日産 NT450アトラス(NT450 ATLAS)売却時の買取相場価格

NT450アトラス買取相場価格を知りたい方へ

 

日産のNT450アトラス

【NT450アトラス買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
NT450アトラス 平ボディ ワイドキャブ ロング 2014年 4万km 212万円

かんたん車査定ガイド


 

NT450アトラスを売却した人の口コミ情報

 
私は、地元で運送業を行っています。

社員10名ほどの零細企業ですが、なんとか厳しい経営環境の中、生き残っています。

法人と家庭持ちの個人の方の引越し業務を主に承っています。

その引越し荷物を運ぶ為に使っているのが、NT450アトラスです。

NT450アトラスは荷台が広いので、大家族の引越しの場合でも、1台に全ての家財道具を積み込むことができます。

また、規模の大きい法人の場合は、複数台のNT450アトラスで引越しを行っていました。

NT450アトラスは業務用車として利用していますが、安全面を考えて約8年程度でクルマの入れ替えをしています。

我が社がクルマを購入する自動車販売会社は決まっているので、今まで利用してきた古いNT450アトラスは下取りとして引き取ってもらい、新しいNT450アトラスを納品して貰っています。

いつも利用している自動車販売会社なので、法人価格でかなり安い値段で新しいクルマへの入れ替えを実現できています。

私は、自営業として、砂利などの土砂や除雪した雪の運搬作業を行っています。

土砂や雪を運ぶためのクルマとして使っているのが、NT450アトラスのダンプ車です。

私は豪雪地帯に住んでいるので、夏場は土砂、そして冬場は除雪した雪を運ぶことが多いです。

基本的にダンプカーがあれば出来る仕事なのですが、下請け仕事なので、仕事を貰う方にかなり苦労をします。

こんな感じで私の生計を立てるので役立ってくれていたNT450アトラスでしたが、購入をして10年ぐらいで荷台の傷みやサビが目立ってきたので買い替えることにしました。

今まで乗ってきたNT450アトラスは高く売りたかったので、知人から聞いて知っていた高くクルマを売ることができる車買取一括見積サイトで、私のクルマを売りました。

私のNT450アトラスは、あまり状態の良いクルマではありませんでしたが、それでもかなり良い値段で買い取りをして貰うことができました。

私は、地方で野菜農家を営んでいます。

小型トラクターなどの農機具の運搬や野菜の収穫・出荷をする為に、NT450アトラスを使っています。

私の所有しているNT450アトラスは、最大積載量が3トンなので、野菜などの軽い荷物だけでなく小型トラクターなどの重量物も積載することができるので、とても使い勝手が良いです。

私の農作業を大いにサポートしてくれていたNT450アトラスですが、購入をしてから4回目の車検をパスした後に古くなったので売り払いました。

そして、現在は、同じような中型のトラックに乗っています。

私はNT450アトラスを高く売りたいと考えていたので、家のパソコンで高く売るためにはどうすれば良いかを調べてみました。

その結果、中古自動車一括査定サイトで売ると高額で売ることができることが判明しました。

私は、中古自動車一括査定サイトで私のNT450アトラスの査定申込みをしたのですが、暫くした後に、合計3社の自動車買取業者から査定額の連絡が電子メールで届きました。

私は、一番条件の良かった自動車買取業者に私のNT450アトラスを売却しました。

私は、市内でチリ紙交換を営んでいます。

古新聞や古雑誌を回収して、それと引き換えにティッシュをお客様にはお渡ししています。

チリ紙交換の仕事は、「毎度おなじみ、チリ紙交換です。古新聞古雑誌などはございませんでしょうか。ございましたらお手数ですがお知らせください。」という放送と共にトラックでゆっくりと走ります。

そのための車として、NT450アトラスを使っていました。

NT450アトラスはAT車なので、ゆっくりと走るのもすごく楽でした。

私のビジネスパートナーの様な存在だったNT450アトラスでしたが、走行距離がかなり行ったので、買い替えることにしました。

新しく購入したクルマも中型のトラックですが、今まで使ってきたNT450アトラスを下取車として自動車ディーラーに提供をしたので、新しいクルマは大幅な値引き価格で購入することができました。
 

NT450アトラス(NT450 ATLAS)のスペック(現行モデル)

 

