ローン支払い中の車を売却

車の所有者名義を確認しよう!

高級車

ローンがまだ残っていても、何らかの理由で車を手放さなくてはならないこともあるでしょう。

ローン支払い中でも車を売却することは可能です。

ただしその場合には、自動車検査証の所有者欄を確認してください。名義が誰になっているかで、売却の仕方は大きく変わってきます。

かんたん車査定ガイド

自分、または家族の名義の場合

自動車検査証(車検証)の所有者欄の名義が自分、または家族の名義になっている場合には、その車の所有権があります。

これは銀行系のローンを利用している場合に多く見られます。車の所有権がありますから、たとえローンを支払っている最中だとしても、車を売却することは自由です。

ただし、車を売ることはできても、ローン自体はなくなりませんから注意してくださいね。また家族名義の場合は、家族の了承を得て売却手続きをするようにしましょう。

ローン会社・自動車販売店・クレジット会社などの名義の場合

名義が自分ではなくローン会社や販売店、あるいはクレジット会社などになっている場合は、車の所有権はあなたにはなく、あなたはその車を使用している「使用者」という立場になります。

ローンを完全に支払い終えるまでは、あなたに車の所有権は無いため勝手に車を売却することはできません。つまり、ローンを完済して初めて車の所有権を得ることができるのです。

この場合は、

  1. ローンを完済する
  2. 車の売却代金で残りのローンを完済する
  3. ローンの残りを返済するための残債ローンを利用する

などの方法をとる必要があります。
@のローンの完済が一番望ましい方法です。

A「車の売却代金でローン返済」の場合は、車の売却代金がローンの金額を上回っていれば問題ありませんが、下回っている場合には不足金を支払う必要があります。なお、売却先が個人の場合には、所有者の承認が必要になります。

Bの残債ローンは新たにローンを組み直す方法です。現在車の所有権を持っている会社や車の売り先となる買い取り専門店のアドバイスを受けながら上手に利用してください。


ローンの支払いがあるから車は売れない…とあきらめることはありません。
ローン中であっても高値で車を売却することは可能です。

かんたん車査定ガイド