三菱 デリカD:5(DELICA D:5)売却時の買取相場価格

デリカD:5買取相場価格を知りたい方へ

 

三菱のデリカD:5

【デリカD:5買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
デリカD:5 シャモニー ディーゼルターボ 4WD 2016年 3万km 198万円

ナビクル車査定


 

デリカD:5を売却した人の口コミ情報

 
僕の家は2世帯家族です。

両親を含めて6人家族という大家族なので、三菱自動車のデリカD:5を購入しました。

家族構成は、僕の父親と母親、妻と子供2人です。

家族全員がデリカD:5に乗って移動することは、年に数回の家族旅行に出かけるときぐらいですが、家族旅行の際はデリカD:5を所有していてよかったと心底思います。

その後、子供が大きくなり、大学へ行くようになり、子供の一人は寮生活となりました。

家族旅行をする際も、普通の5人乗りセダンで大丈夫になったので、デリカD:5は売却して別なクルマを買いました。

クルマの買い替え負担を減らしたかったので、出来るだけ高額でデリカD:5を売りたいと思いました。

自宅にあるパソコンで中古車を高く売却する方法についてチェックしたのですが、クルマ買取り一括査定サイトを使えば、高額売却が可能となることが分かりました。

クルマ買取り一括査定サイトへ我が家のデリカD:5の査定を依頼したのですが、依頼後に計6社の自動車買取専門会社から査定を電子メールで受け取ることができました。

僕は、一番高額で買い取りして貰える自動車買取専門会社に僕のデリカD:5を売却しました。

私は、夫婦で温泉場でペンションを経営しています。

小さなペンションなので、団体客を受け入れることはできませんが、5部屋客室があるので1日に5家族までは受け入れ可能です。

お客様の中には、最寄り駅まで電車で来られる方もおられます。

また、帰るための交通手段として電車を使う方もおられます。

その様なお客様を送迎する為にデリカD:5を使っています。

デリカD:5は、運転席と助手席だけでなく、2列目と3列目シートも座り心地のよりソファーの様なシートになっていました。

ですから、お客様はどのシートに座っても快適に過ごすことができます。

デリカD:5は購入をしてから、4回目の車検を通した後、1年ぐらいで同じような大人数が乗れる普通自動車に買い替えをしました。

あまりにも古いクルマだと、安全面で心配が出てくると思ったので、デリカD:5から別の車に変更しました。

仕事で使ってきたデリカD:5は売るなら高く売りたいので、中古自動車買取一括見積サイトを使って売却しました。

複数のクルマ買取り専門業者から買取額の見積書を貰うことができたので、その見積書を比べた上で、最も高く売れるところに私のデリカD:5を売りました。

私は、そろばん塾を経営しています。

一時期は、電卓が普及したためにそろばんを習う子供は減ったのですが、そろばんは子供の脳の発育に良いということが分かって以降、また多くの子供が私のそろばん塾に通う様になりました。

そんな私が所有しているクルマは、デリカD:5です。

なぜ、最大8人も乗ることができるデリカD:5にしたかというと、居残りでそろばんの練習をさせた子供を自宅に送るためです。

私は、落ちこぼれの子供は作りたくないので、教えたことが上手くできなかった子供には、無料で補習を行っています。

デリカD:5は、後席も前席と同じく反発力の高い上質のシートだったことと、後席部分の空間が広いので、子供にも好評でした。

そのデリカD:5ですが、購入から10年経った時に、これが節目だと思ったので、別の同じような最大8人乗せることができる普通自動車に乗り換えをしました。

クルマを買い替える際に、今まで使ってきたデリカD:5は下取りに出しました。

デリカD:5を下取車として自動車販売会社に提供できたので、新しく購入したクルマは数万円程度、価格をおまけして貰うことができました。

私は、妻の要望もあり、実家近くに住んでいます。

妻の両親は二人とも健在で、妻の父親はすでに定年退職して年金暮らしをしています。

我が家では、ゴールデンウィークなどの長期連休の時は、家族で観光旅行に出かけるのですが、その時に近所に住む妻の両親も誘っています。

妻の両親を旅行に誘った時に、妻の両親を含めた家族全員がクルマに乗れるように、最大定員数が7名のデリカD:5を購入して使っていました。

デリカD:5は、長距離ドライブの際に疲労を軽減する為に、フロントガラスなどのクルマの各所に防音対策が施されていました。

そのため、デリカD:5は、ドライブ中のロードノイズや風切り音が少なく、耳に掛かる負担を抑えることができました。

この様に旅に使う車として最適だったデリカD:5でしたが、5度目の車検を通した後、クルマのあちこちに傷みが目立ってきたので、クルマを買い替えることを決意しました。

我が家のデリカD:5は、低年式車となっていましたが、それでも出来るだけ高く売りたいと考えたので、ネットクルマ買い取り一括査定サイトを使ってクルマの査定を頼みました。

頼んで数日後に、合計3社の中古車買取会社から買い取りのオファーを頂けたので、最も高額な査定額を示してくれたクルマ買い取り会社に自分のクルマを売りました。
 

デリカD:5(DELICA D:5)のスペック(現行モデル)