NT450アトラスの斜め前

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
日産自動車 2/4ドアトラック 442- 3/6/7
総排気量[L] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
3.0 9.0-11.6(重量車モード) 直接噴射式ディーゼルインタークーラーターボ 130/150
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
300/370 4,690-6,870x1,695-2,220x1,990-2,570 2,170-3,150 FR/4WD

 

NT450アトラス(NT450 ATLAS)の概要

 

ATLAS

NT450アトラス(NT450 ATLAS)は、日産自動車が三菱ふそうトラック・バスからOEM供給をうけて販売している2-4トンクラスのトラックです。

特徴

  • 前方視界の良い大きなフロントガラスが特徴的なフロントデザイン
  • 見やすいメーター類と扱いやすい大きめの各種操作ボタン
  • 高燃焼効率エンジンにクリーンディーゼルテクノロジーを採用することで優れた環境性能を実現
  • 微速走行が可能で、通常走行ではスムーズな走りと低燃費を実現する新世代のデュアルクラッチトランスミッションを採用
  • AT限定普通免許に対応したハンドルと2ペダルで操作が可能なドライバーインターフェース
  • ヒルスタートアシスト機能により、坂道発進でも車が後ろに下がることなく発進が可能
  • 四輪駆動車はフルタイム4WDを採用しており、悪路でも安定した走行を実現
  • 最小回転半径は標準ボディで5.1mなので、狭い町中でもスムーズな走行が可能
  • 荷台長は標準ボディで3.1mあるので、長さのある荷物も運搬が可能
  • 停車中のアイドリングを自動で停止する「アイドリングストップシステム」により、燃費を向上すると共に排出ガスや騒音を低減
  • シフトの切り替えでエンジン回転数を低く抑えることで、省燃費を実現するエコモードを搭載
  • 全幅・全高のボディサイズは、4ナンバーサイズの「標準キャブ」、1ナンバーサイズの「標準キャブ(ハイルーフ)」、積載効率をアップした幅広タイプの「ワイドキャブ(ハイルーフ)」から選択可能
  • 荷台長さは、「標準ボディ(荷台長3.12m)」、「セミロングボディィ(荷台長3.5m)」、「ロングボディィ(荷台長4.35m)」、「超ロングボディィ(荷台長5.0m)」から選択可能
  • 荷台の高さが標準より低い「フルスーパーロー(荷台高0.87-1.0m)」を選択可能
  • 積み荷に優しい木製荷台を選択可能
  • 運転席と助手席間に障害物がないので、ドライバーは助手席側ドアからの乗り降りも容易
  • ドライバーの好みに合わせてステアリングを上下・前後に調整できる「チルト&テレスコピックステアリング」を搭載
  • 悪路や急ブレーキ、積載量が多い状態でのブレーキで走行が不安定となるのを防ぐ、アンチロックブレーキシステム(ABS)と電子制御制動力配分システム(EBD)を搭載
  • 万一、前面衝突が発生した場合に、被害を最小限にする為の運転席SRSエアバックシステムを搭載(助手席側はメーカーオプション)
  • ハイブリッドシステム搭載したハイブリッド車もあり
  • 特装車として、荷物の温度管理ができる「冷蔵・冷凍車」とクルマを荷台に載せて運搬できる「車載車」があります

モデルチェンジ変遷

初代アトラス
(1981年-1992年)
初代アトラスのH40型系を販売。
クリッパーとキャブオールの後継モデルとして、アトラス200・300を発売しました。
2代目アトラス
(1991年-1995年)
2代目アトラスのH41型系を販売。
パワーユニットには、3種類のディーゼルエンジンが用意されていました。
3代目アトラス
(1995年-2007年)
3代目アトラスのH42型系を販売。
いすゞ自動車から小型・中型トラックであるエルフをOEMとして供給を受けて、日産ブランドで販売を行いました。
4代目アトラス
(2007年-2012年)
4代目アトラスのH43型系を販売。
先代と同じくいすゞからエルフのOEM供給を受けて、販売が行われました。
5代目NT450アトラス
(2013年-現在まで)
5代目NT450アトラスのH44型を販売。
三菱ふそうトラック・バスからキャブオーバー型小型トラックのキャンターのOEM供給を受けて、日産のブランドで販売を行っています。

 

かんたん車査定ガイド

page top