ホンダ アクティトラック(ACTY TRUCK)売却時の買取相場価格

アクティトラック買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのアクティトラック

【アクティトラック買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
アクティトラック SDX 三方開 4WD 2016年 1万km 47万円

かんたん車査定ガイド


 

アクティトラックを売却した人の口コミ情報

 
私は、イチゴやミニトマトを栽培している農家です。

肥料やビニールハウスの資材の運搬、育てた野菜を出荷する為などにアクティトラックを使っていました。

アクティトラックのシートは軽トラなので、固めで決して座り心地の良い物ではありませんが、運転席の各種ボタンは大型なので、軍手などをハメていても操作しやすかったです。

アクティトラックは、軽トラなのでパワフルさはありませんが、フロントガラスが大きく視認性が良いので運転がしやすいかったです。

私のアクティトラックは古くなったので、現在は別の自動車メーカーの軽トラに乗っているのですが、アクティトラックはインターネットを使って売却をしました。

車買取一括サイトで、自分のアクティトラックの情報を入れたのですが、数日すると計4社のクルマ買い取り会社から買取の査定額の案内がありました。

私は、最も好条件の所に、自分のクルマを売ることで、高めの値段でアクティトラックを売ることができました。

僕は、軽トラを使った運送業を営んでいます。

アクティトラックの荷台部分には帆を掛けて、雨が降った時でも引っ越し荷物を濡らすことなく運べるようにしています。

軽トラの良い点は、車両本体価格、ガソリン代、自動車税、重量税が安いので、経費が少なくて済み、お客様に格安料金で引っ越しサービスを提供出来ることです。

アクティトラックの様な軽トラだと、家族単位の引越しは厳しいですが、独身者、単身者の引越しには十分な積載性能があります。
ほぼ、毎日、引越業務にアクティトラックを使っていたので、7年ぐらいで過走行車となってしまいました。

アクティトラックは買い替えが必要となっていたので、同じような軽トラを新車で買いました。

今まで使っていたアクティトラックは、下取車として新車を買った自動車販売会社に渡したので、新車は大幅割引をしてもらうことができました。

私の家は、代々続く米農家です。

アクティトラックは、草刈り機などの農業機械や藁の運搬など様々な農作業の為に使っていました。

正直言って、軽トラはどこの自動車メーカーの物でもあまり変わり映えしない様な気がしていますが、ホンダは畑を耕す耕運機を作っているので、農業について理解しているだろうと思って買いました。

アクティトラックは、エンジンが前輪と後輪の真ん中に搭載されているミッドシップマウントなので、安定した走りが出来ている様な気がします。

そんな私の家族の農作業を力強くサポートしてくれていたアクティトラックですが、5度目の車検が来る前に、軽トラを買い替えることを決心しました。

ボディに錆などが目立ち始めたからです。

私の家のアクティトラックは低年式車なので、廃車にせざる負えないのではと考えていました。

ですが、スマホのネット検索で見つけた中古車買取一括見積サイトを使うことで、なんとかアクティトラックを売ることができました。

廃車となると処分費用で数万円が掛かると思うので、売れたことでほんのわずかでもお金になってくれたので、とても助かりました。

私は、廃品回収やちり紙交換で生計を立てています。

仕事には、一般の方から回収をした物を運ぶために、2トントラックと軽トラのアクティトラックを使っています。

アクティトラックは、主に古新聞や古雑誌を回収する為に使っています。

私が使っているアクティトラックはAT車です。

ですから、ゆっくり走るのはスリープ現象を使っています。

スリープ現象とは、ブレーキから足を離したら、ゆっくりと車が前に進む現象のことです。

超低速で走るのですが、長い時間走るので、年間の走行距離はかなりの距離となります。

新車で買っても8年程度で走行距離が10万kmぐらいまで達することも度々です。

アクティトラックを含め、走行距離がかなり行った軽トラは買い替えをしています。

売る時はいつもパソコンを使って、インターネット中古車買取査定サイトを介して売却をしています。

このサイトを使うことで、思いのほか高額で自分のクルマを売却することができます。
 

アクティトラック(ACTY TRUCK)のスペック(現行モデル)

 

