日産 ティアナ(TEANA)売却時の買取相場価格

ティアナ買取相場価格を知りたい方へ

 

日産のティアナ

【ティアナ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ティアナ XE 2014年 2万km 70万円

ナビクル車査定


 

ティアナを売却した人の口コミ情報

 
僕は、毎日の通勤用としてティアナに乗っています。

個性のあるユニークなフロントデザインと、エレガントかつ落ち着いた雰囲気のあるシックな内装が気に入って、ティアナにしました。

ティアナの外装塗料は何重にも上塗りされているのですが、最上位の層にはスクラッチシールドが施されて、洗車など日常の使用で付いた細かい傷は自動的に復元される点も、とても良いです。

僕は、既に結婚をしているのですが、まだ子供はいなくて妻と二人暮らしです。

ティアナは普段は通勤の為に使っていますが、週末は夫婦でデートドライブをすることがあります。

ティアナに乗って、お洒落なイタリアンレストランに食事に行くこともありました。

この様に、夫婦円満にも役立ってくれていたティアナですが、購入をしてから10年経った時に、良い区切りだと思い、今流行りのハイブリッドカーに買い替えをしました。

ティアナはネットで調べた車買取一括見積りサイトを使って売却をしました。

このサイトを使えば高額売却できるとネット上に情報があったのですが、実際にティアナを売ってみると評判通りに高い値段で売ることができました。

私は会社員で定年前までは、会社に通勤をする為に日産のティアナに乗っていました。

ティアナの良い点は沢山ありますが、その最たるものが安全性能が高いという事だと思います。

ティアナには車の周囲を移動する物を検知するシステムが備わっているので、駐車場に車を出し入れする際も周囲の人を把握しやすくなっています。

また、今ではどのクルマにも付いている、衝突回避自動ブレーキも備わっています。

車は高速で動き、交通事故の被害者だけでなく、加害者にもなり得るので、車で最も重要な機能は安全性の高さだと私は考えています。

自分が安全に移動するのを支援してくれていたティアナでしたが、月日が流れて4回目の車検を迎える際に車検前に、ティアナを売りました。

ティアナの安全性能には満足をしていましたが、定年となって年金暮らしとなっていたので、維持費の安いよりコンパクトなクルマに乗り換えることにしました。

年金以外には収入がなかったのでティアナは高く売る必要がありました。

スマートフォンで中古自動車を高く売るための方法について調査をしたのですが、ネット中古車買取一括査定サイトを使うと良いことが分かりました。

そのサイトで私のティアナを売却したところ、かなり良い値段で売れたので良かったです。

私は、40代で税理士事務所を営んでいます。

仕事用の営業車としてティアナを購入しました。

私の事務所に来るお客様はお客様自身のクルマで来られる場合が多いのですが、お客様の中には自分の所に来て欲しいという要望をお持ちの方もおられるので、客先に出向くためのクルマとしてティアナを購入しました。

ですから、ティアナのガソリン代、車検代、各種の保険代、駐車場代、その他諸々の維持費は全て経費で落とすことができました。

私が購入したティアナは車両本体価格が300万円弱だったのですが、高級セダンと比較すると安い価格帯でありながらインテリアにはかなり高級感がありました。

そのため、私はティアナをコストパフォーマンスの良いクルマだと思ったので買いました。

ティアナには7年乗り続けて、その後、新しいクルマに乗り換えをしました。

少しでもお金を節約したかったので、パソコンで調べたインターネット中古自動車買取一括見積サイトを使ってティアナを売りました。
調べた結果、このサイトでは多くのクルマ買取業者から査定額を貰うことができ、比べた上で売却できることが分かったからです。

上手にティアナを売ることができたので、私のクルマの乗り換えは大成功だったと思います。

ティアナを初めて見たときは、大人のためのセダンという印象を持ちました。

ティアナのフロントフェースは、今までのクルマにない斬新なデザインだったのでインパクトがありました。

また、内装はクリーム色がメインで、欧州車の様な高級感を醸し出していました。

さらに、ドライバー席前のフロントパネルは大口径のアナログメーターなので、視認性に優れていると感じました。

そしてティアナはAT車なので、運転操作も楽にできます。

ティアナは、トータル的に優れていると思ったので買いました。

私は、妻と高校生になる息子一人の三人暮らしです。

普段は私の通勤用として、週末は妻を連れて買い物の為に、そして、お正月やお盆は家族三人で私もしくは妻の実家に帰省するためのクルマとして、ティアナをフルに使っていました。

