ホンダ ヴェゼル(VEZEL)売却時の買取相場価格

ヴェゼル買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのヴェゼル

【ヴェゼル買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ヴェゼル ハイブリッドZ スタイルエディション 2017年 1万km 202万円

かんたん車査定ガイド


 

ヴェゼル(VEZEL)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 5ドアSUV 207-292 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,496 19.6-27.0(JC08) 直列4気筒直噴DOHC ガソリン車:131/ハイブリッド車:152
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
ガソリン車:155/ハイブリッド車:エンジン156+モーター160 4,295-4,340x1,770-1,790x1,605 1,180-1,390 FF/4WD(リアルタイムAWD)
 

ヴェゼル(VEZEL)の概要

 
ヴェゼル(VEZEL)は、小型乗用車サイズのSUVで本田技研工業で製造と販売が行われています。

特徴

  • 美しさと力強さのあるクーペのデザインを取り入れた洗練されたエクステリア
  • シートカラーは5色から選択可能(オプションの本革シートを含む)
  • リアシートは頭上も足回りにも余裕があり、ロングドライブでも快適に過ごせる
  • リアウィンドウは大型なので、良好な後方視界を確保
  • 高遮音性の防音材を採用しており、静かな室内を実現
  • シートの座面高さは、乗り降りしやすい高さとなる様に設計
  • リアシートを倒さなくても393リッターのラゲッジスペースを確保
  • バックドアを上部に開いた場合の荷室の開口部が大きくて低いので、荷物の積み降ろしが楽
  • 燃料タンクを前席の下に配置する「センタータンクレイアウト」により室内の利用可能空間を向上
  • 搭乗員数や積みたい荷物の高さや長さなどの様々なシーンでシートアレンジを変えることで、多様な移動ニーズに応えることが可能
  • 手の届く位置に使い勝手の良い収納スペースを配置
  • 車両の前部にミリ波レーダーと単眼カメラを設置しており、ブレーキなどの制御技術を駆使して、交通事故の回避を支援する「ホンダセンシング(Honda SENSING)」を搭載
  • 2017年度の自動車アセスメントに於ける予防安全性能評価で、最高評価の「ASV++」を獲得
  • 日本政府が交通事故を減らすために取り組んでいる自動ブレーキなどの安全装置を搭載している「セーフティ・サポートカーS〈ベーシック+〉」に対応
  • ブレーキ時のタイヤロックを防止する電子制御制動力配分付きのABS、アクセルを踏み込んだ時に車輪の空転を抑制するトラクションコントロール、コーナリングでの車の横滑りを抑える機能といった「車両挙動安定化制御システム」を搭載
  • 急ブレーキを行った際に、自動でハザードランプを高速点滅させることで、後続車への注意喚起を行う「エマージェンシーストップシグナル」を搭載
  • 坂道発進をする際に、車が後退するのを抑制する「ヒルスタートアシスト機能」を採用
  • 歩行者との接触事故も考慮した「衝突安全設計ボディー」で、乗員だけだなく、接触・衝突相手のダメージも軽減
  • 運転席と助手席には、高性能な連続容量変化タイプの i-SRSエアバッグシステムを採用
  • ハイブリッド車はスポーティかつ低燃費を両立しており、また、ガソリン車はガソリンエンジン搭載車として優れた燃費性能を実現
  • ハイブリッド車に4WDを組み込んだモデルも用意
  • 燃費に良い走りができているかをドライバーに知らせてエコ運転を支援する「エコアシスト」を搭載
  • フロント・リア共に振幅感応型ダンパーを採用しており、乗り心地と操縦安定性を向上
  • ドライバーの視点をセダンと比較して+10cm高くなるように設計しており、見晴らしの良い良好な視界で安全運転をサポート
  • 4WD車は、電子制御で路面状況により前後輪のトルク配分を可変する「リアルタイムAWD」を採用
  • 後退駐車や後方視界の確保などをサポートする「リアカメラ de あんしんプラス2 (ダブルビュー)」を利用可能(オプション)
  • 専用設計の本革巻ステアリングホイールや前席シートなど、クラフトマンシップの精神でこだわりを持った仕上げ(RSモデルのみ)

モデルチェンジ変遷

初代ヴェゼル
(2013年-現在まで)
初代ヴェゼルのRU1/2/3/4型を販売。
3代目フィットのコンポーネントを用いて開発が行われたコンパクトSUVで、実用性の高さと燃費性能の優れた車種として登場しました。ガソリン車のトランスミッションには、スムーズな加速が可能な無段変速オートマチック(CVT)が採用されています。また、ハイブリッド車には7速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)が搭載されて、ダイレクトなドライブ感覚を得られるパドルシフトも採用しています。
 

かんたん車査定ガイド

page top