三菱 ミラージュ(MIRAGE)売却時の買取相場価格

ミラージュ買取相場価格を知りたい方へ

 

三菱のミラージュ

【ミラージュ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ミラージュ M 2016年 2万km 37万円

かんたん車査定ガイド


 

ミラージュ(MIRAGE)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
三菱自動車 5ドアハッチバック 138-148 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,192 23.8 DOHC 12バルブ 3気筒 78
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
100 3,795x1,665x1,505 900 FF
 

ミラージュ(MIRAGE)の概要

 
ミラージュ(MIRAGE)は、三菱自動車で製造と販売を行っているコンパクトな小型乗用車です。

特徴

  • 強調された曲線ラインでスタイリッシュさを感じるエクステリア
  • 黒を基調とした落ち着きある雰囲気のインテリア
  • 低速で走行している時に先行車と衝突しそうな場合に警報を発すると共に自動ブレーキを掛ける「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM - City)」を装備
  • 発車時に前方に障害物があるにも関わらず、操作ミスでアクセルペダルを踏み込んだ場合に警報と共にエンジン出力を抑える「誤発進抑制機能(前進時)」を装備
  • 衝突の際のエネルギーを吸収するフロント構造と高剛性キャビンで構成された「衝突安全強化ボディ RISE(ライズ)」を採用
  • 前面衝突時に乗員に加わるダメージを減らすための「運転席&助手席SRSエアバッグ」を搭載
  • 側面衝突時に乗員を守るための「SRSサイド&カーテンエアバッグ」を搭載(メーカーオプション)
  • 前席には衝突時に瞬時にシートベルトを巻き上げるプリテンショナー機構とベルトに一定以上の負荷が掛からない様に抑制するフォースリミッター機構付きの3点式ELR付シートベルトを装備、後席には全席に3点式ELR付シートベルトを装備
  • 後方から他車に追突された際にシートのヘッドレストとシートバックの適正化により首に加わる衝撃を緩和する「頸部衝撃低減フロントシート」を採用
  • ブレーキを踏む力を補佐する「ブレーキアシスト」、乗員や荷物による重量増加に応じて後輪のブレーキ力を調整する「EBD」を搭載した急ブレーキの際にタイヤロックを防ぐ「アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)」を装備
  • 車両の横滑りを検知して4輪の制動力とエンジン出力を制御することで車両の走行安定を保つ「スタビリティコントロール機能」とタイヤが空転してスタックするのを防ぐ「トラクションコントロール機能」によって安定走行をサポートする「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を搭載
  • 車を走らせている最中に急ブレーキを掛けた場合にハザードランプを自動で高速点滅させることで、追突されない様に後続車に注意喚起をする「エマージェンシー ストップシグナルシステム」を装備
  • 歩行者とぶつかった場合を考えて、ボンネットフードやフロントバンパーなどに衝撃吸収構造を取り入れて歩行者の頭部や脚部などのダメージを軽くする為の「歩行者傷害軽減ボディ」を装備
  • 窓の開け閉めを自動でできる「全席パワーウインドウ(運転席にはセーフティ機構付き)」を搭載
  • ブレーキペダルを踏んで減速をして、時速13キロ以下になった場合に自動でエンジンを止めてガソリン消費を抑えるアイドリングストップ「コーストストップ機能付きオートストップ&ゴー」を装備
  • どれぐらい経済的な運転ができているかを表示する「ECOドライブアシスト」を装備
  • 力強く軽快な走りげでき、街乗りから長距離ドライブまで余裕でこなす「1.2リッターMIVECエンジン」を搭載
  • トランスミッションには、滑らかな加速を実現する為に変速比幅の広い副変速機構付きの「INVECS-III CVT」を搭載
  • 減速時のエネルギーを発電機で電気に変えてバッテリーに充電することでエネルギーロスを減らし、ガソリンの消費を低減
  • サスペンションは、ショックアブソーバーやスプリングを最適化することで、ふらつきやぐらつきの無い心地よい乗り心地を実現
  • 最小回転半径は4.6mなので、狭い路地の走行や縦列駐車も難なく可能
  • 坂道発進をする際に、ブレーキからアクセルにペダルを踏み変えた時に車が後退するのを防ぐ「ヒルスタートアシスト」を装備
  • ラゲッジルームの床下には、小物を収めることができる「カーゴフロアボックス」を装備
  • リヤシートは6:4分割で前に倒すことができ、荷物の量に応じてラゲージルームの拡大が可能
  • カップホルダーやトレイ、ボックス、ポケットなどの多彩な収納スペースを装備
  • キーレスオペレーションキーを保有していれば、ドアとテールゲートの施錠と解錠がスイッチを押すだけででき、エンジンの始動や停止はブレーキを踏みながらエンジンスイッチを押すだけでできる「キーレスオペレーションシステム+エンジンスイッチ」を搭載
  • クルマのキーと車両本体で電子認証を行い、不正キーを使用した盗難を阻止する「イモビライザー(国土交通省認可品)」を装備
  • ヘッドライトには、周囲の明るさを検知して自動でオン・オフする「オートライトコントロール」と降車時にヘッドライトを消し忘れた場合でもイグニションがオフで運転席ドアを開けた時に自動でライトを消す「ヘッドライトオートカット」を装備
  • ドアミラーを閉じたまま走り始めた場合でも、時速30キロ以上の速度で自動的にドアミラーが開く「ドアミラー自動展開」を搭載
  • 雨天時にワイパースイッチを間欠モードに設定することで走行スピードに応じてワイパーの間欠間隔を自動調整する「フロント可変間欠ワイパー」を装備
  • リヤワイパーを間欠モードに設定することで、シフトレバーをRに入れた時に自動でワイパーを数回動かして、良好な後方視界を確保する「リバース連動リヤオートワイパー」を装備
  • ドライバーの好みや体格にあった運転ポジションを確保する為にステアリングホイールの高さ調整ができる「チルトステアリング」と運転席の高さ調整ができる「運転席ハイトアジャスター」を装備
  • 日焼けの原因となる紫外線をカットする「UVカットガラス」をフロントウインドシールドとフロントドアガラスに採用
  • リヤドアとテールゲートのガラスにはプライバシーを守る為にスモークの入った「UVカット機能付プライバシーガラス」を採用
  • 他車からのターンランプの視認性が良い「ターンランプ付き電動格納式電動ドアミラー」を採用
  • 室温を設定温度に保つことで快適に過ごせる「フルオートエアコン」を装備

