フォルクスワーゲン ニュービートル(New Beetle)売却時の買取相場価格

ニュービートル買取相場価格を知りたい方へ

 

ニュービートル

【ニュービートル買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ニュービートル EZ 2008年 5万km 14万円

かんたん車査定ガイド


 

ニュービートル(New Beetle)のスペック

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
フォルクスワーゲン 3ドア ハッチバック/2ドア カブリオレ 229-324 4
総排気量[L] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1.4/1.9/2.0/2.5/3.2 9.8-12..4 直4/直4ディーゼル/直4ターボ/V5/V6
75-225
最大トルク[kgm] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
17.5-32.6 4,090-4,130x1,730-1,735x1,500 1,250-1,390 FF
 

ニュービートル(New Beetle)の概要

 
ニュービートル(New Beetle)は、かつてフォルクスワーゲンで生産販売されていたビートルの愛称をもつタイプ1のボディ形状を現代風にアレンジしたコンパクトカーです。

特徴

  • ビートルはエンジンをリアにマウントして後輪駆動のRR方式でしたが、ニュービートルはフロントにエンジンをマウントして前輪駆動とするFF方式を採用
  • ミニクーパーと同様に欧州のお洒落な車として国内でも人気
  • 4代目の同社のゴルフと同じ信頼性のある「A4」プラットフォームをベースに開発されている
  • ビートルと同様に特徴的な円弧を描いた個性的なボディデザイン
  • インテリアとして、遊び心ある花を挿すことができるフラワーベースがある
  • オープン2シーターモデルのニュービートル・カブリオレも用意
  • コンパクトカーながら、全幅が5ナンバー枠のサイズからはみ出ているため3ナンバーとなっている

モデルチェンジ変遷

初代ニュービートル
(1998年-2010年)
かつてビートルと呼ばれて親しまれていたタイプ1のボディ形状に今風のアレンジを加えたボディ形状で登場しました。デザインが似ているだけでビートルの直接の後継モデルではないため、ニュービートルという名称で販売されました。日本国内での販売当初は左ハンドルしかありませんでしたが、のちに日本の道路事情にあった右ハンドル仕様も追加されました。ビートルは駆動方式がRRで、それにあったデザインでしたが、ニュービートルは駆動方式がFFでビートルの様なデザインとした為に、室内スペースは狭くなり、居住性はあまりよくありません。そのため、独身で機能性よりお洒落な雰囲気を重視したいといった方に向いた車となっています。
 

かんたん車査定ガイド

page top