車の名義変更に必要な費用

名義変更には手間とお金が必要

 

車の名義変更

車買取専門店や自動車ディーラーに自分のクルマを売却する場合には、名義変更の面倒な手続きは一般的に買い取り会社側で行ってくれるので、売り手であるあなたには手間が発生しません。

ですが、もし個人売買したり、中古自動車オークションに出品した場合には、自動車の名義変更は自分で行う必要性が出てきます。

名義変更はタダで出来るわけではありません。お金を支払う必要があるという事を知っておきましょう。

かんたん車査定ガイド

 

名義変更する際に必要な費用

 
  • 車検証発行の申請書代:100円程度[運輸支局で購入します。]
  • 移転登録手数料:500円[代金分の印紙を購入し、手数料納付書に貼り付けて納付します。]
  • ナンバープレート代:1,500円程度[ナンバーの変更を希望する場合、あるいは運輸支局の管轄が異なる場合に必要となります。]
  • 車庫証明費用:2,500円〜2,800円[違法駐車を防ぐために車所有者に義務付けられています。手数料は都道府県ごとに若干異なります。]
  • 自動車取得税:[自動車の残存価値を所定の計算式を用いて算出し、課税額を決定します。]
  • 自動車重量税:[車検が切れている場合に必要となります。クルマの重さによって課税額が決定され、車検時に納付します。]
 

自分で手続きを行うと

 
クルマの名義変更は、自分でもできないことはありません。

ですが、どこで納付用の書類を入手して、幾ら支払うかなどを調べなければならないので、お金だけでなく手間と時間が掛かります。

また、実際に陸運支局などに出向くには土日祝と年末年始は休みなので、平日に行く必要があります。つまり、会社勤めをしているサラリーマンの方は平日に休みを取らないと自動車の名義変更手続きは出来ないことになります。

そうなると、愛車は中古自動車買取専門店に売却をして、プロの方にクルマの名義変更の手続きを行ってもらった方が便利だし、確実です。
 

かんたん車査定ガイド