ホンダ フリード(FREED)売却時の買取相場価格

フリード買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのフリード

【フリード買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
フリード 1G ジャストセレクション 2011年 8万km 35万円

かんたん車査定ガイド


 

フリードを売却した人の口コミ情報

 
私の家族は、夫である私と妻、そしてまだ乳母車に乗る赤ちゃんと、保育園に通う幼児の4人家族です。

全員が快適に乗れる車という事で、ホンダのフリードをチョイスしました。

赤ちゃんの為に後部座席の一席には、チャイルドシートを取り付けています。

家族全員で旅行をするのは、主に私か妻の実家に帰省をする時です。

今は都内に住んでいるのですが、私も妻も地方出身なので、高速道路に乗って長距離を移動しないと実家にはたどり着けません。
だから、ドライバーも同乗員も全員が快適にすごすことができる車が必要だったわけです。

このように家族全員になじみがあったフリードですが、購入をしてから7年目にクルマを買い替えることを決めました。

これから子供の学費が掛かるので、フリードからできるだけ維持費の掛からないコンパクトカーに買い替えた方が良いだろうと考えたからです。

フリードは極力高く売りたいので、スマホで見つけた中古車買取一括査定サイトを使って売りました。

複数の中古車買取業者から私のフリードを売却した場合の査定を貰うことができたので、その中で最高値を付けた買取業者に私のフリードを売りました。

我が家は母子家庭で、幼稚園に通っている子供が一人います。

子供の幼稚園への送迎と、私の仕事の通勤のためにフリードを使っています。

子供はいつも運転の邪魔をしない様に後部座席に乗せているのですが、広くてオモチャで遊びやすので、フリードを気に入っている様です。

夫とは、性格の不一致が原因で離婚をしたのですが、今乗っているフリードは実は夫から譲り受けたものです。

子供は車が広くて喜んでいますが、私と子供だけで乗るにはフリードは大きすぎます。

だから、もう少し小さいクルマに乗り換えるべく、フリードは売ることにしました。

下取りより、車買取店に売った方が高く売れるとの話を女友達から聞いていて知っていたので、私のフリードは近所に店舗があった中古車買取のガリバーに売りました。

フリードを高く売ることができたので、新しく購入した小型車の頭金にすることができました。

我が家は、小学生の男の子が二人いる4人家族です。

フリードは、我が家のファミリーカーとして購入をしました。

フリードは、最前列の左右シートの間、そして2列目の左右シートの間は、コンソールボックスの様な障害物が何もないので、歩いて行き来することができます。

ですから、極端な例を挙げれば、フリードでは運転中であっても助手席にいる人が3列目シートに移動することも可能です。

また、フリードは低床設計なので、体の小さな小学生でもクルマの乗り降りがしやすいです。

そのため、子供にはフリードは居心地がいいと高評価を得ています。

この様に家族ぐるみで愛用をしていたフリードですが、5回目の車検が来る前に、買い替えタイミングだと判断して、クルマを買い替えることにしました。

家にあるPCを使ってどこに売却すればよいのかをチェックしたのですが、インターネットから利用できる車買取見積サイトを使えば、愛車を高く売却できることが分かりました。

そのサイトに、我が家のフリードの情報を入れて暫くすると、複数の中古車買取業者から査定額の案内が来ました。

私は、その査定額を比較して、最も割の良い所に我が家のフリードを売却しました。

我が家は、子供が3人もいる5人家族です。

核家族が進む現在では、5人家族は大家族と言え、かなり珍しいと思います。

我が家の全員が乗り込むことができる車として、フリードを購入しました。

フリードは最大定員乗数が6名なので、家族全員が車に乗ることができます。

家族全員がそろうと、とてもにぎやかなのですが、私は賑やかな雰囲気が好きなので、時にはうるさいと感じる時もありますが子供が3人いて本当に良かったと日々感じています。

お正月には、妻の実家に帰省をして、お盆には私の実家に帰省することにしています。

その時は、家族全員でフリードに乗り込み、親に遭いに行くのを楽しみにドライブ旅行をエンジョイします。

このように、年に2回も長距離ドライブをしていたこともあり、購入をしてから8年目で過走行車となったので、クルマを買い替えることにしました。

フリードは廃車にせざる負えないかなぁと考えていたのですが、新しく車を買った自動車販売会社に下取りについて打診をしたところ、ほぼ無価値に等しかったですが下取り車として引き取ってもらうことができました。

