個人売買のデメリット

売買手続きは煩雑です!

中古車

本来ならば業者が代行してくれるはずの手続きや書類の準備なども、全て自分たちでしなくてはなりません。

中には市町村役場や陸運支局などに出向き、手続きをしなくてはならないものも多くあります。

不慣れなため時間もかかり、大変な作業となります。

かんたん車査定ガイド

売買の価格も自分たちで

車にどれくらいの値段を付けて売買したらいいのかを決めるのも自分たち…ということになります。

ネットや本などを利用すれば、車種や年式、走行距離などの情報からある程度の相場の金額を知ることが出来るかもしれません。

でも、車にちょっとした傷や凹みがある場合はどうでしょう?傷や凹みによって、どのくらい値を下げたらよいのかを決めるのは、なかなか難しいところです。

売り手と買い手の両者が納得のいく価格を決めるのは、簡単ではないといえるでしょう。

トラブルの処理も自分たちで

個人売買の際に、正式な書面で契約をすることはほとんどないでしょう。取引が成立した後にトラブルが発生した場合、間に立ってくれる人は誰もいませんから、当人同士の話し合いで解決することになります。

故障が見つかったり、売買の価格に納得できなかったり、代金が振り込まれなかったり…予想できるトラブルはたくさんあります。

それら全てを自分たちで解決するとなると…。相手が知り合いや友人の場合は、自分の意見を強く言えず、また相手が見ず知らずの他人の場合は連絡がつかなくなり、最悪の場合は泣き寝入りしてしまうことも考えられます。

このように、個人売買にはデメリットが多くあります。車の売買でトラブルに遭わないためにできるだけ業者や販売店を通して車を売るようにしましょう。業者や販売店を通せば適正な価格や方法で車を安心して売ることができます。

かんたん車査定ガイド