車の査定アップ時に役立つ決めゼリフは?

 

握手をしている手

今まで大事に乗ってきた愛車ですから、少しでも高く買い取ってもらいたいのは当然のことですよね。

でも、車の売却交渉って、慣れていないと大変です。査定アップに役立てることのできる決めゼリフってあるのでしょうか?

かんたん車査定ガイド

 

他社との競合を匂わせる

 
一番簡単なのは、他社との競合を匂わせるセリフです。

  • A社は○○万円提示してくれた
  • 他社と比較して高く査定してくれたところに買ってもらう

具体的に他社で査定してもらった金額や比較していることをはっきり伝えるのが効果的です。
 

いくらなら買ってくれるかを聞き出す

 
査定する買取業者に、どのくらいで買い取ってくれるのか具体的な金額を聞き出します。

『どれくらいの金額なら買ってくれますか?』

最初から買取額の限界の数字を提示しませんので、提示された金額よりはもっと査定アップできる可能性があるということになります。

もし60万円と提示されたら、60万円を超えたの売却額を目指しましょう。他社で60万円以上提示されていたら、その金額を伝えて駆け引きするのもいいです。
 

シンプルに高いところで売ると伝える

 
駆け引きが難しい、車についてあまり詳しくないので不安という人は、他社と比較して一番いいところで売ると伝えましょう。

『一番高い値をつけたところで売ります。』

比較するのもシンプルですし、業者も選びやすいので気が楽です。車の売却をお断りするときも「高く買い取ってもらうところに決めました」と伝えればいいので、簡単です。
 

ヘタに駆け引きをしようとしない

 
査定アップをしてもらいたいばかりに、自分の車ならこれだけの価値があると猛アピールをしたり、駆け引きをし過ぎたりする場合があります。

しかし、相手はプロの買取スタッフです。ヘタにうんちくを垂れて駆け引きをしようとしても、こちら以上の知識で畳みかけられて、低い査定額に納得させられてしまう可能性があります。

また、あまりにも車の売却をじらし過ぎてしまうと、買取店の方からお断りされる可能性もあります。これ以上査定アップしないだろうという見極めは難しいですが、やり取りはあまり長引かせないようにした方が無難です。

やり取りを長引かせないようにするにも、できるだけ事前の十分なリサーチは必要です。

交渉事に自信がある人ならいいですが、そうじゃない人は無理して細かい駆け引きはしないようにしましょう。

  • 高いところで売る
  • 即決せず比較する

この2点を守り、買取店に伝えることが大事なのです。
 

かんたん車査定ガイド