アクティトラックの上部リア斜め

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 2ドア軽トラック 82-120 2
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
660 16.2-18.4(JC08) 直3SOHC 45
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
59 3,395x1,475x1,735-1,745 760-820 MR/4WD

 

アクティトラック(ACTY TRUCK)の概要

 

ACTY TRUCK

アクティトラック(ACTY TRUCK)は、生産はホンダオートボディー、販売は本田技研工業で行われている軽トラックです。

特徴

  • 荷台の長さは194cmX幅は141cmで、みかんコンテナだと13個X4段積みで合計52個も積載可能
  • 荷台は取り外し可能な3方開きのゲート
  • サビに強い亜鉛メッキ鋼板製ボディを採用しており、ボディ外板のサビ保証3年、穴あきサビ保証5年の保証期間あり
  • 機能性を追求したシンプルなボディ
  • 文字表示もスイッチの形状も大きくて操作性の良いパネル
  • 幅の狭い道や障害物の確認もしやすい良好な視界
  • 運転席側はシートスライドが可能で開放感のあるゆとりある広さ
  • 運転席と助手席間は床がフラットなので両席間の移動が楽
  • 運転席と助手席のフロントピラー部分に乗り降りする際に掴むことができる「アシストグリップ」を装備しているので、乗り降りが楽
  • 最小回転半径が3.6mなので、狭いカーブも楽に曲がれる
  • 前輪と後輪の間の距離が短いショートホイールベースなので、車の底部が地面に接触しにくい
  • エンジンは前後輪の間にあるミッドシップリアドライブ方式なので、キャビン内は静かで、常に安定した走りが可能
  • 荷物を満載した時でもパワフルに走れる「HYPER 12-VALVEエンジン」を搭載
  • 4WD車は、路面状況により2WDと4WDを適切に自動切換えするリアルタイム4WDを採用
  • 急制動を行った際に車輪ロックを防ぎ、短い距離で安定して車を停止させるための電子制御制動力配分システム(EBD)付き4輪アンチロックブレーキシステム(ABS)を搭載
  • 運転席側に、衝突事故時に優しく膨らむ連続容量変化タイプのi-SRSエアバッグシステムを搭載
  • 前方からの衝撃を検知してシートベルトの巻取りを強め、その後一定の荷重がかかると巻取りを少し緩めて胸への負担を減らす3点式ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルトを装備
  • 56km/hオフセット衝突法規をクリアした安全ボディを採用
  • 平成19年排出ガス規制に適合しているので、自然環境に優しい

モデルチェンジ変遷

初代アクティトラック
(1977年-1988年)
初代アクティトラックのJB/VD/VH/TA/TB/TC型を販売。
TN7の後継車種として、550ccエンジンを搭載して販売されました。マイナーチェンジなどに於いて、AT車やキャビンを10cm延長した「ビッグキャブ」、エンジンを前後輪間に搭載したミッドシップ4WDが登場しました。
2代目アクティトラック
(1988年-1999年)
2代目アクティトラックのHH1/2/3/4/HA1/2/3/4/5型を販売。
先代では4WD車は、パートタイム4WDだったが、この代では構造がシンプルなリアルタイム4WDとなりました。マイナーチェンジでは、軽自動車規格の変更に合わせて、エンジンの排気量が660ccに拡大され、全長は10cm延長されました。
3代目アクティトラック
(1999年-2009年)
3代目アクティトラックのHH5/6/HA6/7型を販売。
1998年の軽自動車規格改定を受けて、フルモデルチェンジが行われました。乗員が乗るキャビンはセミキャブオーバータイプでクラッシャブルゾーンを大きくとっているため、その分、荷台長が短めとなっています。
4代目アクティトラック
(2009年-現在まで)
4代目アクティトラックのHA8/9型を販売。
キャビンはフルキャブオーバータイプとなり、室内スペースの拡大が図られました。ホイールベースの短縮とフロントタイヤの切れ角を大きくしたことにより、小回り性能が向上しています。また、特装車として、ダンプやリフターなどの「パワフルシリーズ」、保冷車や冷凍車、ドライ車などの「フレッシュデリバリーシリーズ」があります。

 

かんたん車査定ガイド

page top