マツダ タイタンダンプ(TITAN DUMP)売却時の買取相場価格

タイタンダンプ買取相場価格を知りたい方へ

 

マツダのタイタンダンプ

【タイタンダンプ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
タイタン ダンプ フルワイドロー ディーゼルターボ 2011年 10万km 98万円

かんたん車査定ガイド


 

タイタンダンプを売却した人の口コミ情報

 
僕はダンプ乗りです。

自営業として働いており、大手の土木会社から仕事を貰って生計を立てています。

僕がタイタンダンプを選んだ理由は、安全性能がとても優れていたからです。

プリクラッシュブレーキは、運転席の前部分に2個のカメラを搭載しており、前方の障害物を検知することで、自動的にブレーキを掛けるプリクラッシュブレーキが搭載されていました。

また車間距離を監視して、一定距離以下となった時は警告音でドライバーに知らせるという機能も備わっていました。

一度、交通事故を起こしてしまうと、仕事を貰えなくなる恐れもあるため、安全運転にはことさら気を使っています。

僕のタイタンダンプは購入してから5度目の車検を通した後に、売却をして新しい最新型のダンプカーに買い替えをしました。

車が古くなると事故発生率も高くなると考えたからです。

今まで仕事で使っていたタイタンダンプは、売れるなら売りたかったので、インターネット自動車買い取り一括査定サイトで売ることができないかを試してみました。

すると、2社から買い取りOKとの連絡がもらえたので、その2社を比べてより良い条件を出してくれたクルマ買取会社に僕のタイタンダンプを売りました。

私は、土建会社を経営しています。

会社では、トラックやダンプ、ショベルカーなどの工事に必要な重機を所有しています。

ダンプは、マツダのタイタンダンプを使用しています。

タイタンダンプはディーゼルエンジンを搭載しているので、エンジンが低回転の時でもトルクがあるため、重い荷物を積んで低速で走る時も安定して走ることができるからです。

タイタンダンプは、主に砂利や土砂の運搬に使っていました。

タイタンダンプには、1回の運搬で2トンぐらいの土砂を乗せれるので、クルマの傷みは一般の普通乗用車と比較すると早いです。

そのため、新車で購入をしてから8年ぐらい経った時に、ダンプを新しくする様にしています。

ダンプはいつも同じ自動車販売会社から購入をしており、ここ最近はタイタンダンプをリピート買いしています。

古いタイタンダンプは毎回、下取車として自動車販売会社に渡しています。

いつも利用している自動車販売会社なので、新車のタイタンダンプは大幅な値引きで購入することができます。

私は、重機専門のリース会社を経営しています。

ユンボやタンクローリー、ブルドーザーやダンプカーなどを取り扱っています。

当社で扱っているダンプカーは、マツダのタイタンダンプです。

リースは単発での貸し出しの他に、月や年単位での貸し出しもしています。

タイタンダンプなどの重機ごとに買い替えタイミングは異なりますが、タイタンダンプだと4〜6年ぐらいで買い替えをします。

ダンプカーの法定耐用年数は4年です。

そのため、新車のタイタンダンプを買った場合は、購入金額はその後、4年間掛けて経費にしています。

タイタンダンプを買い替える時は、今までリースしてきた古いタイタンダンプは、いつも車買取一括査定サイト経由で売却をしています。

このサイトを使えば、多くの車買取会社から買取額の査定を貰うことができるので、最高値で売却することができるからです。

タイタンダンプなどのリース車は耐用年数を経過した後に売却していますが、状態が良いクルマが多いので、比較的に良い価格で売却することができています。

私は、女ながらダンプカーを運転しています。

個人事業主として、土砂の運搬などの仕事を受けています。

私がちょっと前まで使用していたダンプカーが、マツダのタイタンダンプでした。

タイタンダンプのシフトチェンジは、レバーのアップダウンだけでできるシーケンシャルシフトなので、手軽にシフトチェンジができました。

また、モードを切り替えることで通常の自動変速(オートマ)にすることもできました。

ですから、女の私でも難なくシフトチェンジをすることができました。

タイタンダンプの運転席前のインパネは、大型メーターなので見やすく、またエアコンも装備をしているので、四季を問わずに快適に走ることができました。

私の仕事にとって欠かせないダンプだったタイタンダンプでしたが、乗り始めてからすでに10年以上経過をしていたので、別のダンプカーに買い替えすることにしました。

私のタイタンダンプはボディのヘコミなど、かなり傷みがありましたが、極力高く売りたいと思っていました。

スマートフォンを使ってどこに売ったらよいか調べたのですが、クルマ買取一括見積りサイトを利用すれば、高く売れることが判明しました。

そのサイトを使って私は自分のタイタンダンプの査定申込みをしたのですが、合計3社から買い取りできるとの良い返事を頂くことができました。

その3社の中で、一番高い買取額を出してくれたクルマ買取専門業者に私のタイタンダンプを買い取りして貰いました。
 

タイタンダンプ(TITAN DUMP)のスペック(現行 2WD標準ダンプ)

