家族名義の車でも売却できる?

 

家族

家族の代理で車の売却をしたい、あるいは亡くなった父が残した車を処分したい…。

このような理由から家族名義である車の売却をしなくてはいけないことがあります。

では具体的に、家族名義の車を売る時にはどのようにしたらいいのでしょうか?

かんたん車査定ガイド

 

家族でも自由にはできない

 
自分の車のように日常的に使用していても、実は所有権は家族だったなんてことはよくあります。

売る段階になって気付く人も多いのではないでしょうか?

自分名義ではない車は、例え家族のものでも勝手に売ることはできません。家族の代理で車の売却をするには、通常の書類以外にも必要な物を用意する必要があります。

車を売るときには基本的に、以下の書類が必要になります。

  • 名義人の印鑑登録書と登録実印
  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

家族の名義なので、印鑑登録書と実印は当然家族の物を用意しなくてはいけません。さらに名義人から依頼されたことを証明するために、「委任状」が必要になります。他にも車を譲渡することを証明するために「譲渡証明書」が必要になります。
 

所有者が亡くなっている場合は?

 
亡くなった家族が名義人の場合だと、委任状も作ることができません。

車は財産なので、財産を相続する人が車を売却する権利を持っています。相続人が1人であれば簡単ですが、複数いる場合は複雑になってきます。

相続人が複数いる場合は、まず代表相続人を決める必要があります。それから代表相続人の戸籍謄本、印鑑登録書、委任状、譲渡証明書が必要になります。そして相続人全員の印鑑登録書と委任状、遺産分割協議書も用意しなくてはなりません。

さらに亡くなった名義人の除籍謄本など、揃えるべき書類はたくさんあります。相続に関わることなので、弁護士など法の専門家に相談しながら車の売却手続きを進めて行った方がいいでしょう。
 

子供名義の車をその親が売却する場合

 
親は自分の子供の車であっても、自分の名前と異なる名義の車を勝手に売ることはできません。

子供名義の車を売る手続きは、基本的に他の代理売却と変わりありません。子供の委任状や印鑑登録書、実印が必要になります。

ただし、査定のみなら委任状などは必要ありません。まずはどれくらいの価格で売れるのかを査定で下調べしておいてもいいでしょう。車の売却が決まったらすぐに手続きができるように、査定を進めながら必要書類も用意しておくとよいです。
 

かんたん車査定ガイド