車を売却する時に必要な書類

売る時に必要となるもの

書類

車を売る際には、いくつか必要な書類があります。

いざ売却の手続きをするとなったとき、肝心の書類が揃っていないと手続きができません。

困らないように、事前にしっかり確認しておきましょう。

かんたん車査定ガイド

小型・普通自動車の場合

@自動車検査証(車検証)
この書類は車の中に携帯することが義務づけられていますから、ダッシュボードの中にある場合がほとんどです。もしも紛失してしまった場合には、陸運支局で再交付してもらう必要があります。

A自賠責保険証明書
自動車検査証と一緒に保管している場合が多いです。紛失の場合は保険会社に問い合わせましょう。

B自動車リサイクル券
先に挙げた自動車検査証・自賠責保険証明書と一緒に保管している場合がほとんどです。紛失した場合は陸運支局などの端末機で再発行ができます。

C自動車納税証明書
毎年5月に送付される納税通知書の下部に、自動車税納税証明書が付いています。車検などの手続きの際にも必要になる書類なので、同じくダッシュボードの中に保管している人も多いと思います。

D実印

E印鑑証明書
印鑑証明書は市町村役場で交付してもらえます。発行後3ヶ月以内のものでなくてはなりません。

手続きなどを業者に代行してもらうための委任状と、車を第三者に譲渡することを証明する譲渡証は、売却先が用意してくれます。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、先に述べた@〜Cの書類が同じく必要です。印鑑は認印で手続きが可能です。印鑑証明書は必要ありません。

こんな場合は書類が更に必要です

先に挙げた書類の他に、引っ越しや結婚などで住所や姓が変わった場合には、市町村役場で書類を交付してもらう必要があります。

  • 1回の住所変更……住民票
  • 複数回の住所変更……戸籍の附票
  • 苗字の変更……戸籍謄本

車のダッシュボードの中に必要な書類が入っていて、引っ越しや結婚などで住所、姓の変更が無い場合には、小型・普通自動車の場合には実印と印鑑証明書、軽自動車の場合には認印のみを用意すればよいことになります。

かんたん車査定ガイド