ホンダ NSX売却時の買取相場価格

NSX買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのNSX

【NSX買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
NSX 2017年 1万km 2,250万円

かんたん車査定ガイド


 

NSXのスペック(2代目モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 2ドアクーペ 2,370 2
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
3,492 12.4(JC08) V型6気筒 直噴DOHCツインターボ 581
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
646 4,490x1,940x1,215 1,800 4WD(SPORT HYBRID SH-AWD)
 

NSXの概要

 
NSXは、本田技研工業で製造・販売されているハイブリッドシステムを搭載した2シーターのスーパースポーツカーです。

特徴

  • 鋭さのある細く切り上がったLEDヘッドライト、ローアンドワイドなボディ、そして機能美を有するフローティングリアピラーにより先進的なイメージのあるエクステリア
  • ボディカラーは特色のある8色から選択可能
  • ドライバー席周りはコックピットの様な機能性を追求したインテリア
  • 内装色には好みに合わせた全7色を用意
  • V6ツインターボエンジンと3基の電気モーターを組み合わせた独創的なハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載
  • クルマの低重心化と理想的な前後重量配分により、大幅な操縦安定性の改善を実現
  • 直線とコーナリング時の視界、ドアミラーを使ったサイドの視界を良好にする為に様々な工夫を施策
  • 手になじむ革を巻くことで、手に吸い付くような感触のステアリングホイール
  • 体幹を支えることで上体をしっかりとホールドする新感覚のスポーツシートを採用
  • 視認性に優れ、かつ、様々な表現ができるTFTメーターを搭載
  • スポーツ走行時にドライバーが横Gを受けることで膝と肘が車体と接する部分にソフトパッドを配置して、快適に走りを楽しめる様に配慮
  • スポーツカーながら、実用的な収納の為のリアトランクを保有
  • パンクしてタイヤの空気圧が低下した場合に、車輪位置と共に警告を発する「タイヤ空気圧警報システム」を搭載
  • クルマの前後に計8個の超音波センサーを配置しており、障害物を検知すると警告音を発する「パーキングセンサーシステム」を搭載
  • スペースフレーム構造により優れた衝突安全性を有する車体フレーム
  • 衝突した場合に、乗員に加わる衝撃を緩和する「運転席と助手席用のi-SRSエアバッグシステムとi-サイドエアバッグシステム」と「運転席用のSRSニーエアバッグシステム」、「サイドカーテンエアバッグシステム」を装備
  • 万一、歩行者とぶつかった場合に歩行者の頭部ダメージを減らす「ポップアップフードシステム」を採用
  • ハイパワーのスポーツカーとしては、優れた燃費性能を実現
  • モーターによる出足の良さとエンジンによる力強い加速により、官能的な加速感を実現
  • 「SPORT HYBRID SH-AWD」による高度なコーナリング制御により、オン・ザ・レール感覚の走りを実現
  • 走行状況に応じて「SPORT」、「SPORT+」、「TRACK」、「QUIET」の4種類の走行モードを選択できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」を搭載
  • 幅広い走行シーンでベストな走りを可能とする「9速デュアルクラッチトランスミッション」を採用
  • スポーツカーとしての加速走行と高速走行を安定化する為に「オールアルミニウムサスペンション」と「アクティブ・ダンパー・システム」を採用
  • 卓越したブレーキング性能を実現する「4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ」を採用
  • タイヤホイールは、軽量かつ高剛性の「NSX専用鍛造アルミホイール」を採用
  • ボディの表面を覆うパネルには適材適所の複数の素材を採用することで、軽量化と耐久性、重心の最適化を実現
  • 適切なマイナスリフト(ダウンフォース)と冷却性能を備えつつ優れた空力性能を発揮する、トータル・エアフロー設計
  • 優れた視界を確保する為に、フロントピラーは性能を維持しつつ極限まで細くした「超高張力鋼管フロントピラー」を採用

モデルチェンジ変遷

初代NSX
(1990年-2006年)
初代NSXのNA1/2型を販売。
市販自動車としては初のオールアルミモノコック・ボディーを採用しました。製造は、流れ作業ではなく、職人によって手作業で行われていました。駆動方式は、エンジンを中央に置き、後輪を駆動させるMR方式です。快適装備を取って軽量化した「タイプR」、オープントップ仕様の「タイプT」、マイナーチェンジ後に軽量化と空力性能の向上を図った「NSX-R」が発売されています。
2代目NSX
(2016年-2018年)
2代目NSXのNC型を販売。
ハイブリッドスーパースポーツカーとして登場しました。エンジンをミッドシップに配置したハイブリッド4輪駆動システム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載しています。
 

かんたん車査定ガイド

page top