ホンダ シビック セダン(CIVIC SEDAN)売却時の買取相場価格

シビック セダン買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのシビック セダン

【シビック セダン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
シビックセダン 2009年 8万km 24万円

ナビクル車査定


 

シビック セダンを売却した人の口コミ情報

 
私は、スタイリッシュなデザインが気に入り、シビック セダンのボディカラーがレッドのクルマに乗っています。

私は、女だてらスポーツカーが好きなのです。

主な利用用途は通勤ですが、週末には友達を誘ってロングドライブに出かけることもあります。

シビック セダンを買った直後に思ったことは、非常にアクセルのレスポンスが良いという事です。

アクセルを踏み込むと踏み込んだ分、スムーズに加速します。

さすがに、公道では限界まで性能を発揮するような運転はできませんが、シビック セダンのポテンシャルの高さは十分に感じ取ることができます。

そんな、運転をするのが楽しいシビック セダンでしたが、2回目の車検後に別のクルマに買い替えることにしました。

さらに上質の走りを味わいたいと思ったからです。

今まで使っていたシビック セダンは、高年式車なので高く売りたいと思ったので、その方法についてスマホで検索をしてみました。

すると、ネット車買取一括査定サイトで売ると良いことが理解できました。

このサイトを通して私のシビック セダンを売った結果、私が期待していた以上の高額でクルマを売ることができました。

私は、いわゆるキャリアウーマンです。

有名大学を卒業後、国家公務員になり、官庁に入省しました。

私は、男勝りな性格なので、クルマもスピーディなタイプが好みです。

そんな私が選んだクルマは、ドライバーシートが体をしっかりとホールドしてくれるホンダのシビック セダンです。

ボディカラーはホワイトで、タイヤは扁平率の高い物に履き替えています。

短気な性格なので、ついついスピードを出し過ぎになりますが、運転中はあまり熱くならない様に自分に言い聞かせています。

私は、新車で買った車は5年程度で乗り換える様にしているので、私のシビック セダンも新車から5年経った時に、買い替えることにしました。

既に、古いクルマの売り先は決まっていて、毎回、インターネット車一括見積サイトで売ることにしています。

シビック セダンもこのサイトを使って売ったのですが、販売価格の1/3ぐらいの価格で売ることができたので、上出来だと思っています。

僕は、20代の会社員です。

誰に見せても恥ずかしくない車という事でシビック セダンを選びました。

シビック セダンは、車両本体価格は手頃な価格だけど、ボディデザインは一流といった印象を受けました。

スピードメーターなどの表示部分は、全て電子ディスプレイとなっており、先進性を感じ取ることもできました。

僕のシビック セダンの主要な使い道は、会社に行くためなのですが、今まで、一度も運転をしていて加速や減速の際にストレスを感じたことはありません。

自分の思った通りに操作をすることができるので、運転するのが楽しくなってきます。

そんな僕のシビック セダンですが、乗り始めてから7年経過した時に、クルマを乗り換えることを決心しました。

新車の時と比べて、ボディの色があせてしまい、経年変化により車が古くなったと感じたからです。

自宅のPCを使って、シビック セダンをどこに売るべきかを調べたのですが、インターネット中古自動車査定サイトを使うのが良いという事が分かりました。

このサイトで、僕のシビック セダンの状態を入力フォームに従って入力した結果、数日経った時に合計8社のクルマ買取会社から
査定の金額を案内してもらうことができました。

その8社を比較検討して、より良い条件を出してくれたクルマ買取会社に、僕のシビック セダンを売却しました。

僕は、軽自動車は何となく貧乏くさい、そしておじさんが乗るような落ち着いた高級セダンも嫌なので、若者らしい車ということでホンダのシビック セダンを選びました。

僕は、走り屋というわけではないのですが、やっぱりクルマのデザインにはこだわりがあり、カッコよくなければ乗りたいと思いません。

その点、シビック セダンのフロントデザインは、ラインと曲線を上手に使って、かっこいいフロントフェースを実現していると僕は思います。

僕のクルマの用途は、主に買い物と旅行です。

会社には、電車通勤をしているので、平日はあまりシビック セダンに乗りません。

週末や連休の時に、シビック セダンに乗って観光地巡りをして、気分をリフレッシュされています。

そんな僕のシビック セダンですが、4回目の車検を終えてから1年半後に、クルマを新しくすることにしました。

自動車ディーラーで新車を購入したのですが、その下取り車として今まで愛用してきたシビック セダンを自動車ディーラーに売りました。

下取り車があったので、新車を大幅値引きしてもらうことができ、良い買い物ができたととても満足しています。
 

シビック セダン(CIVIC SEDAN)のスペック(現行モデル)

 

シビック セダンの前斜めデザイン

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 セダン 265 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,496 19.4 直列4気筒DOHC 173
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
220 4,650x1,800x1,415 1,300 FF

 

シビック セダン(CIVIC SEDAN)の概要

 

