ホンダ CR-V売却時の買取相場価格

CR-V買取相場価格を知りたい方へ

 

ホンダのCR-V

【CR-V買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
CR-V フルマークiG 2003年 12万km 11万円

ナビクル車査定


 

CR-Vを売却した人の口コミ情報

 
私は、豪雪地帯の新潟に住んでいます。

夏場はすごく過ごしやすい地域なのですが、冬は一晩でドカ雪が積もることがあります。

まれに、除雪車が道路の雪を取り除く前に道路を走ることがあります。

そんな時でも安心して走ることができることを考えてCR-Vを購入しました。

CR-Vには前輪駆動のFF車と4輪駆動の4WD車が販売をされているのですが、私が購入したのは悪路でも走破性の良い4WD車です。

例え、大雪が降ったとしても、それを理由に会社を遅刻するわけにはいきませんからね。

この様に、自分にとって頼もしいクルマだったCR-Vですが、走行距離が8万kmに達した時に別の4輪駆動車に乗り換えることを決めました。

CR-V自体はとても気に入っていたのですが、さすがに古さが目立ち始めたからです。

今まで愛用してきたCR-Vは、スマホで売却先を探しました。

私がCR-Vを売った先は、中古車の一括査定ができるクルマ買い取りサイトです。

そのサイトで売ったことで、CR-V同年式車の中古車オークションでの売値より高い値段で私のCR-Vを売ることができました。

僕は、釣りが好きでよく川や海に釣りに出かけます。

その時に移動手段として使っているのが、CR-Vです。

CR-Vは会社へ行くためと、趣味の釣りに行くための移動を主な目的として購入をしました。

CR-VはSUVなので、例え砂浜を走らなければならなくなった場合でもスタックしないだろうと考えたからです。

また、CR-Vはドライバーの目線が高くなる位置にシートが配置されているので、クルマ周辺の見渡しが良く、ドライバーは周囲に注意を払いやすいです。

僕のCR-Vは、通勤と趣味で大いに活躍してくれましたが、かなり走り込んだため別のクルマを新たに購入することにしました。

今まで使ってきたCR-Vは、誰でも思うことですが僕も高く売りたいと考えました。

パソコンで中古車を高額売却する方法について調べたら、インターネット中古車一括見積サイトを利用することを推奨していました。

僕の愛車だったCR-Vのデータをそのサイトに入力したところ、2〜3日後に複数の中古自動車買取会社から僕のCR-Vを買いたいとの申し出がありました。

僕は、最も自分にとって有利な条件を提示してくれた中古自動車買取会社に自分のCR-Vを売りました。

僕の家庭は、妻と高校生の子供が一人いる、3人家族です。

僕も含めて家族全員がキャンプが好きなので、CR-Vに乗って、週末や連休の時にはキャンプに出掛けます。

キャンプ場の駐車場にCR-Vを停めて、まず初めにテントを設営します。

その後、CR-Vからキャンプ用の炊飯用具、食材を降ろして食事の準備を始めます。

炭火でご飯を炊き、そのあとに大抵の場合は、お肉と野菜を網で焼くバーベキューをします。

バーベキューは食材を包丁でカットして焼くだけなので、手軽だからです。

この様に我が家のキャンピングに欠かせない存在だったCR-Vでしたが、買ってから10年を超えた時に、次のクルマを買うことにしました。

次に乗る車は、ハイブリッドカーのSUVにしたのですが、その下取車としてCR-Vは自動車販売会社に引き渡しました。

下取りより、車買取専門店に売った方が特になったかもしれないと知ったのは、CR-Vを下取りに出した後でした。

かなり先の話しになりますが、新しく購入したクルマを手放す時が来たときは、しっかりと売り先の検討をしようと思いました。

僕は両親と同居をしていて、そのほかに妻と二人の子供がいます。

今としては珍しい6人という大家族です。

家族全員が乗って移動ができる様にという事で、7人乗りが可能なCR-Vを購入しました。

お正月やGW、お盆休み、そして3連休などがあった時には、毎回ではないですが、年に最低でも2回は家族全員で旅行に出かける様にしています。

旅行に行くと、家族間のコミュニケーションを図ることができ、家族の絆がより深まると感じています。

CR-Vは、我が家の良好な人間関係を築くのに一役買ってくれていました。

