マツダ キャロル(CAROL)売却時の買取相場価格

キャロル買取相場価格を知りたい方へ

 

マツダのキャロル

【キャロル買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
キャロル GS 2017年 1万km 24万円

楽天 無料愛車一括査定


 

キャロルを売却した人の口コミ情報

 
私は、地元の高校を卒業後に、地元の大手スーパーに就職をしました。

そのスーパーに出勤する為に、新車で購入したのがマツダのキャロルです。

キャロルに決めた理由は、主に3つあって、一つは軽自動車なので維持費が普通自動車と比べると断然安いこと、二つ目は車両本体価格が消費税込みで100万円を切るという非常にリーズナブルなこと、そしてフロントガラスがUVカット仕様なので、日焼けを防いでくれることです。

キャロルは車両本体価格が安かったので、頭金なしで全額、自動車ローンで購入をしました。

キャロルは価格が安いだけあって、車内のインテリアは非常にシンプルですが、エアコンなど必要最低限の快適機能は備わっていたので、シンプルなものが好きな私にあったクルマでした。

私のキャロルですが、購入をしてから5回目の車検がやって来る前にクルマのいたる所で古さが目立ってきたので、軽自動車を乗り換えることにしました。

今まで使ってきたキャロルは高く売りたいと考えたので、スマホを使って高く売るためのやり方についてチェックしてみました。

チェックしたところ、ネットクルマ買取一括査定サイトを利用すれば、中古車をお得に売れることが分かりました。

私のキャロルもそのサイトを使って売ったのですが、古臭い感じのしたクルマだったけど、割と良い値段で買い取りをして貰うことができました。

私は、実家暮らしで、学校を卒業後は、フリーターとしてアルバイトで生計を立てています。

アルバイトなので収入は低く、年収で200万円程度しかありません。

そんな私でもクルマが欲しかったので、中古車のキャロルを購入しました。

中古車販売会社の展示場に行ったら、キャロルが破格値で売られていたからです。

約5年落ちのキャロルでしたが、展示場でエンジンをかけて貰った所、全く問題ないクルマだったので購入を決めました。

キャロルはバイト先に行くために、そしてたまに息抜きに友達と遊ぶのに使っていました。

キャロルに乗って、カラオケに行ったり、ボーリングをしたりと楽しみました。

そんな私のキャロルですが、中古で買ってから約7年乗った後、別の中古車を新たに買うことにしました。

キャロルの塗装の傷みやヘッドライトカバーの黄ばみが目立ってきたからです。

キャロルは廃車にするしかないのではと考えていたのですが、ダメ元で友達から聞いたインターネット車買い取り見積りサイトに買い取りの見積りを依頼してみました。

すると、買い取りOKとの返事をくれたクルマ買取専門業者が1社だけあったので、その業者に私のキャロルを買い取って貰いました。

廃車となると処分にお金が掛かるので、そうならずに売却することができて幸運でした。

私は未婚の母親で、保育園に通う男の子が一人います。

そんな私が乗っているクルマは、マツダのキャロルです。

キャロルは、主にパート先への通勤と子供を保育園に送迎するのに使っています。

乗る車をキャロルにした理由は、価格はリーズナブルだけど安全性能はしっかりと確保されていたからです。

交通事故による衝突を防ぐための「被害軽減ブレーキ」が搭載され、また万一衝突した場合の「エアーバッグ」も運転席と助手席部分に装備されていました。

そして、キャロルのボディには衝撃吸収ボディが採用をされているので、乗員へのダメージを軽減することができました。

キャロルは車両価格が安いにも関わらず、しっかりと安全性能は確保できていたので、安心して子供を乗せて運転をすることができました。

そんな私たち家族の足となって活躍してくれていたキャロルでしたが、年月が経って乗り換えの時期が来たので、次の軽自動車を買うことにしました。

スマートフォンでキャロルをどこに売ればお得に売れるのかを調べたのですが、中古自動車買い取り一括査定サイトを使うと良いことを知ることができました。

そのサイトでキャロルの査定を頼んだ所、その後、合計4社から買い取りできるとの連絡を貰えました。

私は、最も高額で買い取りしてくれる1社へ連絡を取って、キャロルを高値で買い取りして貰いました。

僕は大学生の時に、実家から地元の大学へ通うのにキャロルに乗っていました。

キャロルは、もともとは姉が乗っていたのですが、姉が車を買い替えしたので、そのお古を僕が譲り受けたものです。

キャロルは通学やサークル活動などで利用をしていました。

サークルでは、卓球部に所属していたのですが、遠征試合や合宿をするのにキャロルを使っていました。

キャロルは小さな車ですが、4人まで人を乗せることができるので、サークル活動では同期や先輩、後輩なども乗せてあげることができました。

その後、4年時に就職活動に入り、首都圏に本社のある大手電機メーカーに就職することが決まりました。

当分の間は、会社の寮で暮らすことになったので、キャロルは持っていくことができず、処分をすることにしました。

就職で引越しをする前に、キャロルは地元で営業していた自動車買い取り会社に売却をしまいした。

キャロルを売却して得たお金は、元々の所有者である姉に全額渡しました。

姉は思わぬお小遣いを貰えたことに、とても喜んでくれました。
 

キャロル(CAROL)のスペック(現行モデル)

 

キャロルのリアななめ

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
マツダ 5ドアハッチバック 84-112 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 27.2-37.0(JC08モード) 直列3気筒DOHC 49-52
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
58-63 3,395x1,475x1,475-1,500 610-700 FF/4WD

 

キャロル(CAROL)の概要

 

CAROL

キャロル(CAROL)は、3代目まではマツダで自社生産をしていましたが、4代目以降はスズキからアルトのOEM供給を受けて、マツダのブランドで販売をしている軽自動車です。