CIVIC SEDAN

シビック セダン(CIVIC SEDAN)は、本田技研工業が生産・販売をしているコンパクトなボディサイズの小型乗用車です。

特徴

  • 車幅が広く低車高のスポーティな印象のある空力特性に優れたボディデザイン
  • 認識性の良い7インチの大型カラー液晶メーターに、速度やエンジン回転数などを分かり易く表示
  • 計器類の上部には高い質感のソフトパッドを採用しており、高級感を演出
  • 人のためのスペースは最大に、そしてメカ機構のためのスペースは最小にするというM・M思想設計により、快適な室内空間を実現
  • ドライバーのヒップポイントを低くすることで、しっかりと腰をホールドして、ベストな運転姿勢を保でる様に配慮
  • フロントウインドの両端にあるフロントピラーを細くして、かつボンネットも低くすることで、良好な前方視界を確保
  • サポート性に優れた新設計のシートを採用
  • トランクルーム部分のバックドアを上に開くことで、大きく開口するので、荷物の出し入れがしやすい
  • リアシートを前に倒すことで、長尺物の収納も可能な大容量のトランクスペース
  • 衝突軽減ブレーキや車線維持支援システムなどの先進の安全運転サポートシステムである「ホンダセンシング」を搭載
  • 事故防止の性能をランク付けする予防安全性能評価で、最高クラスの「ASV++」を獲得
  • 国が交通事故を減らすために推奨している「セーフティ・サポートカー」に対応
  • 遠方まで均一に明るく照らすことができる「LEDヘッドライト」を搭載
  • 横滑りを防ぎ、車両姿勢の安定化を図る「4輪アンチロックブレーキシステム」+「電子制御制動力配分システム」+「トラクションコントロールシステム」を搭載
  • 急ブレーキを掛けた際に、追突を防ぐために自動でハザードランプを高速点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」を搭載
  • H29年度の自動車アセスメントに於いて衝突安全性能評価で最高レベルを獲得
  • 歩行者との衝突を検知した場合に、ボンネットの後方を持ち上げて、頭部衝撃を緩和する「ポップアップフードシステム」を搭載
  • パワーユニットには、高出力と低燃費を兼ね備えるダウンサイジングターボを搭載
  • 独自開発した変速制御「G-Design Shift」を搭載した無段変速機(CVT)により、優れた静粛性と力強い走りを実現
  • スポーティな走りをしたい方の為に、マニュアル感覚でシフトチェンジができるパドルシフトをステアリングに搭載
  • 剛性をアップさせて、安定走行の性能を高めた新世代シャシーを採用
  • ブレーキを適切に自動制御してカーブでのライントレース能力を向上させる「アジャイルハンドリングアシスト」を搭載
  • 衝突時に衝撃を吸収する「運転席用と助手席用i-SRSエアバッグ」+「前席用i-サイドエアバッグ」+「前席と後席に対応したサイドカーテンエアバッグ」を搭載

モデルチェンジ変遷

初代シビック セダン
(1972年-1979年)
初代シビック セダンのSB1/SG/SE/VB型を販売。
前輪と後輪から外側のオーバーハングを短めにして、ホイールベースを長くすることで室内空間を広げています。2/4ドアノッチレスセダンが販売されました。
2代目シビック セダン
(1979年-1983年)
2代目シビック セダンのSL/SS/SR/ST/VC/WD型を販売。
3ドアモデルより多少高級感を持たせた4ドアのノッチバックセダンが販売されました。
3代目シビック セダン
(1983年-1987年)
3代目シビック セダンのAG/AH/AJ/AK/AT型を販売。
人の居住スペースを最大化して、メカ部分のスペースを最小にするというMM設計に基づいて商品化されており、通称「ワンダーシビック」と呼ばれていました。
4代目シビック セダン
(1987年-1991年)
4代目シビック セダンのEF型を販売。
モデルチェンジが行われ、通称「グランドシビック」と呼ばれました。前輪駆動のFF車の他に、リアルタイム4WDの四輪駆動車も用意をされました。サスペンションは前後輪共に、接地力の高いダブルウィッシュボーンが採用されました。
5代目シビック セダン
(1991年-1995年)
5代目シビック セダンのEG型を販売。
4ドアセダンは「シビックフェリオ」の名称が付けられて、販売されました。サスペンションは改良が行われ、先代よりサスペンションストロークの長い4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションが採用されました。
6代目シビック セダン
(1995年-2000年)
6代目シビック セダンのEK型を販売。
4ドアセダンであるフェリオ「Vi」のパワーユニットには、低燃費かつ高出力な3ステージVTECが採用されました。
7代目シビック セダン
(2000年-2005年)
7代目シビック セダンのEU型を販売。
フェリオをベースとしたエンジンと電気モーターで駆動するシビックハイブリッドというハイブリッド車も販売されました。
8代目シビック セダン
(2005年-2010年)
8代目シビック セダンのFD型を販売。
日本国内では、売れ息が好調だった4ドアセダン(ハイブリッド車を含む)のみ販売されました。
9代目シビック セダン
(2011年-2015年)
9代目シビック セダンのFB型を販売。
この代は海外専売モデルで、日本国内では販売されませんでした。
10代目シビック セダン
(2015年-現在まで)
10代目シビック セダンのFC/FK型を販売。
日本市場では、8代目の販売終了から実に7年ぶりの販売再開となりました。日本向けセダンの駆動系には、「1.5L直噴VTEC TURBOエンジン」+「無段階変速機(CVT)」が採用されています。

 

ナビクル車査定

page top