ホンダ N-WGN(エヌワゴン)売却時の買取相場価格

N-WGN買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのN-WGN

【N-WGN買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
N-WGN コンフォートパッケージ 2015年 5万km 59万円

かんたん車査定ガイド


 

N-WGN(エヌワゴン)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 5ドア軽トールワゴン 109-178 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 23.0-29.4(JC08) 直列3気筒DOHC(ターボ) 58(NA)/64(ターボ)
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
65(NA)/104(ターボ) 3,395x1,475x1,655-1,675 820-920 FF/4WD
 

N-WGN(エヌワゴン)の概要

 
N-WGN(エヌワゴン)は、本田技研工業で軽自動車のミニバンである軽ハイトワゴンとして開発され、製造されている車種です。

特徴

  • 厚みのあるフロントグリルとヘッドライトにより、堂々とした雰囲気のあるフロントデザイン
  • インテリアは丸みのあるソフトなデザインで、毎日の運転に心地よさを提供
  • 後席もゆったりとできる広さを確保
  • フロントシートは大きめで、質感の良い乗り心地
  • カスタム(Custom)モデルのインテリアは、ワンランク上の高級感を提供
  • 内装色は、ブラウンあるいはブラックを基調とした目に心地よい色を採用
  • ホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」により広い車内空間を確保することで、大人4人がくつろげ、日常的な買い物などには十分な広さの荷室を実現
  • リアシートは前後にスライドできる機構と多段リクライニング機構を備えており、快適に過ごせる
  • シートの表面にスギ花粉やダニなどのアレルギーの原因物質が付着した場合に、その活性を抑制する「アレルクリーンシート」を採用
  • 後席の前後スライドや背もたれを前に倒す操作はリアの荷室からできるので、リアに荷物の積み込みをする際に、荷室を簡単に拡大可能
  • 荷室にはアンダーボックス(幅80cmX奥行39cmX深さ29cm)があり、蓋を跳ね上げることで、高さのある荷物も積み込みが可能
  • リアシート下には傘などの長い荷物や靴などを置くことができる「リアシートアンダートレー」を装備
  • どの席にいても、気軽に利用できるポケットやボックス、トレーなどの収納スペースを利用可能
  • 2015年度の自動車アセスメントに於いて、交通事故を未然に防ぐ予防安全性能評価で「ASV+」を獲得
  • 交通事故防止のために政府が普及を推奨している「セーフティ・サポートカーS〈ベーシック〉」に対応
  • 他のクルマや壁などにぶつかりそうな場合には、衝突の回避を自動ブレーキで手助けする「低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能」を搭載
  • 「あんしんパッケージ」を選べば、衝突の回避および軽減を行う「シティーブレーキアクティブシステム」と「前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」を装備可能
  • 「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を選べば、リアワイドカメラでクルマの後ろの風景を映しだすことができ、安心してバックが可能
  • 雨や雪になどによる滑りやすい路面やカーブなどでクルマが横滑りを起こし始めた場合に、ブレーキとパワーを制御することで横滑りを防止する「車両挙動安定化制御システム(VSA)」を装備
  • 急ブレーキを掛けた時に、後続車に追突されない様にブレーキの点灯だけでなく自動でハザードランプを高速点灯させて後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を搭載
  • 坂道でクルマを発進させる時に、車が一瞬、後ろに下がってしまうのを防ぐ「ヒルスタートアシスト」を搭載
  • 窓枠は細く、そしてドライバーから見やすい位置にドアミラーを設置することで、安全運転に欠かせない広い視野を確保
  • 国土交通省と(独立行政法人)自動車事故対策機構が実施した平成25年度の新・安全性能総合評価に於いて最高評価の「ファイブスター賞」を獲得
  • 限られたボディサイズで高い衝撃吸収性能を誇る「衝突安全設計ボディー」で、自車だけでなく衝突した歩行者や相手車両のダメージも緩和
  • 運転席と助手席にはSRSエアバッグを搭載(運転席側は早く・優しく・長くエアが注入される連続容量変化タイプを採用)
  • 衝突した際に、胸に掛かる衝撃を緩和する「リア3点式ロードリミッター付ELRシートベルト」を前席だけでなく後席にも搭載
  • 軽クラスとしてはトップレベルのパワーにもかかわらず、低燃費を実現
  • 「アイドリングストップシステム」により、完全に車が停車する前の減速時にエンジンを停止することで、省エネの経済的な走りを実現
  • 燃費を最優先させて車を動作させる「ECONスイッチ」を搭載
  • 燃費に良い運転をしている時にはメーターの照明色がグリーンになる「エコインジケーター」でエコ運転をサポート
  • 車高の高いハイトワゴンでありながら、空気の流れをスムーズにするボディデザインや外部パーツを採用することで、空気抵抗を低減して燃費性能を向上
  • 停止と加速の多い町中で、軽快に走ることができる高性能DOHCエンジンを搭載(一部モデルはターボ付き)
  • 滑らかな加速を生み出す無段変速オートマチック(CVT)を搭載
  • 交差点や駐車場では軽い手ごたえで回すことができ、高速ではどっしりとした安定感のある「電動パワーステアリング新制御」を装備
  • 寒い日に腰から体を暖めることができる「運転席・助手席シートヒーター」を装備(4WD車)
  • スーパーUV・IRカットガラスを採用しており、全ての窓で日差し対策を実施(一部モデル)
  • 空気の浄化や脱臭、そして肌に優しくハリや艶を与えることができる「プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー」を搭載(一部モデル)
  • 車外から室内に取り組む空気は、「アレルフリー高性能脱臭フィルター」により、アレルギーを引き起こすアレルゲンを分解除去(一部モデル)
  • 大光量と低燃費を両立させ、自動点灯・消灯による点灯忘れと消灯忘れの防止機能も付いた「ディスチャージヘッドライト〈HID〉」を搭載(一部モデル)

モデルチェンジ変遷

初代N-WGN
(2013年-現在まで)
初代N-WGNのJH1/2型を販売。
軽自動車では初の低燃費と優れたエンジン出力特性に役立つ「ツインインジェクションシステム」とノッキングによる異常燃焼を防ぐ「金属ナトリウム封入中空排気バルブ」が採用されています。
 

かんたん車査定ガイド

page top