ホンダ ステップワゴン(STEPWGN)売却時の買取相場価格

ステップワゴン買取相場価格を知りたい方へ

ホンダのステップワゴン

【ステップワゴン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ステップワゴンG 2006年 11万km 2万円

かんたん車査定ガイド


ステップワゴン(STEPWGN)のスペック(現行モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 ミニバン 228-308 7
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,496 15.0-17.0 水冷直列4気筒 150
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
203 4,690x1,695x1,840-1,855 1,670-1,740 FF/4WD

ステップワゴン(STEPWGN)の概要

初代ステップワゴン(STEPWGN)が発売されるまでは、ワンボックスバンと言えば後輪駆動が一般的でした。

この車では、前輪駆動を採用してプロペラシャフトを無くし車内の空間を大きく取るレイアウトが採用されました。

特徴

  • 機能性を保ちつつ、美しいボックススタイルのデザイン
  • 室内高は1,425mm、室内長は3,220mmと余裕の快適空間
  • 3列目の席は簡易席ではなく座り心地の良い質感のあるしっかりとした席を用意
  • 後部ドアの開閉は上方向の跳ね上げだけでなく、冷蔵庫のドアの様な横開きも可能

モデルチェンジ変遷

初代ステップワゴン
(1996年-2001年)
初代ステップワゴンのRF1/2型を販売。
駆動方式をFFとし、低床化を行っています。製造コストを抑える設計がなされたため、車両本体価格も低価格化ができました。
2代目ステップワゴン
(2001年-2005年)
2代目ステップワゴンのRF3/4/5/6/7/8型を販売。
様々な衝突テストに合格したプラットフォーム・ボディを採用して安全性が高まりました。側面衝突や後面衝突、そして従来から行われた前面フルラップ衝突(前面全体での衝突)、前面オフセット衝突(前面の部分的な衝突)の試験が行われています。また、2列目シートの背面をテーブルとして使うことができる設計となっています。
3代目ステップワゴン
(2005年-2009年)
3代目ステップワゴンのRG1/2/3/4型を販売。
ホンダの低重心化・低床化プラットフォームを用いて4cmの低重心と6cmの低床が行われています。また、車高も下げられたため、外観がスポーティなイメージとなりました。
4代目ステップワゴン
(2009年-2015年)
4代目ステップワゴンのRK1/2/3/4/5/6/7型を販売。
5ナンバー枠には収まっているものの、ビッグサイズ化が行われています。その結果、室内空間が広まり快適性が向上をしました。また、ガラスエリアの拡大が行われて、開放性が増しています。
5代目ステップワゴン
(2015年-現在まで)
5代目ステップワゴンのRP1/2/3/4型を販売。
排気量1.5リッターの小型エンジンが搭載されました。バルブタイミングコントロールなどの採用により、小型エンジンながら高トルクを発生することができるので、低速走行でも楽に運転することができます。

かんたん車査定ガイド