三菱 デリカバン(DELICA VAN)売却時の買取相場価格

デリカバン買取相場価格を知りたい方へ

 

三菱のデリカバン

【デリカバン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
デリカバン DX 2015年 3万km 52万円

楽天 無料愛車一括査定


 

デリカバンを売却した人の口コミ情報

 
私は、豆腐や揚げ物の製造・販売をしています。

店先でも売っているのですが、デリカバンを使って移動販売も行っています。

移動販売の際は、デリカバンに商品を積み込んで、主に交通の便の悪い田舎のお宅を訪ねて売っています。

デリカバンに乗って周る地域は決まっていて、すでに固定客のお宅があるので、さほど苦労することなく商品を販売することができています。

デリカバンは、商用車として利用しているため走る距離が多く、そのためクルマの傷みも早く訪れます。

そのため、乗り始めてから約8年程度で次のバンタイプのクルマに乗り換えをしました。

今まで使ってきたデリカバンの処分をどうしようか考えたのですが、スマホで調査して知ったインターネット車買取一括査定サイトを使って売れば、良い値段で売却出来ることが分かりました。

このサイトに私のデリカバンの査定を申し込んでみたのですが、数日後に計3社のクルマ買取り専門会社から査定の案内を受けることができました。

私は得た査定を比べた上で、最も高額で売ることができるクルマ買取り専門会社へ私のデリカバンを買い取りして貰いました。

僕は、宅配寿司屋を経営しています。

お客様から電話でお寿司の注文を受けて、調理場でお寿司を作り、出来立てのお寿司をすぐにデリカバンに積んで、お客様の所まで運んでいます。

デリカバンは、お客様の住まいにお寿司を出前する為と、出前で使った寿司桶を回収する為に使っていました。

デリカバンは4AT車もあったのですが、私が使っていたデリカバンは5MT車でした。

私が取得していた運転免許証はAT限定でなかったし、5MT車の方が燃費が良かったので経済的だと思ったからです。

私が仕事で乗っていたデリカバンは、乗り始めてから3度目の車検を通して少しの間は乗り続けたのですが、その後、売却をしてクルマを買い替えしました。

宅配寿司という仕事上、毎日、かなりの距離をデリカバンで走っていたので、トータル走行距離が多い過走行車気味のクルマとなったからです。

パソコンを使って、中古自動車の売り先を検討してみたのですが、高く売れそうな所としてネット中古車買い取り一括見積りサイトがあったので、そこに僕のデリカバンの見積書作成を依頼してみました。

依頼をしてから、2、3日後に複数の自動車買取業者から見積書の提案を受けることができたので、比較して、一番高額で買い取りしてくれる買取業者に僕のデリカバンを売却しました。

私は、夫婦でベーカリー店を営んでいます。

様々なパンを焼いて、店頭販売をしています。

三菱自動車のデリカバンは、パンを作るための材料の買い付けとお得意様にパンを配達する為に使っていました。

パンの材料である小麦や卵、バターやマーガリンなどは問屋から買い付けて、デリカバンに積んで私のお店まで運んでいました。

デリカバンは、カーゴスペースがとても広いので、商用車として荷物を運ぶのに最適と言えるクルマでした。

また、パンを配達する時はパンケースに入れて、デリカバンに積み込むのですが、荷室がフラットなので、がたつくことなくパンケースをデリカバンに積み込むことができました。

私の仕事をバックアップしていたデリカバンでしたが、4度目の車検がまじかに迫った時に、同じような業務用に適したバンのクルマに買い替えしました。

私が携帯しているスマートフォンを使ってネット検索をして、自動車の売却先を調べたのですが、車買取一括見積サイトに申し込みをすることで多くのクルマ買取会社から見積書を入手できることが分かりました。

私は、車買取一括見積サイトへ私のデリカバンの見積りを頼んだのですが、合計2社の車買取会社から見積書を貰えたので、比較してより高額な価格を示してくれた方に、私のクルマを買い取りして貰いました。

私は、地元の商店街で紳士用と婦人用の衣類の販売をしています。

販売する用品は衣類問屋から仕入れるのですが、私が買い付けした衣類はデリカバンに積んで私のお店まで運搬していました。

衣類は段ボール箱に入った状態で問屋から引き取るのですが、デリカバンはかなり多くの段ボール箱を積み重ねることができたので、1度仕入れをすると数か月分の買い付けをすることができました。

また、お店にはディスプレイ用のマネキンなどを飾っているのですが、マネキン製造業者から新しいマネキンを購入したり、古いマネキンを廃棄する時にも、デリカバンを使っていました。

私の仕事で、大きな荷物を運ぶときには必ず使っていたデリカバンでしたが、10年ほど使い続けた後で、ボディに細かい傷や足回りにサビが目立ってきたので、新しいクルマを購入することを決めました。