モデルチェンジ変遷

初代ミラージュ
(1978年-1983年)
初代ミラージュを販売。
三菱自動車では初となるFF車として登場をしました。
2代目ミラージュ
(1983年-1992年)
2代目ミラージュのC12W/C14W/C34W/C37W型を販売。
空力性能の良いスポーティなボディスタイルとなって発売されました。
3代目ミラージュ
(1987年-1991年)
3代目ミラージュのC51A/C52A/C53A/C61A/C62A/C63A/C64A/C72A/C73A/C74A/C82A/C83A型を販売。
ボディスタイルは、角が取れて丸みを帯びた形状となりました。
4代目ミラージュ
(1991年-1995年)
4代目ミラージュのCA1A/CB1A/CB2A/CA2A/CA3A/CB3A/CC3A/CD3A/CC4A/CA4A/
CB6A/CB7A/CD7A/CB8A/CD8A型を販売。
当時、流行っていた曲線基調のデザインとなって登場しました。
5代目ミラージュ
(1995年-2000年)
5代目ミラージュのCK1A/CJ1A/CK2A/CJ2A/CL2A/CM2A/CJ4A/CK4A/CM5A/CK6A/CK8A/CM8A型を販売。
先代を踏襲したボディスタイルで登場しました。また、マイナーチェンジで全車に運転席エアバッグとABSが搭載されました。
6代目ミラージュ
(2012年-現在まで)
6代目ミラージュのA05A/A03A型を販売。
先代より全長と全幅が短くなり、全高が高くなったので、ずんぐりとしたコンパクトなボディ形状となり、取り回しが楽になっています。
 

かんたん車査定ガイド

page top