日産 アトラス(ATLAS)売却時の買取相場価格

アトラス買取相場価格を知りたい方へ

 

日産のアトラス

【アトラス買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
アトラス ショート フルスーパーロー ディーゼルターボ 2016年 3万km 153万円

かんたん車査定ガイド


 

アトラス(ATLAS)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
日産自動車 2/4ドアトラック 218- 3/6
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,998/2,953 10.4-11.0(重量車モード)/8.8-9.9(JC08) DOHC直4ガソリンエンジン/DOHC直4インタークーラーターボ付ディーゼルエンジン 130(ガソリン車)/110・120(ディーゼル車)
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
178(ガソリン車)/276・350(ディーゼル車) 4,455-5,990x1,695-1,885x1,990-2,175 1,600-2,300 FR/4WD
 

アトラス(ATLAS)の概要

 
アトラス(ATLAS)は、日産自動車で製造・販売している1.0-1.5トンクラスの小型トラックです。

特徴

  • 豊富な収納スペースがあり、快適に過ごせる広いキャビン
  • 標準ボディで最小回転半径が4.4mなので、狭い道での取り回しやUターンが楽に行える
  • ドア開口部が広く、ステップ高とフロア高を低くしたことで、車の乗り降りが楽
  • 経済性の良いインタークーラーターボ付直噴ディーゼルエンジンを2種類、パワーのあるガソリンエンジンを1種類用意
  • 坂道発進補助装置(EHS)で、坂道で後退することなくスムーズに発進
  • トランスミッションは、オーバードライブ付きの5速(1.5トン車以下)/6速(1.75トン以上)マニュアルと5速オートマチックを用意
  • 四輪駆動車は2WDと4WD(低速用・高速用)をダイヤル式スイッチで手軽に切り替えが可能
  • 盗難防止装置のエンジンイモビライザーを搭載
  • ダイヤル式で簡単操作のマニュアルエアコン
  • 車速に応じてワイパーの動作間隔を自動調整する車速感知無段間けつ式ワイパーを搭載
  • 日焼けを防止するためにUVカットガラスをフロントとドアのガラスに採用
  • 最大6名が乗車できる後席もあるダブルキャブも用意(後席は跳ね上げ式のベンチシートなので、折りたたむことで荷物を置くことが可能)
  • 荷台の材質は、荷物が傷つきにくい「木製荷台」と効率よく積み込みができる「スチール荷台」を用意
  • 荷台の長さは、1.15〜1.5トン車の場合は「標準ボディ」と「ショートボディ」、1.75〜2.0トン車の場合は「標準ボディ」と「ロングボディ」を選択可能
  • 荷台の高さは、「スーパーロー」と「フルスーパーロー」から選択可能
  • 万一、前面衝突をした場合にドライバーの衝撃を緩和するための「運転席SRSエアバッグシステム」と「衝撃吸収式ステアリング」を搭載
  • 特装車として、ドライバン、冷蔵・冷凍車、保冷車、電動ダンプ、ミニクレーン付トラック、リヤゲートリフター付トラック、ワンタッチ幌、アコーディオンバンなどがある

モデルチェンジ変遷

初代アトラス
(1982年-1992年)
初代アトラスのF22型系を販売。
ホーマーとキャブスターの後継モデルとしてはアトラス100/150が販売されました。
2代目アトラス
(1992年-2007年)
2代目アトラスのF23型系を販売。
パワーユニットには、ディーゼルエンジンが2種類、ガソリンエンジンが2種類用意されました。
3代目アトラス
(2007年-現在まで)
3代目アトラスのF24型系を販売。
日産の小型トラック用のLDTプラットフォームを使って、世界戦略車として開発された車種です。ディーゼルエンジンは、「ディーゼル車の平成17年排出ガス規制」に対応したエンジンが搭載されています。
 

かんたん車査定ガイド

page top