特徴

  • 特徴のある台形型のヘッドライトと丸っぽいボディで愛着のわくボディスタイル
  • ボディカラーは好みに合わせて7色から選択可能
  • インテリアはシンプルデザインで使い勝手が良い
  • 小物をすっきりと納めることができるドリンクホルダーやポケット、フックなどを装備
  • 車体リアの荷室にはバックドアを開けることで荷物の積み込みが可能で、荷室床下にはカー用品や傘などを収納できるアンダーボックスを装備
  • 日焼けを防ぐためのUVカットガラスをフロントウィンドウに採用
  • フロントドアは、開き角を3段階で調整できる「フロントドア中間2段ストッパー」を採用しているので、狭い駐車場でも乗り降りがしやすい
  • 最小回転半径はわずか4.2mなので、狭い道路や駐車場でも取り回しが楽
  • 立位から楽に乗降できる様にシートのヒップポイントは高めに、そして室内のフロアは低めに設計
  • ガラスエリアが広いので良好な視界を得ることができ、また開放感のある室内を実現
  • 優れた燃費性能でランニングコストを抑えることができ、自然環境にも優しい
  • 減速時のエネルギーを使ってオルタネーターで発電を行い、搭載しているリチウムイオンバッテリーと鉛バッテリーに充電することで、エネルギーを無駄なく利用
  • 軽量化による燃費性能の向上と衝突安全性を高めた「新軽量衝撃吸収ボディ」を採用
  • 大型のスピードメーターと大型の各種スイッチにより使い勝手が良い
  • デザインを損なうことなく走行時の車体の周りの空気の流れをスムーズにすることで、空力性能を向上させ、低燃費に貢献
  • パワーユニットには、「5速MT用のDOHC12バルブエンジン」と「AT車用のDOHC12バルブVVTエンジン」の2種類を採用
  • AT車のトランスミッションには、副変速機構付CVTを採用しており、変速比を最適化することで燃費性能を向上
  • 安定走行を実現する為に横滑り防止のための「ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム(DSC)」と発進や加速の際に駆動輪の空転を抑える「トラクション・コントロール・システム(TCS)」、ブレーキ踏力をサポートする「ブレーキアシスト」、ブレーキング時のタイヤロックを防ぐ「4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)」、 制動力を自動で前・後輪に配分して最適化する「電子制御制動力配分システム(EBD)」を装備
  • 前方向からの衝突で衝撃を受けた場合に、搭乗員を守る「SRSエアバッグシステム 運転席&助手席」を装備
  • チャイルドシートが必要な小さな子供を安心して乗せるための「リアシートISOFIX対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジ(左右席)&トップテザーアンカレッジ(左右席)」を装備
  • 衝突発生時に体をしっかりと拘束する高性能なシートベルトを装備(前席には、衝突時に瞬時にベルトを引き込むプリテンショナー機構と、その後にベルトを適度に緩めることで胸部への衝撃を和らげる可変ロードリミッターを装備)
