フォルクスワーゲンの買取相場価格

かんたん車査定ガイド

フォルクスワーゲンの歴史

フォルクスワーゲンの生い立ちは、ドイツ人のヒトラーが提唱をした、国民車でした。

国民誰もが自動車を持ち、余暇を楽しむことができる様にと開発された車です。

1938年にこの国民車は販売を開始しました。その翌年にWWUが始まると、この国民車をベースとした軍用車が開発され、製造が行われました。

WWU後はドイツ敗戦により、ドイツは連合国により統治されたため、自動車製造工場は連合国側のイギリス軍によって管理をされました。

戦後のドイツ復興の一環として1945年にはフォルクスワーゲンの生産が再開をされました。このイギリス軍の管理時代に自動車の品質管理や、販売経路、アフターサービス経路が確立され、フォルクスワーゲン社の礎が出来上がりました。

戦後はボディ形状がカブトムシの様なイメージがあることから「ビートル」という愛称で呼ばれ、非常に多くの人の支持を得ることができました。ヨーロッパだけでなく、世界各国に輸出を行い、フォルクスワーゲン社の黄金期を築きあげた車と言えます。

フォルクスワーゲンは2003年までモデルチェンジなしで累計2150万台も生産が行われました。

ビートルの人気によって、他の新車種を投入しても売れないというジレンマに陥りましたが、1970年代にFF駆動ハッチバック車であるゴルフを投入するとその居住性と利便性の良さからゴルフは多くの人の支持を得ることができました。

現在、フォルクスワーゲン社は世界19か国に40ヵ所以上の自動車製造工場を持つ巨大企業となっています。自動車販売台数は、世界第3位で、欧州では最大規模の自動車製造メーカーとなっています。

フォルクスワーゲンの買取相場価格記事一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ(Golf)売却時の買取相場価格

【ゴルフ買取査定の一例】グレード年式走行距離買取価格ゴルフワゴン E2004年8万km2万円

≫続きを読む