自動車販売会社から新しいクルマを買った時に、私が長年に渡って使ってきたデリカバンを下取りに出しました。

デリカバンを下取車として自動車販売会社に渡すことができたので、新しく購入したクルマはほんの少しですが販売価格をまけて貰うことができました。
 

デリカバン(DELICA VAN)のスペック(現行モデル)

 

デリカバンの横面

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
三菱自動車 5ドアミニバン 178-203 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,597 12.8-14.0 DOHC水冷直列4気筒 109
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
152 4,400x1,695x1,850-1,855 1,240-1,350 2WD

 

デリカバン(DELICA VAN)の概要

 

DELICA VAN

デリカバン(DELICA VAN)は、現行の5代目モデルは日産からNV200バネットのOEM供給を受けて、三菱自動車工業ブランドで販売をしている商用バンです。

特徴

  • 商用車らしい無駄の無いシンプルなエクステリア
  • インパネには、使いやすい大型メーター、大型ボタンを配置
  • 市街地から高速道路まで、広範囲な速度領域で軽快な走りを実現する「軽量オールアルミ製1.6リッターDOHCエンジン」を採用
  • トランスミッションには、スムーズな走りと低燃費を実現する「電子制御4速オートマチック」を搭載(一部モデルは5速MTも選択可能)
  • サスペンションは、フロントには安定感があり乗り心地の良いマクファーソン式、そしてリヤには重い荷物もしっかりと支える頑丈なリーフリジッド式を搭載
  • 最小回転半径は5.2mなので、狭い道の走行やUターンもスムーズ
  • 他車と衝突した際に自車の乗員の生存空間を確保するだけでなく、歩行者と衝突した場合に歩行者の頭部や脚部に加わる衝撃も緩和する「衝突安全ボディ」を採用
  • 前方衝突が発生した場合に前席の乗員を衝撃から守る「運転席&助手席SRSエアバッグ」を搭載
  • 走行中に急ブレーキを掛けた時に後輪がロックすることで発生しやすい横滑りを防ぐための「前後輪の制動力を適切に配分するEBD付きのABS」を搭載
  • 荷室は、高さが1.315mなので高さのある荷物の搭載が可能で、セカンドシートを折りたたむことで荷室長を1.83mに拡張できるので長尺物の積載も可能
  • 地面から荷室床までの高さは1.52mの低床設計なので、重い荷物でも積み降ろしがスムーズ
  • 2名乗車時の最大積載量は600kgなので、重量物の積載も可能
  • 荷室空間はスクエア型なので、箱物の積み込みに適している
  • バックドアは上部に開口角度87度まで開くことができ、開口面積が広いので、荷積みが楽
  • フロントステップの地上高は38.6cmで、シートに座るのに腰の上下移動が少なくて済むので乗り降りがしやすい
  • 頭のてっぺんから天井までのヘッドクリアランスは十分にあるので、圧迫感を感じることなく快適に過ごすことが可能
  • 両側のリヤドアにはスライドドアを採用しており、開いたときの開口部分が広いので、スムーズに乗り降りが可能
  • 自然なドライビングポジションを取れる様に運転席の位置やステアリング位置を設計しており、アイポイントを高めにすることで見通しの良い視界を確保
  • 運転席は前後に19cm移動が可能で、リクライニング機構で背もたれ部分を最大66度、変化させることができるので、体形や好みに合わせたシートポジションにすることが可能
  • スピードメーターの右側には平均燃費や瞬間燃費、オド・トリップメーターやエンジンオイル交換時期などのクルマに関する情報を表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」を装備
  • 「抗菌仕様ステアリングホイール&シフトノブ」を採用しており、清潔な状態を保つことが可能
  • コンビニフックやボックス、ポケット、カップホルダーなどの収納力のあるスペースを用意
  • 助手席はシートを倒すことでテーブルとして利用可能

モデルチェンジ変遷

初代デリカバン
(1969年-1979年)
初代デリカバンを販売。
ワンボックスカーとして、「デリカルートバン」と「デリカライトバン」、「デリカコーチ」の3車種が発売されました。
2代目デリカバン
(1979年-1986年)
2代目デリカバンを販売。
ボディサイズの大型化が行われ、小型車のサイズ枠いっぱいまで利用したボディサイズで登場しました。
3代目デリカバン
(1986年-1999年)
3代目デリカバンを販売。
ホイールベースは「標準」と、より多くの荷物を積載できる「ロング」、そして天井は平らな屋根の「エアロルーフ」と天井が盛り上がって高くなっている「ハイルーフ」を選択できました。
4代目デリカバン
(1999年-2011年)
4代目デリカバンを販売。
マツダからボンゴのOEM供給を受けて、「デリカバン」として販売されました。
5代目デリカバン
(2011年-現在まで)
5代目デリカバンを販売。
日産自動車からバネットのOEM供給を受けて、販売を行っています。

 

楽天 無料愛車一括査定

page top