  • 後方から低速で他車に追突された時に首に掛かる衝撃を減らすためのヘッドレストとシートバックを採用
  • 室内のピラーやルーフサイドには衝撃軽減構造を施しており、万一、頭部などがぶつかった場合でもダメージを軽減
  • ボンネット周りには衝撃吸収構造を採用しており、万一、歩行者と接触した場合に歩行者の頭部や脚部のダメージを軽減
  • セキュリティシステムが動作中に、不正操作で解錠されてクルマのドアが開かれた場合に、ホーンとハザードランプなどで警告を発する「セキュリティアラームシステム」を装備
  • 減速して13km/h以下でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」により、燃料を大幅に節約(一部モデルのみ)
  • 行政が推奨をしている安全運転サポート車の「サポカーS・ベーシック」に該当(一部モデルのみ)
  • 前方不注意による追突を自動ブレーキにより回避または被害を軽減する「レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)」とペダルなどの操作ミスで急発進して衝突するのを防ぐ「誤発進抑制機能」を装備(一部モデルのみ)
  • 急ブレーキを掛けたことを光の合図で後続車のドライバーに知らせる「エマージェンシーストップシグナル」を装備(一部モデルのみ)

モデルチェンジ変遷

初代キャロル
(1962年-1970年)
初代キャロルのKPDA/NRA系を販売。
2ドア車が販売され、翌年には4ドアが発売されて、ヒットとなりました。
2代目キャロル
(1989年-1995年)
2代目キャロルのAA系を販売。
スズキからアルトのプラットフォームとエンジンの供給を受けて、内外装はマツダで独自設計した車種です。丸くて可愛らしいボディデザインが女性に受けて、ヒットモデルとなりました。
3代目キャロル
(1995年-1998年)
3代目キャロルのAC系を販売。
ボディデザインの変更が行われ、先代より丸みが少なくなり、男性ユーザーにも受け入れやすい「可愛らしい」から「ユニークな」デザインに変わりました。
4代目キャロル
(1998年-2004年)
4代目キャロルのHB12S/22S/23S型を販売。
この代から、スズキからアルトのOEM供給を受けて、エンブレムなどの簡単な意匠変更を行って、マツダ車として販売をしています。
5代目キャロル
(2004年-2009年)
5代目キャロルのHB24S型を販売。
アルトのモデルチェンジに伴い、5代目が発売されました。アルトのグリルとエンブレムなどをマツダ用に変更して販売されています。
6代目キャロル
(2009年-2015年)
6代目キャロルのHB25S/35S型を販売。
ホイールベースが拡大され他ことにより、室内が広くなり、リアシートの快適性が向上しています。
7代目キャロル
(2014年-現在まで)
7代目キャロルのHB36S型を販売。
軽量化と高剛性を両立したプラットフォームが採用されて、衝突安全性や低燃費を実現しています。

 

楽天 無料愛車一括査定

page top