その後、我が家のCR-Vは新車で買ってから5回目の車検を迎える前に、家族全員が乗れる別のクルマに買い替えをしました。

我が家のPCを駆使してCR-Vをどこに売ればよいのかを検討したのですが、中古車一括査定サイトを使えば高く売ることができることが判明しました。

そのため、そのサイトで我が家のCR-Vの査定をお願いしたのですが、廃車にしなければならないほど古いクルマにも関わらず、2社から買い取り可能との連絡を貰うことができました。

僕は、その2社を比較して、より条件の良い方に我が家のCR-Vを売却しました。
 

CR-Vのスペック(現行モデル)

 

CR-Vの前部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ホンダ技研 SUV 257-284 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,997/2,354 14.4/11.6 水冷直列4気筒 150/190
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
191/222 4,535x1,820x1,685 1,460/1,540 FF/4WD

 

CR-Vの概要

 

シーアールブイ

CR-Vは、ホンダが販売している中型クロスオーバーSUVです。

特徴

  • 空力抵抗を低減させることにこだわったボディスタイルを採用しています。
  • 広々としていて過ごしやすい上質な室内空間です。
  • リアドア部分の開口範囲が広く、かつ位置が低いので荷物の出し入れが楽にできます。
  • 国土交通省による自動車の安全性能総合評価で最高評価を獲得した、安全モノコックボディを採用しています。
  • 無段変速オートマチック(トルクコンバーター付CVT)で、変速ショックのない滑らかな加速を実現しています。
  • 燃費の良いエコ運転をするためのサポート機能を搭載しています。
  • 低燃費を重視される方の為にハイブリッド車もあります。

モデルチェンジ変遷

初代CR-V
(1982-1985年)
初代CR-VのST41V型を販売。
コストダウンのためにホンダのステーションワゴン「オルティア」とエンジンやシャシーなどが共通化されています。販売当初はAT車のみで、運転席のハンドル軸にシフトチェンジのレバーが付いたコラムシフトを採用しました。また、パーキングブレーキがステッキ式となっていました。そのため、運転席と助手席の間のフロアを歩くことが出来たので、前席と後席の行き来が楽にできました。その後、MT車が販売をされましたがMT車として一般的なフロアシフトとサイトレバー式のパーキングブレーキを採用したため、MT車では運転席と助手席の間の歩くことができるスペースは無くなりました。
2代目CR-V
(1985-1991年)
2代目CR-VのDA41V/DB41V/DA51V/DB51V型を販売。
外観デザインは先代を踏襲しています。4WDシステムはより最適化が行われました。便利な装備として、フタ付きのインパネ・マルチボックスが実装をされています。インパネ・マルチボックスは小物入れとして利用できるだけでなく、エアコンの熱を利用してペットボトル飲料などを温めたり、冷たくしたりすることができます。
3代目CR-V
(1991-1998年)
3代目CR-VのDE51V/DF51V型を販売。
エクステリアの変更が行われ、リアがボックス形状から丸みを帯びた形状に変更をされました。車幅が4cm程広くなり、小型SUVから中型SUVに進化しました。リアゲートは先代までドア式の横開きだったものが、縦方向の跳ね上げ式に変更をされました。それに伴い、先代でリアドア部分に取り付けられていたスペアタイアは、荷物室床下に置く様に変更をされました。エンジンのパワーアップも図られており、機動力が増しました。
4代目CR-V
(2015年-現在まで)
4代目CR-VのDA17V/DA17W型を販売。
フロントバンパーは曲線形状で丸みを帯びておりフロントボディの丸みと一体となっています。また、先代より大きめのラジエターグリルとなっており、パワフルな印象を受けます。リアドア部分のガラスは、大きな曲率の物を採用しており、独特のリアフォルムを作り出しています。先代よりキャピン空間が広がったので、居住性が高まりました。新開発の電子制御式リアルタイム4WDを搭載しています。

 

ナビクル車査定

page top