日産 リーフ(LEAF)売却時の買取相場価格

リーフ買取相場価格を知りたい方へ

 

日産のリーフ

【リーフ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
リーフ G 2016年 1万km 152万円

かんたん車査定ガイド


 

リーフ(LEAF)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
日産自動車 5ドアハッチバック 315-403 5
駆動用バッテリー[kWh] 一充電走行距離[km] モーター種類 最高出力[ps]
40(リチウムイオン電池) 400(JC08) 交流同期電動機 150
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
320 4,480-4,510x1,790x1,540-1,550 1,490-1,520 FF
 

リーフ(LEAF)の概要

 
リーフ(LEAF)は、日産自動車が製造・販売しているハッチバックタイプの電池自動車です。

特徴

  • アクセスペダルの操作だけで、発進から加減速、停止までできるので運転しやすい
  • 高速道路での同一車線自動運転技術「プロパイロット」により、ドライバーに代わって車を自動運転することができ、運転の疲労を軽減
  • パーキングで縦列駐車や前向き駐車を自動で行える「プロパイロット パーキング」を搭載
  • フル充電をすることで400kmの連続走行が可能
  • 急速充電だとバッテリー残量ゼロからフル充電まで約40分で完了
  • ITとのコネクト機能を用いた充電スポット検索機能があるので、簡単に設置されている充電器を探すことが可能
  • バッテリー容量の性能は、8年16万kmの容量保証付き
  • 移動中の消費電力や航続可能距離、車速などの車両情報をディスプレイに表示
  • EVならではの加速応答と静粛性
  • 車体振動抑制システムを搭載しており、車体の振動を減らすことで乗り心地を向上
  • 高剛性ボディと低重心レイアウトの採用により、コーナーで安定した走りを実現
  • 通常の走行時に車の周囲の状況をカメラやセンサーで監視することで、衝突などの万一の危険を回避する安全システムを搭載
  • 車のディスプレイでiPhoneの機能が使えるApple CarPlayに対応
  • Amazon Alexaを利用することで、音声でリーフのリモート操作が可能
  • 435リッターの大容量ラゲッジルームに大きな荷物を積載可能
  • 国や自治体などの補助金やエコカー減税の対象車なので購入コストを抑えられる
  • 走りにこだわった「リーフ ニスモ(LEAF NISMO)」がある

モデルチェンジ変遷

初代リーフ
(2010-2018年)
初代リーフのZE0型を販売。
日本だけだなく米国や欧州を含めた世界市場で販売が開始されました。
2代目リーフ
(2017年-現在まで)
2代目リーフのZE1型を販売。
フルモデルチェンジで、先代よりもさらに大容量のバッテリーを搭載したグレードを発売しました。また、2018年6月には特別仕様車として「X 10万台記念車」を、同年7月には走りを強化した「NISMO」を発売しました。
 

かんたん車査定ガイド

page top