フォルクスワーゲン ゴルフ(Golf)売却時の買取相場価格

ゴルフ買取相場価格を知りたい方へ

ゴルフ

【ゴルフ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ゴルフワゴン E 2004年 8万km 2万円

かんたん車査定ガイド


ゴルフ(Golf) TSI Trendlineのスペック(現行モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
フォルクスワーゲン ハッチバック 266-549 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,197 21.0 直列4気筒DOHC
インタークーラー
105
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
175 4,265x1,800x2,635 1,240 FF

ゴルフ(Golf)の概要

ゴルフ(Golf)はドイツの欧州最大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲン社のハッチバックセダンです。

初代の発売から40年以上経過しているスーパーロングセラー車種です。

特徴

  • 超高張力鋼板やレーザー溶接によって、高次元のボディ剛性と軽量化を実現しています。
  • アダプティブクルーズコントロールにより、先行車と一定の車間距離を確保し、運転者の疲労を軽減します。
  • ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)とDSR(ドライバー・ステアリング・リコメンデーション)により、不安定な挙動を検知すると、ブレーキとエンジン出力を自動でコントロールして安定走行を確保します。
  • レーンキープアシストシステムにより、意図せぬ車線からの逸脱を防ぎます。
  • ブラインドスポットディテクションにより、運転者の死角となる斜め後方が安全かをレーダーで検出します。
  • ドライバー疲労検知システムで通常とは異なる運転パターンを検出した時に警告を発します。
  • プロアクティブ・オキュバント・プロテクションにより車の急ブレーキやオーバー・アンダーステアを検出すると、シートベルトのテンションを高めて、万一の事故発生に備えます。

モデルチェンジ変遷

初代ゴルフ
(1974年-1992年)
初代ゴルフT17型を販売。
丸型ヘッドライトでシンプルなフェイスで登場いました。ハッチバックで大型の荷物も簡単に積み下ろしができる様に設計されていました。日本では1983年からヤナセが輸入販売をしています。フルオープンのカブリオレであるゴルフカブリオレも販売を開始しています。
2代目ゴルフ
(1983年-1992年)
2代目ゴルフU19E型を発売。
ボディ形状はほぼ初代と同じです。日本でGTIグレードが正規輸入による販売が行われました。途中のマイナーモデルチェンジで、バンパー形状の大型化が行われました。
3代目ゴルフ
(1991年-1997年)
3代目ゴルフV1H型を発売。
ヘッドライトが丸型から横長に変更されました。廉価版グレードのCLiも登場をしています。またワゴンタイプのゴルフワゴンが発売されました。
4代目ゴルフ
(1997年-2006年)
4代目ゴルフW1J型を発売。
品質のアップを図り、高級化を狙ったフルモデルチェンジです。
5代目ゴルフ
(2003年-2009年)
5代目ゴルフX1K型を発売。
ヘッドライトが大型化したため、重厚感のある印象を受けるフロントフェイスです。上級グレードには大型フロントグリルが搭載されました。
6代目ゴルフ
(2008年-2012年)
6代目ゴルフY5K型を発売。
ヘッドライトの形状がシャープになったため、先代と比較するとスポーティなイメージがあります。内装の大幅な見直しも行われました。
7代目ゴルフ
(2012年-現在まで)
7代目ゴルフZ5G型を発売。
大幅な軽量化が行われた結果、先代より100kg以上車重が減りました。また、全高が低くなったので、よりスポーティな印象が強まりました。

かんたん車査定ガイド