マツダ プレマシー(PREMACY)売却時の買取相場価格

プレマシー買取相場価格を知りたい方へ

 

マツダのプレマシー

【プレマシー買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ライフF 2006年 6万km 7万円

ナビクル車査定


 

プレマシーを売却した人の口コミ情報

 
僕は冬場には、スキーとスノボーを楽しみます。

その目的の為に使い勝手が良いクルマとして、マツダのプレマシーを選びました。

プレマシーはバンタイプのクルマなので、多くの荷物を積載可能です。

助手席と、その後ろの席を倒せば、スキー板もスノーボードも車内に載せることができます。

また、僕のクルマは後部ドアとリア部分のウィンドウはスモーク仕様にしているので、後部席に移動することで車内で着替えをすることができます。

プレマシーには2WDと4WDがありますが、僕が購入したのは4WD仕様車なので、雪道などの悪路にもすごく強いです。

この様に、僕がウィンタースポーツをするのを支援してくれていたプレマシーでしたが、古くなったので買ってから5回目の車検を通す前に、車を新しくしました。

次のクルマの購入負担を軽くする為に、プレマシーは高く売りたいと思っていました。

スマホで中古車を高額売却するための方法について調べたのですが、ネット中古車買取一括査定サイトを使えば良いと分かりました。

そのサイトで僕のプレマシーを売ったのですが、予想以上に高い値段で売れたので、クルマの乗り換えによる金銭負担がかなり軽くなりました。

僕はすでに結婚をしていますが、子供はいません。

妻とは平日は忙しくなかなかコミュニケーションを取れないので、週末に度々、コミュニケーションを取るという意味も兼ねてキャンプに出掛けています。

我が家のクルマは、プレマシーなので、この車でキャンプに行っています。

キャンプに持っていく物は、テントと寝袋、簡易テーブルとイス、そして、七輪と炭ですが、プレマシーの後席を前に倒すことで、これらの荷物を積むことができます。

キャンプの食事は、ほとんどの場合は、お肉と野菜を買って、バーベキューをします。

また、お米は飯ごうで炊くか、あらかじめおにぎりを作って持っていきます。

キャンプをすると共同で作業を行うので、お互いに連帯感が生まれる様な気がします。

普段、コミュニケーションを取れない分、キャンプではお互いにしっかりとコミュニケーションを取ることができます。

この様にキャンプは我が家の潤滑剤の様な役目を果たしてくれているのですが、そのキャンプを実現するために役立ってくれていたプレマシーは売却することにしました。

新車で購入をしてから10年近く経ってしまったので、クルマの替え時だと感じていたからです。

家にインターネットに接続したPCがあるので、それを使ってプレマシーを高額で売るための方法について調べてみました。

その結果、クルマ買取一括見積りサイトを使えば、中古のクルマを高く売れることが分かりました。

僕のプレマシーもそのサイトを利用して売却をしたのですが、複数のクルマ買取会社から査定額を提示して貰えたので、比べてもっとも良かったクルマ買取会社に自分のクルマを売ることができました。

私は、証券会社に勤めているOLです。

普段は窓口でお客様の対応を受け賜っています。

そんな私が通勤に使っているクルマがプレマシーです。

私は、現在、地方の支店に勤務をしているため、電車より車の方が会社に行くのに便利なので、プレマシーで通勤をしています。
窓口を受け持っていると、たまにお客様から罵声をあびることもあり、ただでさえ証券会社はノルマなどがありストレスが溜まりやすいのに、顧客から責められるとさらにストレスが溜まることになります。

私は、ストレスを溜め込むと精神的に病むタイプなので、精神的に辛いと感じた時は、会社の休業日にプレマシーに乗って海に出かける様にしています。

私にとってプレマシーは、精神面での健康を保つのに重要なツールでしたが、買ってから9年が経過した時に買い替えの時期が来たとすごく感じたので、別のクルマに買い替えをしました。

