故障車や事故車・不動車

動かなくても価値はあります!

故障車

結論から言うと、故障車や事故車、自走できない不動車でも、売ることが出来ます。

例えば、エンジンが故障して動かなくなってしまった自動車の場合を考えてみましょう。エンジンは駄目でも、他の部分は壊れていないと考えることが出来ます。

業者が買い取った自動車は、そのエンジン部分を修理してまた乗れるようにするか、他の部品をバラして再利用するかのどちらかです。いずれにしてもその車自体には価値があると考えることができます。

かんたん車査定ガイド

修理してから査定に出した方がいいの?

修理してから出した方が査定結果がいいのでは…と思う人がいるかもしれません。

ですが、傷の場所や故障の箇所によっては、修理の費用は高額になります。修理費用が査定額よりも上回ってしまったのでは意味がありません。また、自分で修理するよりも、業者側が修理した方が安く済む場合の方がほとんどです。

修理が必要な場合でも自分では修理はしないで、そのままの状態で査定をしてもらった方がよいでしょう。

専門の買い取り業者もあります

通常の車買い取り専門店では無理な場合でも、故障車や事故車専門の買い取り業者などをあたってみましょう。部品として買い取ってくれる業者もありますから、まずはネットなどで探してみることをオススメします。

廃車にするにはお金がかかります

廃車にする場合は、大きく分けると「自動車リサイクル料金」と「自動車の解体費用」とがかかります。

自動車リサイクル料金は、新車購入の時か車検の時、または廃車にする時のいずれの場合かに支払う料金のことです。一度払ってしまえばその後はかかりませんが、もしもまだ支払っていないクルマの場合は、このリサイクル料金は普通自動車なら一万円前後かかることになります。

自動車解体費用は、業者によって違いますが、普通自動車の場合は大体1万円前後で処理してくれる場合が多いようです。

廃車にするために自分でお金を払うよりも、少しでも業者に高く買い取ってもらい、お金を受け取る方がいいと思いませんか?

査定は無料なので、廃車にする前に一度査定をしてもらいましょう。年式が古くても、走行距離が多くても、大丈夫ですよ!!

かんたん車査定ガイド