 

デリカD:5の後ろ

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
三菱自動車 5ドアSUV型ミニバン 240-405 7/8
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,998・2,359(ガソリン車)/2,267(クリーンディゼル車) 10.6-13.0/13.0 SOHC・DOHC16バルブ・4気筒(MIVEC)(ガソリン車)
DOHC16バルブ・4気筒ICターボ(DI-D)(クリーンディゼル車)
150-170/148
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
191-226/360 4,790x1,795x1,850-1,870 1,680-1,910 2WD/4WD

 

デリカD:5(DELICA D:5)の概要

 

DELICA D:5

デリカD:5(DELICA D:5)は、SUV風のミニバンで三菱自動車工業が製造と販売を行っています。

特徴

  • 実用性を最優先した大型ヘッドライトとシンプルなボディ
  • インパネも使い勝手を考慮して大型メーターと大型のスイッチボダンなどを配置
  • クリーンディーゼル車には、高度な環境性能とパワフルな走りを実現する「2.2リッター コモンレール式DI-Iクリーンディーゼルエンジン」を搭載
  • ガソリン車には、高い環境性能と優れた動力性能を実現した「2.4リッター MIVEC DOHC 16VALVE ガソリンエンジン」と軽量かつコンパクトそして燃費性能の良い「2.0リッター MIVEC SOHC 16VALVE ガソリンエンジン」を用意
  • ブレーキペダルを踏んで停車している時はエンジンが自動停止して、ブレーキペダルを離すとエンジンがすぐに始動する燃費の向上と自然環境に優しい「オートストップ&ゴー(AS&G)」を搭載
  • 「環状骨格構造リブボーンフレーム」と「衝突安全強化ボディRISE(ライズ)」を採用した堅牢ボディで、操縦安定性、静粛性、そして衝突安全性を向上
  • 歩行者とぶつかった場合を想定して、ボディのフロント部分に衝撃吸収スペースを確保するなどの「歩行者保護対応ボディ」を採用
  • フロントフェンダーには、復元性の高い樹脂フェンダーを採用
  • 衝突事故が発生した際にドライバーと助手席搭乗員を守る「運転席&助手席SRSエアバッグ」と「運転席SRS二―エアバッグ」を装備
  • 側面衝突時にフロントシート・セカンドシート・サードシートの全ての乗員を保護するための「SRSカーテンエアバック」を装備(メーカーオプション)
  • コーナーで車両の進行方向を明るく照らし、バックの際は左右のコーナリングライトを点灯させることで周囲の視認性を高める「後退時連動機能付きアクティブコーナリングライト(ACL)」を装備
  • フロントピラーには左右共に「デルタウインドウ(三角窓)」を装着して、良好な斜め前方の視界を確保
  • ドライバーから死角となるボディ左側下方の視界を得るために「下倒ができるサイドアンダーミラー」を装備
  • ワンタッチで自動で窓の開け閉めができる「フロント・スライドドアパワーウインドウ(運転席は腕などの挟み込み防止セーフティ機構付き)」を搭載
  • 全席に安全性の高い「3点式ELR付シートベルト」((フロント席には衝突時に拘束力を強めるプリテンショナー機構とベルトの張力を緩めて衝撃を吸収するフォースリミッター機構)を装備
  • 後ろから追突された場合に首に加わる衝撃を軽減する「頸部衝撃低減フロントシート」を採用
  • セカンドシートの左右席に、赤ちゃんや子供を乗せるチャイルドシートをしっかりと固定する「テザーアンカー付きISO FIX対応チャイルドシート固定専用バー」を装備
  • 前面衝突などの際に荷室の荷物がキャビンに侵入するのを防ぐ「荷物侵入抑制構造シート」をセカンドシートとサードシートに採用
  • 「4輪接地荷重コントロール」と「4輪駆動/制動力配分コントロール」、「4輪スリップコントロール」による4輪運動制御技術「AWC」を装備
  • 搭載している電子制御4WDには、燃費に優れた走りができる「2WD」と走行条件や路面状況に応じて、適切に前後輪の駆動力を配分する「4WDオート」、「滑りやすい路面で高い走破性を実現している4WDロック」といった3種類の走行モードを用意
  • 荒れた路面やデコボコの激しい不整地でボディのボトムやフロントバンパー・リヤバンパーを地面とこすらない様にボディに「グランドクリアランス」を導入
  • トランスミッションには、ガソリン車にはスムーズな加速を得られる「INVECS-V CVT」、そしてディーゼル車には便利なトルクのあるLレンジを備えた「INVECS-U 6速スポーツモードA/T」を採用(一部モデルを除く)
  • 6速のシフトチェンジを手元で行える「パドルシフト」でスポーティな走りが可能(一部モデルを除く)
  • サスペンションには、フロントにはマクファーソンストラット式、リヤにはトレーリングアーム式マルチリンクサスペンションを採用して、高度な操縦安定性と乗り心地を実現
  • 快適な乗り心地に貢献している「18インチ大径タイヤ」と高級感のある「アルミホイール」を装備(一部モデルのみ)
