日産 シーマ(Cima)売却時の買取相場価格

シーマ買取相場価格を知りたい方へ

 

日産のシーマ

【シーマ買取査定の一例】

グレード 年式 走行距離 買取価格
シーマ 4.5 450XV 2007年 10万km 10万円

かんたん車査定ガイド


 

シーマ(Cima)のスペック(4代目モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
日産自動車 4ドアセダン 648-810 5
総排気量[L] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
3.0/4.5 7-10 V6/V8 280
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
387-451 4,995-5,120x1,845x1,490-1,505 1,720-1,920 FR/4WD
 

シーマ(Cima)の概要

 

シーマ(Cima)は、日産自動車が販売している高級セダンの上級車種です。

特徴

  • シーマは、法人向けのプレジデントと双璧をなす、一般ユーザー向けのフラッグシップ車種
  • 初代はバブル景気の影響を受け「シーマ現象」と呼ばれるほど爆発的に売れた(初年度だけで36,400台も販売)
  • 3ナンバーボディで安定した走りと、快適な室内スペースを実現
  • 最上級モデルにふさわしい威厳のあるフロントマスクと高貴なボディデザイン
  • ハイクラスユーザーを納得させる高級感のあるインテリア
  • 最先端の安全装置である前方衝突予測警報や後側方衝突防止支援システムを搭載
  • 圧倒的な広さにより、心地よい空間の後部座席
  • 2012年の5代目からはハイブリッド専用車として販売

モデルチェンジ変遷

初代シーマ
(1988-1991年)

初代シーマのFPY31型を販売。
足回りなどは実績のあるY31グロリア/セドリックと同じものを用い、3ナンバーボディの高級車種として登場しました。
エンジンは、当時としては最強の「VG30DE型V型6気筒DOHC NA」と「VG30DET型V型6気筒DOHCターボ」を搭載しました。
外観はデザイン性に優れた前後ドアの間にセンターピラーのない4ドアピラーレスとなっています。
また、電子制御エアサスペンションを搭載しており、室内の振動を大幅に低減しています。

2代目シーマ
(1991-1997年)

2代目シーマのFY32型を販売。
センターピラーを有するデザインに変更をされ、ボディ剛性を高めると共に後部座席の快適性の向上を実現しました。
アクセルレスポンスの良いNAで強烈なパワーを発揮できるVH41DE型V型8気筒 DOHCエンジンを搭載しました。
バブル景気の頃に設計が行われたことを反映して、インテリアは本革内装その他の高級感あふれる装備となっています。

3代目シーマ
(1996-2001年)

3代目シーマのFY33型を販売。
フロントデザインの大幅な刷新が行われ、ベンツなどのドイツ自動車メーカーが製造する高級車のイメージを持つデザインに変更されました。また、衝突時の安全性を高めるためにSRSサイドエアバッグが搭載されました。モデル構成には、内装を充実させた「リミテッド」、走りを強化した「グランドツーリング」、より高級感を高めた「VIPパッケージ」が用意されました。

4代目シーマ
(2001-2010年)

4代目シーマのF50型を販売。
新開発した大型FR車用のプラットフォームを採用しています。エンジンにはハイパワー、ビッグトルクのVQ30DET型V型6気筒DOHCターボとVK45DD型V型8気筒DOHC直噴の2種類のエンジンを搭載しました。日本国内で最初にドアミラーにウインカーを付けており、目新しいという印象もありました。

5代目シーマ
(2012年-)

5代目シーマのHGY51型を販売。
この代から駆動には、エンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しています。

 

かんたん車査定ガイド

page top