新しいクルマがあれば、それで海に行くことはできますからね。

今まで愛用してきたプレマシーは、スマートフォンを活用して、お得に売れるところを探しました。

探したことで、中古自動車買取査定サイトを使えば高く売れることが判明しました。

そのサイトを使った結果、合計6社の中古車買取会社から買取額の提示が電子メールでありました。

私は、各社の買取額を確認して、最高値を付けてくれた買取会社に私のプレマシーを売りました。

僕は、釣りが大好きです。

主に海釣りで、防波堤などの釣りポイントや時には海釣り用の船に乗ることもあります。

普段の通勤にもクルマは使うのですが、釣りをするにも適した車が良かったので、プレマシーを購入しました。

釣りをするには、釣り道具を運ぶ必要があるので、ラゲッジスペースの広いクルマが必要ですし、また海に行くという移動手段としても確実なクルマである必要があり、その要件をプレマシーは満たしていたので買いました。

釣りが趣味で良かったと思うときは、やっぱり釣果があった時です。

自分で釣った魚は焼き魚や煮つけ、フライ、そして時には刺身にして食べています。

そして、沢山の釣果があった場合は、友達におすそ分けをしています。

この様にプレマシーのおかげで充実した釣りライフを送っていたのですが、プレマシーが古くなってしまったので、クルマを買い替えすることにしました。

新車を買ったのですが、その下取りとしてプレマシーを自動車ディーラーに引き取ってもらいました。

下取車を用意できたので、新車はかなり値引きをして貰うことができました。
 

プレマシー(PREMACY)のスペック(現行モデル)

 

プレマシー

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
マツダ ミニバン 200-233 7
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1.997 16.2 水冷直列4気筒DOHC16バルブ 151
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
190 4,585x1,750x1,615-1,650 1,470-1,580 FF/4WD

 

プレマシー(PREMACY)の概要

 

PREMACY

プレマシー(PREMACY)は、マツダの7人乗りミニバンです。

特徴

  • プレマシーの後部座席用ドアは、使い勝手の良い両側スライドドアを採用しています。
  • シートを動かすことにより、多様な座席構成を構築することができます。
  • プレマシー独自の流れるような曲線デザイン「NAGARE」を採用した、アグレッシブルなボディ形状となっています。
  • 運転席前の速度メーターとタコメーターには、視認性の良い文字盤を使用しています。
  • センターパネルに3連式のダイヤルスイッチを配置して、手さぐりでスイッチ操作しやすい様になっています。
  • プレマシーは「カラクリ7thシート」を採用しているので、通常の6人掛けシートだけでなく、7人乗車にもシートを対応させることができます。
  • 2列目シートの座面下に小物類を収納できる「カラクリ収納ボックス」を装備しています。
  • 低燃費でありながらパワーのある新世代高効率直噴エンジン「SKYACTIV-G 2.0」を搭載しています。
  • ATでありながら、繋ぎの良いシフトチェンジと低燃費を実現した新世代高効率6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」を実装しています。
  • プレマシーはマツダ独自のスカイアクティブ・テクノロジーにより、トータルバランスが優れた車となっています。

モデルチェンジ変遷

初代プレマシー
(1999-2005年)
初代プレマシーのCP系を販売。
マツダ・プレマシー用のCPプラットフォームを用いて設計された5ナンバー枠サイズの小型ミニバンです。駆動系は、1.8リッターガソリンエンジンと4速コラムシフトATを組み合わせています。
2代目プレマシー
(2005年-2010年)
2代目プレマシーのCR系を販売。
全幅が長くなったためボディサイズは3ナンバー枠サイズとなりました。シフトレバー位置は、先代のコラムシフトからセンターパネル上にシフトチェンジレバーが付いているインパネシフトに変更をされました。後席ドアは先代のヒンジ式ドアからスライドドアに変更をされています。
3代目プレマシー
(2010年-現在まで)
3代目プレマシーのCW系を販売。
エクステリアには、「NAGARE(流れ)」と呼ばれる水や空気が流れているような個性的なデザインを採用しています。ボディの空気抵抗値が改善されており、その結果、高速で走行している時の燃費と静粛性が向上しました。安全性向上のためにアクセルとブレーキが同時に踏み込まれた場合に、ブレーキを優先させる「ブレーキオーバーライドシステム」を搭載しています。

 

ナビクル車査定

page top