スバル シフォン(CHIFFON)売却時の買取相場価格

シフォン買取相場価格を知りたい方へ

 

スバルのシフォン

【シフォン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
シフォン CUSTOM R Limited スマートアシスト 2018年 2万km 92万円

かんたん車査定ガイド


 

シフォン(CHIFFON)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スバル(富士重工業) 5ドア軽トールワゴン 128-187 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 26.0-28.0(JC08) 直列3気筒DOHC(ターボ) 52/64
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
60/92 3,395x1,475x1,750 920-1,010 FF/4WD
 

シフォン(CHIFFON)の概要

 
シフォン(CHIFFON)は、ダイハツからタントのOEM供給を受けて、スバルブランドで販売をしている軽スーパーハイトワゴンです。

特徴

  • 車高の高い実用性を優先したボディデザイン
  • 室内は高さがあり、軽としては広々とした快適な空間を実現しており、身長130cm程度の子供なら立ったまま着替えが可能
  • リアゲートを開けた時の開口面積が広く、また荷室のフロア高さは約60cmなので、腰に負担を掛けることなくスムーズに荷物の積み降ろしが可能
  • 前席・後席ともに足元に余裕があるので、快適に過ごすことが可能
  • リア席は左右独立して前に倒すことができ、荷室の拡大が可能
  • 前席・後席共に床がフラットなので、左右の移動が楽
  • 助手席はシートを前に倒すことで、テーブルとして利用可能
  • 小物を収納できるカップホルダーやボックス、ポケット、ショッピングフックなどを装備
  • 前後のドアを開けた時にピラーがない大開口となるので、助手席を前にスライドさせればリア席の足元に大きな荷物を積み込むことが可能
  • リアドアはワンタッチで開閉ができる、挟み込み防止機能付きのパワースライドドアを採用(一部モデルは除く)
  • リアドアは、半ドアの位置まで手で閉めると、あとは自動で完全にドアを閉める「スライドドアイージークローザー」を搭載(一部モデルは除く)
  • アクセスキーを保有していれば、ドアに付いているスイッチを押すだけでドアの解錠・施錠ができる「キーレスアクセス」を装備(一部モデルは除く)
  • アクセスキーがないとエンジンを始動できない、盗難防止のためのイモビライザー機能を装備(一部モデルは除く)
  • 紫外線と赤外線を効率よくカットして、日焼けや太陽光による暑さを遮断する「スーパーUV&IRカット機能付ガラス」をフロントウインドウとフロントドアのガラスに採用(一部モデルは除く)
  • リア席の陽射しの強さを軽減する「格納式リヤドアサンシェード」を装備
  • 寒い日に快適に過ごすための「運転席シートヒーター」と後席の足元に温風を送る「リヤヒーターダクト」を装備(一部モデルは除く)
  • 身だしなみの確認や化粧直しなどができる「運転席&助手席バニティミラー」を装備
  • 花粉などを取り除ける「スーパークリーンエアフィルター」を装備(一部モデルは除く)
  • 操作しやすいプッシュ&ダイヤル式のオートエアコンを装備
  • 車の前後左右に取り付けたカメラでクルマの周囲を映し出し、見通しの悪い交差点の安全確認や縦列駐車などを支援する「パノラミックビューモニター」を装備
  • ドライバーの斜め前を確認するための大きな三角窓や車のすぐ後ろを確認できる室内に備え付けたリアアンダーミラーなどにより、広い視野を確保
  • 最小回転半径は、4.4mなので、狭い駐車場などでの取り回しが楽
  • リアの角2か所にコーナーセンサーを設置しており、左右後方の障害物をブザーでお知らせ
  • ステアリングに、手元で走行モードを「パワーモード」、または「エコモード」に切り替えるためのスイッチを装備
  • 上り坂で停止状態から発進する際に、車が後退するのを防ぐ「ヒルホールドシステム」を搭載
  • ドライバーの体格に合わせてステアリングの上下位置やシートの高低を調整できる「チルトステアリングと運転席シートリフター」を装備
  • 明るい白色光で夜間走行をサポートする「LEDヘッドランプ(ロービーム)」を搭載(一部モデルのみ)
  • 車が停車する少し前からエンジンを自動停止する、経済的かつ自然環境に優しい「アイドリングストップ」を搭載
  • 燃費に良い走りができているかを確認できる「エコドライブアシスト照明」を装備
  • 平均燃費や航続可能距離などのクルマに関する情報を表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」を装備
  • 国が推奨をしている安全運転機能搭載車の「サポカーS ワイド」に対応
  • 国土交通省などで行った2016年度の安全性能評価試験「予防安全性能アセスメント」で最高評価のASV++を獲得
  • 「クルマや歩行者との衝突を回避する衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能」、「車線からのはみだしを防ぐ車線逸脱警報機能」、「ペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐAT誤発進抑制制御機能」、「信号待ちでのうっかりを防ぐ先行車発進お知らせ機能」、「自動でハイ・ロービームを切り替えるハイビームアシスト」といった安全運転を支援するスマートアシストVを装備
  • 自動車事故対策機構が実施する側面衝突試験で最高のレベル5を獲得した「衝突安全ボディ」を採用
  • 助手席のリアドアには「ピラー内蔵スライドドア」を採用して、ピラーのある運転席側と同レベルの強度を確保
  • 歩行者とぶつかったことを想定して、ボディのフロント部分には衝撃緩和装置や吸収スペースを設けて、歩行者へのダメージを軽減する「歩行者傷害軽減ボディ」を採用
  • どの様な路面状況でも安定して止まるために、ブレーキ力を前後左右輪に適切に配分するEBD付きのABSを装備
  • カーブや障害物を避けるための急なハンドル操作でクルマが横滑りしそうな場合に、車両安定性を維持するための「ビークルダイナミクスコントロール(VDC)」を搭載
  • 走っている最中に強くブレーキを踏み込んだ場合に、ブレーキランプの点灯と共に自動でハザードランプを高速点滅させて後続車に知らせる「エマージェンシーストップシグナル」を装備
  • 衝突事故の際に乗員に加わる衝撃を緩和するための「デュアルSRSエアバッグ」を装備
  • 衝突発生時に乗員を保護するための「プリテンショナー&フォースリミッター付フロント3点式ELRシートベルト」を搭載
  • 後席にワンタッチでチャイルドシートの着脱ができる「ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ」を装備

モデルチェンジ変遷

初代シフォン
(2016年-現在まで)
初代シフォンのLA600F/610F型を販売。
ダイハツからタントのOEM供給を受けて、発売されました。
 

かんたん車査定ガイド

page top