 

タイタンダンプの背面横部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
マツダ 2ドアダンプ 375-510 3
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,999 11.2(重量車モード燃費) 直列4気筒直接噴射式 150
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
375 4,690x1,695x1,970-1,980 2,525-2,665 2WD/4WD

 

タイタンダンプ(TITAN DUMP)の概要

 

TITAN DUMP

タイタンダンプ(TITAN DUMP)は、いすゞからエルフダンプのOEM供給を受けて、マツダで販売している商用車です。

特徴

  • 親しみやすさと力強さを持ちつつ、長く使っても色あせないシンプルな外装デザイン
  • インテリアはプロの仕事場として、視覚的にも機能的にも洗練された使い勝手の良い操作系を実現
  • 90度ワイドオープンドアで乗り降りが楽
  • 体格に合わせてステアリングの位置調整が可能な「チルト&テレスコピックステアリング」を搭載
  • スイッチ類は、大きさや形状、配置や取り付け角度にもこだわり、操作性を追求
  • キャビン内は遮音対策を施してあり、静かな室内を実現
  • 運転席・助手席共に視覚的な広さを拡大して、快適な居住性を確保
  • 様々な物を収納するためのポケットやショッピングフック、カードホルダーやカップホルダーを装備
  • 「平成27年度燃費基準+5%」を達成した優れた燃費性能
  • 「ポスト新長期排出ガス規制(平成22年排出ガス規制)」に適合した、高度な環境性能の低排出ガス車
  • 燃費性能と環境性能を高次元で両立した次世代ディーゼルターボエンジンを搭載
  • AT車はスムーサーオートシフトを搭載しており、走行状況に応じて自動変速と手動変速を切り替え可能
  • AT車は手動変速の時もクラッチ操作は不要で、操作ペダルはアクセルとブレーキのみ
  • AT車ではクリープを利用した微速走行で、渋滞時の走行や車庫入れなども楽
  • AT車でもMT車並みのエンジンブレーキが発生するので、下り坂でもブレーキペダルを頻繁に踏む必要なし
  • ECOスイッチを押すことで、省燃費自動変速を行うECONO(エコノ)モードを利用可能
  • 高い信頼性と耐久力のあるクラッチペダル付きのMT車も用意
  • 高品質な走行安定性と乗り心地を実現するインデペンデント・サスペンションを搭載
  • 滑りやすい路面でブレーキを掛けた際にタイヤをロックさせずに、安定感のある車両姿勢を維持しつつ停止するための「制動力アシスト機能付ABS」と「電子制御制動力配分システム(EBD)」を搭載
  • 坂道発進の時にブレーキペダルから足を離しても、ブレーキ力を暫く維持することでクルマの後退を防ぐ「ヒル・スタート・エイド(坂道発進補助装置)」を搭載
  • 優れた配光特性で夜間走行の安全を支える「マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ」を採用
  • 発進や加速の際のタイヤの空転を抑止して、安定した発進と加速を実現するための「アンチ・スリップ・レギュレーター」を装備
  • 車両盗難を防ぐ電子施錠システム「イモビライザー」を搭載
  • 広範囲な優れた視認性を有する「複合曲率アウトサイドミラー」により、安全確認を楽に行える
  • 万一の衝突事故に備えて、運転席と助手席には「SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルト」を装備
  • ステアリングは強い衝撃を受けた時に移動・変形することで衝突エネルギーを吸収する「衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール」を搭載
  • 省エネ運転の状況や総合燃費、区間燃費、電圧などのクルマに関する情報を表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」を装備
  • 部品の交換や整備時期を知らせる「メンテナンスインジケーター」を装備
  • 室内の温度調整ができるエアコンを装備
  • 4WD車にはパートタイム4WDを搭載しており、簡単に2WDと4WDの切り替えが可能
  • サビなどの腐食に強い耐候性鋼板を採用(一部モデルは除く)

モデルチェンジ変遷


初代タイタンダンプ
(2004年-2007年)
初代タイタンダンプを販売。
いすゞからエルフダンプのOEM提供を受けて、マツダブランドで販売を開始しました。
2代目タイタンダンプ
(2007年-現在まで)
2代目タイタンダンプを販売。
先代の外装デザインをほぼそのまま引き継いでいます。先代と同様にいすゞからエルフダンプのOEMの供給を受けて販売をしています。

 

かんたん車査定ガイド

page top