ホンダ ステップワゴン(STEPWGN)売却時の買取相場価格

ステップワゴン買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのステップワゴン

【ステップワゴン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ステップワゴンG 2006年 11万km 2万円

かんたん車査定ガイド


 

ステップワゴンを売却した人の口コミ情報

 
私は、会社勤めをしているサラリーマンですが、家族全員が乗れるファミリーカーとして、ステップワゴンを購入しました。

我が家は、夫である私と妻、そして中学生と高校生になる子どもが一人づついる、計4人の家族です。

私も妻も実家は都内なので、帰省をしても田舎と言える場所ではありません。

普段仕事で多忙なので、長期連休の時は田舎でのんびりとしたいと思う時もあります。

そういった場合は、家族全員でステップワゴンに乗って温泉旅行に出かけます。

旅行では、家族そろって水入らずで話をすることができるので、家族の絆も強まります。

この様に様々な点で役に立ってくれたステップワゴンですが、購入をしてから8年が経った時に、クルマを買い替えることを決心しました。

さすがに古くなったので、買い替え時だと思ったからです。

今まで乗っていたステップワゴンは、PCでどこに売ればよいのかを探しました。

探した結果は、インターネット一括自動車買取サイトを使うのが良いことが分かりました。

そのサイト内で、我が家の愛車であったステップワゴンの情報を入力すると、後日、3社のクルマ買取専門業者から査定額の案内を貰うことができ、その中で、一番良い買取額を出してくれた買取業者にクルマを売りました。

私は、アウトドア派の女子です。

山登りやキャンプ、スノボーが好きなので、荷物をたくさん積めるステップワゴンを購入しました。

ステップワゴンは、3列目のシートを床下に収納することで、大容量のラゲッジスペースを確保することができます。

また、助手席と2列目シートの背もたれ部分を後方に倒し、3列目シートを床下に収納することで、スノボーやカーペットなどの丈のある荷物も運ぶことができます。

キャンプをする時は、毎回、友達を誘っていきます。

ステップワゴンに、テントや寝袋、キャンプ用のテーブルやイスなど沢山の荷物を積み込むので、快適にキャンプ生活を楽しめます。

この様に私の趣味に欠かせないステップワゴンでしたが、5回目の車検を迎える前に、売ることにしました。

かなりの距離を走ったので、過走行車ぎみとなっていたからです。

ステップワゴンをどこに売るか悩んだのですが、スマホで調べたネット中古車買取査定サイトに売りました。

そのサイトは、1回だけ自分のクルマの情報をインプットすれば、複数の大手の車買取会社から査定額の案内があるというサイトでした。

そのサイトを使ったことで、とても古いクルマでしたが、かなり良い値段で私のステップワゴンを買い取りしてもらうことができました。

僕は、地方の地元企業で働くサラリーマンです。

車内の広さが気に入って、ステップワゴンを購入しました。

ステップワゴンは、普段は会社に行くのに使い、3連休などの時には家族サービスの為に旅行をするのに使っています。

ステップワゴンは車内が広いので、ロングドライブの場合でも、ドライバーである私、そして同乗している家族の者も疲れにくいです。

長年に渡って使ってきたステップワゴンですが、新車で買ってから10年目を迎えた時に、クルマを買い替えることにしました。

さすがに、古さを感じざる負えなくなったからです。

今まで愛用してきたステップワゴンは、地元の知人が経営している車買取会社に売却しました。

知り合いに売ったので、高めの価格設定でステップワゴンを買い取ってもらうことができました。

私は、一年を通してサーフィンを楽しんでいます。

ステップワゴンは、クルマのトップパネルにルーフをわざわざ取り付けなくても、室内にサーフボードを入れることが可能だったので買いました。

ステップワゴンの助手席、助手席の真後ろの席(2列目の左席)、さらにその真後ろの席(3列目の左席)、この片側3席をすべてフラットにすると、そこにサーフボードを乗せることができます。

サーフボード以外にもウェットスーツや着替え用の服もステップワゴンに積み込むのですが、まったく問題なく積み込むことができます。

長期間に渡って愛用をしていましたが、私のステップワゴンは5回目の車検が来る前に別のクルマに買い替えることにしました。

私のステップワゴンは年季が入った車なので、下取りしてもらえるかを心配したのですが、新しいクルマを買った自動車ディーラーでかなり安い値段とはなりましたが、下取りをしてもらうことができました。
 

ステップワゴン(STEPWGN)のスペック(現行モデル)

 

ステップワゴンのフロントサイドデザイン

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 ミニバン 228-308 7
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,496 15.0-17.0 水冷直列4気筒 150
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
203 4,690x1,695x1,840-1,855 1,670-1,740 FF/4WD

 

ステップワゴン(STEPWGN)の概要

 

STEPWGN

初代ステップワゴン(STEPWGN)が発売されるまでは、ワンボックスバンと言えば後輪駆動が一般的でした。

この車では、前輪駆動を採用してプロペラシャフトを無くし車内の空間を大きく取るレイアウトが採用されました。

特徴

  • 機能性を保ちつつ、美しいボックススタイルのデザイン
  • 室内高は1,425mm、室内長は3,220mmと余裕の快適空間
  • 3列目の席は簡易席ではなく座り心地の良い質感のあるしっかりとした席を用意
  • 後部ドアの開閉は上方向の跳ね上げだけでなく、冷蔵庫のドアの様な横開きも可能
  • 環境に優しいハイブリッド車も用意/li>

モデルチェンジ変遷

初代ステップワゴン
(1996年-2001年)
初代ステップワゴンのRF1/2型を販売。
駆動方式をFFとし、低床化を行っています。製造コストを抑える設計がなされたため、車両本体価格も低価格化ができました。
2代目ステップワゴン
(2001年-2005年)
2代目ステップワゴンのRF3/4/5/6/7/8型を販売。
様々な衝突テストに合格したプラットフォーム・ボディを採用して安全性が高まりました。側面衝突や後面衝突、そして従来から行われた前面フルラップ衝突(前面全体での衝突)、前面オフセット衝突(前面の部分的な衝突)の試験が行われています。また、2列目シートの背面をテーブルとして使うことができる設計となっています。
3代目ステップワゴン
(2005年-2009年)
3代目ステップワゴンのRG1/2/3/4型を販売。
ホンダの低重心化・低床化プラットフォームを用いて4cmの低重心と6cmの低床が行われています。また、車高も下げられたため、外観がスポーティなイメージとなりました。
4代目ステップワゴン
(2009年-2015年)
4代目ステップワゴンのRK1/2/3/4/5/6/7型を販売。
5ナンバー枠には収まっているものの、ビッグサイズ化が行われています。その結果、室内空間が広まり快適性が向上をしました。また、ガラスエリアの拡大が行われて、開放性が増しています。
5代目ステップワゴン
(2015年-現在まで)
5代目ステップワゴンのRP1/2/3/4型を販売。
排気量1.5リッターの小型エンジンが搭載されました。バルブタイミングコントロールなどの採用により、小型エンジンながら高トルクを発生することができるので、低速走行でも楽に運転することができます。

 

かんたん車査定ガイド

page top