアルミ製のエンジンで、静粛性と軽快な走りを両立
  • 濡れた路面や急な坂道、雪道などにも強い四輪駆動モデル(4WD)も用意
  • トランスミッションには、操作性がよく、高い伝達効率の「フルレンジ電子制御4速オートマチック」と「5速マニュアル」を用意
  • 最小回転半径はFF車は5.2m、4WD車は5.4m、かつフロントタイヤから前部分とリアタイヤから後ろ部分のボディの張り出しが少ないので、狭い道路でも軽快な走行が可能
  • 荷室フロアは地面から近い低床設計としており、荷室は幅もあるので、大きな荷物や重い荷物もスムーズに積み込みや荷下ろしが可能
  • 荷室容量は3700リッターで、最大積載量600kgなので、たっぷりと荷物を積み込むことが可能
  • ドライバーのアイポイントが高い位置にあるので、視界が良好
  • フロントシートは立体構造で、ドライバーをホールドすることで、カーブや悪路などでも姿勢を崩すことなく安定した運転が可能
  • 車椅子のまま乗り込みが可能な福祉車両もあります

モデルチェンジ変遷

初代バネット
(1978年-1988年)
初代バネットのC120型を販売。
サニーキャブ・チェリーキャブの後継モデルとしてサニーバネット・チェリーバネットの名称で登場しました。ボディタイプには乗用モデルのバンと多くの荷物を積載できるバンとトラックがありました。
2代目バネット
(1985年-1994年)
2代目バネットのC22型を販売。
搭載エンジンには1.5リッターと2.0リッターが用意されました。またAT車は3速仕様でした。
3代目バネット
(1994年-1999年)
3代目バネットのSS/SE型を販売。
マツダからボンゴのOEM供給を受け、日産ブランドで販売をしていました。ワゴンタイプはなく、バンとトラックのみ販売されました。
4代目バネット
(バン:1999年-2017年/トラック:1999年-2016年)
4代目バネットのSK型を販売。
先代と同様にマツダからOEMを受けて販売しています。フルモデルチェンジにより、内装は計器パネルが、外装は窓枠などの形状が変更となりました。また、パワーユニットは電子制御タイプのエンジンにガソリン、ディーゼル共に改善が行われました。
5代目NV200バネット
(2009年-現在まで)
5代目NV200バネットのM20/VM20/VNM20型を販売。
世界戦略車として、日本国内だけでなく海外でも多くの国で販売されています。日産のFF車用のBプラットフォームが用いられ、荷物の積み下ろしを楽にする為に低床設計が施されました。車両後部の荷室空間だけでなく、運転席周りにも多くの収納スペースが用意されています。
 

かんたん車査定ガイド

page top