ティアナは家族からも愛されていたクルマでしたが、5回目の車検を受ける前に売却することを決めて新車を買うことにしました。

新車を購入した自動車販売会社で、私が愛用していたティアナは下取りしてもらうことができました。

下取りのクルマがあったので、新車は大幅に料金の値引きをして貰うことができました。
 

ティアナ(TEANA)のスペック(現行モデル)

 

ティアナのリア部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
日産自動車 4ドアセダン 256-351 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,488 14.4(JC08) 直列4気筒DOHC 173
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
234 4,880x1,830x1,470 1,460-1,480 FF

 

ティアナ(TEANA)の概要

 

TEANA

ティアナ(TEANA)は、ミドルクラスよりちょっと上の高級大型セダンで、日産自動車が製造と販売を行っています。

特徴

  • 大口径かつ立体的なフロントグリルで風格のあるフロントフェイス
  • Sラインを施したモダンで優雅さのあるボディデザイン
  • 助手席には足載せソファーのオットマンを装備しており、リラックスができる
  • 洗車などによる細かいボディ傷は、スクラッチシールドの塗料により、ほぼ元の状態に自動修復
  • 新開発リヤマルチリンクサスペンションにより、乗り心地の良さと安定した操縦性能の向上を両立
  • コーナーでクルマが外側に膨らむのを防ぐアクティブトレースコントロール機能を搭載
  • 低中速トルクを強化した新開発QR25DEエンジンにより、街中では機敏に走り、郊外では追い越しの際にパワフルな加速が可能
  • スムーズな走りと低燃費を実現する新世代トランスミッションのエクストロニックCVTを搭載
  • 「日常的な運転に向いたドライブモード」、「スポーティな走りを可能とするDsモード」、「低燃費走行のECO」モードという3つの走行モード
  • 車両の軽量化により、燃費性能、加速性能、減速性能の向上を実現
  • 前方に歩行者や車両を検知して、衝突の可能性がある場合には自動で緊急ブレーキを掛ける「エマージェンシーブレーキ」を搭載
  • 駐車場などでの低速走行時に、誤操作により壁などに衝突しそうな場合に衝突を回避する「踏み間違い衝突防止アシスト」機能を搭載
  • 見通しの悪い状況でもスムーズな駐車を可能とする、クルマの周囲の安全確認ができるアラウンドビューモニターを搭載
  • クルマ周辺の動く物を検出して、ドライバーに警告表示とブザーで知らせる移動物検知(MOD)を搭載
  • スピードメーターとタコメーターに視認性の良い大径メーターを採用
  • 4インチのカラーディスプレイに車両情報を表示するアドバンスドドライブアシストディスプレイを搭載
  • リアスペースは大人3人が座ってもゆとりを持てるように膝周辺と足元スペースに余裕ある空間を配置
  • 万一、事故で衝突した場合を考えて、生存空間を確保するゾーンボディと歩行者障害軽減ボディを採用

モデルチェンジ変遷

初代ティアナ
(2003年-2008年)
初代ティアナのJ31型を販売。
ローレルやセフィーロを継承する世界戦略車として、日本だけでなく欧州を除く世界各国で販売されました。助手席はソファー感覚で快適に座ることができるオットマンシートが採用されました。
2代目ティアナ
(2008年-2014年)
2代目ティアナのJ32型を販売。
日産の中大型FF車用のDプラットフォームを用いて開発が行われ、静粛性の向上と衝突時の衝撃吸収の改善が行われています。また、セダンとしては最高レベルのボディ剛性を誇っており、走りの安定性向上にも寄与しています。
3代目ティアナ
(2013年-現在まで)
3代目ティアナのL33型を販売。
日産が北米を中心として販売しているアルティマとボディを共有化することで、コストの低減を実現しています。また、世界初のコネクトブッシュを採用した新開発のリア・マルチリンク・サスペンションを搭載することで、走行性能の向上を実現しています。

 

ナビクル車査定

page top