車の出張査定・買取のメリット・デメリットが知りたい!

 

出張査定

車の売却では、買取店のスタッフに来てもらう出張査定というサービスがあります。

出張査定にはどのようなメリット・デメリットがあるのかをチェックしてみましょう。

かんたん車査定ガイド

 

わざわざ出向かないでいい!

 
出張査定は、わざわざ買取店へ出向く必要がないのでとても楽です。

車の売却はやはり実物を見せてからじゃないと正確な見積りはできません。複数の買取店に車を持ち込むのは、時間も手間もかかります。その点、出張査定なら向こうからきてくれるので、わざわざ数店舗へ車を持ち込む必要がなくなります。

また、その場で納得のいく査定額が出れば、車もそのまま引き取ってもらうことができます。交渉がうまくいけば、見積りから入金までのスピードが一番早く済むでしょう。
 

気を使ってしまう出張査定

 
出張査定をすると、わざわざ出向いてもらったという引け目を感じる人もいます。

そのため早く結論を出さなくてはいけないなど、気持ちに焦りが出てしまう事が多いです。査定にくるスタッフも買い取る気でいるので、そのプレッシャーもあります。そのため、少々不満が残る見積り金額でもその場で決めてしまうケースがあるのです。

また、車の保管場所にマイナス要素がある場合、見積り額が大幅ダウンされてしまいます。

車庫に屋根が無く直射日光にさらされている状態だと、どうしても塗装の劣化が心配されます。その点のごまかしが利かず、場合によっては厳しい査定結果となってしまうのです。
 

両者の特徴を把握すること

 
出張査定も持ち込み査定も、メリットもあればデメリットもあります。

どちらがいいのかは、やはりそれぞれの判断によります。時間がなく数店舗周れないという人は出張査定がいいですし、ある程度候補を絞っているならもちろん持ち込み査定でもいいです。

大事なのは、自分にはどの方法が合っているのかをしっかりと見極めることです。

また、出張査定には同時査定という方法があります。同時査定とは複数の業者を同じ場所・同じ日時に集めて、一括で見積りを出してもらう方法です。

出張査定はこちらから出向く手間はないとはいえ、1ヶ所ずつ見積りをしてもらうと結構な時間がかかってしまいます。そのデメリットを解消したのが、同時査定です。複数の業者に同時に見積りを依頼できるので、非常に効率的です。

ただし、同時査定は業者側が嫌がるケースもあります。複数の業者が来てくれたというプレッシャーもあるため、より契約を焦る人もいるでしょう。しかし出張査定でも持ち込み査定でも、焦って契約をするのはよくありません。

一旦査定額を出してもらって、後から冷静になって比較検討をしましょう。一度頭を冷やすのは、車の売却に限らずどんな契約をする時にもとても大事なことです。
 

かんたん車査定ガイド