下取りと買取りの違い

どちらがお得?

中古自動車

自動車を売却する際には、大きく分けて二つの方法があります。一つは自動車ディーラーで下取りをしてもらう方法、もう一つは車買取り専門店で買取りをしてもらう方法です。

この二つの方法のうち、断然お得なのは車買取り専門店で買取りをしてもらう方です!!

なぜ車買取り専門店の方がお得なのか…これからご説明しましょう。

かんたん車査定ガイド

下取りと買取りの違い

まずは、下取りと買取り、この二つの言葉の違いについて考えてみましょう。

自動車ディーラーで車を売却する場合、主に買い取りではなく下取りになります。下取りとは、車を売却した金額を、新しい車の購入費用にまわすことです。

つまり新しく車を購入することが前提となっています。ディーラー各社の下取り基本価格表を元にしていますから、下取りの金額にそれほど大きな変動はありません。

一方、買取りはその名の通り車を買い取ってもらうことで、現金を受け取ることが出来ます。車買い取り専門店の場合、買い取りの金額は業者間のオークション相場を元にしていますから、その時の市場の状況に応じて金額の変動があります。

人気の車はそれだけ高く買い取ってくれるということになるのです。

なぜ買い取り専門店の方がお得なの?

車買い取り専門店は業者間のオークション相場を元にしている…と先ほど述べましたが、このオークションについて、もう少し詳しく取り上げてみましょう。

買い取り専門店は買い取った車を業者間のオークションに出すことがほとんどです。この業者間オークションは、全国各地の車種やメーカー、年式も様々な自動車が集まります。

その土地の気候などに応じて、4WD自動車の需要が高い…など、売れるクルマも様々です。また、多くの業者が参加しているため、売買の回転も非常に速いと言えます。

これらのことを考え合わせると、人気のあるクルマは、高く買い取っても高く売れる…ということが言えます。車買取り専門店の方がお得なのは、こうした理由からきているのです。

一方、自動車ディーラーが買い取った車はどこに行くのかというと、同じ系列のオークションに限定されることがほとんどです。売買の回転速度だけを比べても、業者間のオークションよりも遅いのが一般的です。

だから、新しいクルマを購入する場合でも、今乗っている古いクルマは自動車ディーラーに下取りに出すのではなく、車買取り専門店で売却するようにしましょう。車買取り専門店で売却したお金を、自動車ディーラーでの新車購入資金に充てた方が断然お得に新車への乗り換えができます。

かんたん車査定ガイド