  • 横滑りなどの不安定な挙動を抑制する「スタビリティコントロール機能」と発進の際に駆動輪がスリップした場合にスリップしている車輪にブレーキを掛けることで駆動力の流出を防ぎ、スムーズな発進を実現する「トラクションコントロール機能」といった安定走行を支援する「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を搭載
  • 緊急ブレーキ時にブレーキペダルを踏み込む力を支援するブレーキアシスト機構と制動力を適切に前後輪に配分するEBDを搭載した「アンチロックブレーキシステム(ABS)」を搭載
  • 斜面で発進をする時に車が後方へずり下がるのを約2秒抑制することで、ブレーキからアクセルへの踏み変えが安心してできる「ヒルスタートアシスト(Hill Start Assist)」を搭載
  • ドライバーが急ブレーキを掛けた場合に、ハザードランプを自動点滅させることで、後続車のドライバーに注意を促す「エマージェンシーストップシグナルシステム(Emergency Stop signal System)」を装備
  • 最小回転半径は5.6m(4WD車)なので、取り回しがよく、狭い道でもスムーズに走れる
  • セカンドシートは座面を跳ね上げてフロントシートの真後ろに寄せることができ、サードシートはサイドに収納が可能なので、乗る人数や荷物の量に合わせて様々なシートアレンジが可能
  • ボックスやポケット、カップホルダーなどの充実した収納スペースを用意
  • リモコン操作でドアのロック・アンロックができ、ドアの開閉も可能な「後席用のワンタッチ電動左右スライドドア」を装備
  • 電動で開閉ができるバックドアの「エレクトリックテールゲート」を装備
  • 「キーレスオペレーションキー」を保持しているだけで、ドアやテールゲートの解錠と施錠が可能で、エンジンのスタートとストップはイグニッションノブを回すだけで済む「キーレスオペレーションシステム」を採用
  • ヘッドライトやフォグランプ、室内照明を消し忘れても自動で消灯してバッテリー上がりを防止する「ヘッドライトオートカット」と「インテリアランプオートカット」を装備
  • クルマの周囲の明るさを検出して、自動でヘッドライトを点灯・消灯する「オートライトコントロール」を搭載/li>
  • キーレスオペレーションによるドアのロックとアンロックに連動して電動格納式リモコンドアミラーを自動で開閉する「ドアミラー自動展開・格納機能」を装備
  • フロントワイパーを間欠モードにして、シフトを「R」にした場合にリヤワイパーが3回自動で動作することで、良好な後方視界を得るための「リバース連動機能リヤワイパー」を装備
  • ドライバーから見通しの悪いフロントノーズと左サイド、リヤの画像をディスプレイに表示して安全運転をサポートする「マルチアラウンドモニター」を搭載
  • 手元でオーディオやTVチューナー、ナビなどの操作ができる「ステアリングホイール オーディオリモコンスイッチ」を装備(一部モデルのみ)
  • 有料道路をスムーズに通行するための「ビルトインETCユニット」を装備(一部モデルのみ)
  • ヘッドライトのロービームには、乗員数や荷物の積載量が変わっても常に一定の光軸を保つ光軸自動調整機構付きの明るく照射範囲が広い「ディスチャージヘッドライト」を採用
  • 吹雪や濃霧などの視界不良時に視界の確保を支援する「フロントフォグランプ」を搭載(一部モデルのみ)
  • 時速40キロから100キロの速度範囲で、アクセルペダルを踏むことなく設定した速度で走行する、ドライバーの運転負担を軽減するための「クルーズコントロール」を装備
  • リモコン操作でドアを施錠した後、リモコン操作以外の方法でドアが解錠されて開けられた場合にホーンやハザードランプで周囲に知らせる「セキュリティアラーム(盗難発生警報装置)」を装備
  • メーター中央の「マルチインフォメーションディスプレイ」で、燃費や平均車速などのクルマ情報を分かり易く表示
  • 汚れが付いても落ちやすくシミになりにくい「汚れプロテクト加工シート」を採用(ベージュ内装のみ)
  • 花粉やダニなどの除去も可能な「脱臭機能付きクリーンエアフィルター」を装備
  • 寒い日にシートバックとシートクッションを素早く暖めて、快適なドライブを実現する「運転席・助手席シートヒーター」を搭載(一部モデルのみ)
  • 前席用として温度や風量を自動でコントロールする「フルオートエアコン」、そして後席用として前席とは独立して温度設定ができる「リヤマニュアルクーラー」を搭載
  • 荷物を積む際に役立つロープ掛けやオプション用品の装着ができる「マルチユースフック」を装備
  • リヤドアの乗り口には、大人用の通常の乗降グリップに加えて、子供用に低い位置に設置した「チャイルドグリップ」を装備
  • 特別仕様車として、アウトドアを意識した装備を装着した「デリカD:5 ジャスパー(JASPER)」も用意

モデルチェンジ変遷

初代デリカD:5
(2007年-現在まで)
初代デリカD:5のCV1W/CV2W/CV4W/CV5W型を販売。
デリカスペースギアの後継車として、悪路の走破性も考慮したミニバンとして登場をしました。

 

ナビクル車査定

page top