もし、下取りがNGで廃車となっていたら廃車費用が掛かっていたので、下取り料金が安くてもしょうがないと感じています。
 

フリード(FREED)のスペック(現行モデル)

 

フリードの前斜め部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 5ドア コンパクトミニバン/5ドア トールワゴン 188-315 6or7(フリード)/5(フリード+)
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,496 17.6-19.0(ガソリン車)/25.2-27.2(ハイブリッド車) 直列4気筒(直噴)DOHC 131(ガソリン車)/エンジン:110+モーター:29.5(ハイブリッド車)
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
155(ガソリン車)/エンジン:134+モーター:160(ハイブリッド車) 4,265-4,295x1,695x1,710-1,735 1,340-1,510 FF/4WD

 

フリード(FREED)の概要

 

FREED

フリード(FREED)は、ミニバンタイプの小型乗用車で本田技研から販売されています。

特徴

  • 軽快で躍動感のあるエクステリア
  • インパネには木目調のパネルを採用しており、温かみのある心地よい空間としている
  • 室内空間は広いので、快適に過ごせる
  • 後部のスライドドアは開口部が広いので、後席への乗り降りがしやすい
  • 2列目シートはロングスライドが可能で前後方向に36cm移動可能
  • 最前列の席から最後尾の席まで車両の中央部を歩いて移動できる「ウォークスルー」
  • 3列目シートは左右に跳ね上げが可能で、荷物スペースに変更可能
  • リアゲート開口部は大口で大きな荷物も楽に積み込み可能
  • 地面と荷室フロアの差が48cm(FREED+は33.5cm)とあまりないので、重い荷物も苦労することなく積み込みが可能
  • シートアレンジにより、リラックス空間にも大きな荷室にも変更可能
  • 前席、後席共に使いやすい収納トレイやポケット、ドリンクホルダーを配置
  • ミリ波レーダーと単眼カメラを駆使して、安全運転や事故回避をサポートする「Honda SENSING」機能を搭載
  • 未然に事故を防ぐ指標である平成28年度自動車アセスメントの予防安全性能評価で、最高ランクの「ASV++」を取得
  • 交通事故防止対策の為に政府が啓発している「セーフティ・サポートカーS〈ワイド/ベーシック+〉」に該当
  • 加速時・ブレーキ時、そして旋回時に車が横すべりするのを押さえる「車両挙動安定化制御システム(VSA)」を搭載
  • 走行中に急ブレーキをかけた場合に、自動的にハザードランプを高速で点滅させることで、後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を搭載
  • 坂道発進でクルマが後ろに下がるのを抑える「ヒルスタートアシスト機能」を搭載
  • 平成28年度自動車アセスメント(JNCAP)で最高レベルの「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を受賞
  • 万一の衝突時に、乗員、相手車両の搭乗者、歩行者へのダメージを減らす「衝突安全設計ボディ」を採用
  • 運転席と助手席にホンダ独自の連続容量変化タイプi-SRSエアバッグシステムを採用
  • 全ての乗員の安全を確保するために全ての席に3点式シートベルトを装備
  • ハイブリッド車だけでなく、ガソリン車も低燃費を実現
  • 低重心化や高剛性リアサスペンションにより多人数乗車や高速道路でも安定した走りが可能
  • フロントウインドウの左右に三角窓を設置しており、斜め前方の視界も良好で、斜め方向の安全確認もしっかりと行える
  • 雪道などの滑りやすい路面でも安心して走れる4WDモデルもあり
  • 低燃費かつ環境に優しいフリードハイブリッド(Freed hybrid)というハイブリッド車もあり

モデルチェンジ変遷

初代フリード
(2008-2016年)
初代フリードのGB3/4/GP3型を販売。
ミニバン小型乗用車の「モビリオ」の後継車両として登場しました。ベースグレードの3列シート仕様の他に2列シート仕様の「FLEX」がありました。
2代目フリード
(2016年-現在まで)
2代目フリードのGB5/6/7/8型を販売。
3列シート仕様のフリードの他にフリードスパイクとフリードFLEXの後継として2列シート仕様のフリード+(FREED +)が発売されました。フロントウインドウを特徴的な形状とすることで、ドライバーの上方視界を拡大しており、また、フロントコーナーウインドウを左右に設けることにより、斜め前方の視界も向上させています。

 

かんたん車査定ガイド

page top