スズキ MRワゴン(MR wagon)売却時の買取相場価格

MRワゴン買取相場価格を知りたい方へ

 

スズキのMRワゴン

【MRワゴン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
MRワゴン X 2011年 3万km 34万円

ナビクル車査定


 

MRワゴンを売却した人の口コミ情報

 
僕は、高校を卒業してまだ日が浅く、給料が安いことから軽自動車のMRワゴンを買いました。

MRワゴンの良い点は、軽自動車にも関わらず、トールワゴンなので多くの荷物を積み込むことができる点です。

MRワゴンを購入した時は実家暮らしをしていたのですが、お金が貯まったので、その後アパートに引っ越しをしました。

MRワゴンを使うことで、レンタカーを借りなくても実家からアパート先に荷物を運ぶことができました。

レンタカーを借りると少なくとも5千円ぐらいは掛かると思うので、引っ越しに伴う出費が減らせてよかったです。

その後、僕のMRワゴンは4回目の車検をパスさせた後、普通自動車に乗り換えをしました。

女性ならまだしも男性が軽自動車に乗るのは、カッコ悪いという思いがあったからです。

僕が使ってきたMRワゴンは、車買取一括見積りサイトを利用して売却しました。

多くのクルマ買取会社を比べて売却することができたので、MRワゴンを高額で売ることができました。

私は、実家暮らしをしていて、アルバイトの掛け持ちでお金を稼いでいます。

今は、コンビニのレジ打ちとファミレスのウェイトレスのバイトをしています。

この仕事に行くためと、友達と遊びに行くためにMRワゴンを使っていました。

友達とは、MRワゴンを使って観光やグルメの旅をしたり、カラオケやボーリング、映画鑑賞などに出かけていました。

いつまでもアルバイトをしているわけにいかないので、正社員の仕事を探していたのですが、書類審査と面接に合格して、地元の大手の会社に正社員として働くことができる様になりました。

正社員として働き始めて1年ぐらいたった時に給料が良くなったので、MRワゴンを売って、もう少し高級なハイブリッドカーを買いました。

買ったクルマは高級とは言っても、私的に高級なだけであって、普通の一般車です。

私が乗ってきたMRワゴンは高額で売却したかったので、スマホを使って高く売れるところを調査してみました。

調査結果は、インターネット自動車買い取り一括査定サイトを使うことで、高い値段でクルマを売ることが可能ということが分かりました。

このサイトへ私のMRワゴンの査定を依頼したのですが、その後、トータル3社のクルマ買取会社から買取額の提案を受けることができました。

自分が思っていたより高い値段でMRワゴンを売却出来たので、クルマの乗り換え費用負担を減らすことができ、大満足しています。

私は、すでに結婚をしていて、保育所に通う子供が一人います。

子供が幼児の頃は、子供の面倒を見るために専業主婦をしていたのですが、子供が保育園に通い始めたことをきっかけにパートの仕事をし始めました。

職場に出かけるためにクルマが必要だったので、中古の軽自動車を買ったのですが、買ったクルマはMRワゴンでした。

MRワゴンは通勤だけでなく、保育園へ子供を送り迎えするためにも、そして買い物などの雑務をする為にも使いました。

4年落ちの格安で売られていたMRワゴンを買ったのですが、その車にはその後5年間乗って、別の中古の軽自動車を新しく購入しました。

乗っていたMRワゴンはかなり古いクルマとなっていましたが、高く売りたかったのでスマートフォンで中古車を高く売るための方法について調べてみました。

その結果、ネットクルマ買い取り一括見積サイトで売れば良いことを知ることができました。

MRワゴンの見積りをそのサイトに依頼したのですが、すぐにトータル2社のクルマ買い取り専門業者から見積りを貰うことができました。

私にとってより有利な条件を出してくれたクルマ買い取専門業者に私のMRワゴンを売ったので、中古車で買ったクルマにも関わらず、そこそこ良い価格で売却することができました。

私は、大学生時代に自動車運転免許は取得したのですが、その後、ずっとペーパードライバーでした。

地元で就職が決まり、車通勤をすることになったので自動車ローンを組んで、スズキのMRワゴンを購入しました。

MRワゴンは軽自動車でボディサイズが小さいので、運転初心者の私でも苦労することなく運転できるだろうと思ったからです。

実際に運転をしてみると、クルマはコンパクトなので、クルマの前後左右の距離感が分かりやすかったです。

車庫入れや、駐車場に停めるときも不安を抱えることなく、クルマの停車と発進ができました。

運転に慣れてきたころには、友達を誘ってドライブに出かけたこともありました。

MRワゴンはその後、約9年間乗り続けたのですが、結婚を契機に、売却しました。

私は、寿退社をして専業主婦になったことと、新居には旦那のクルマしか停めるスペースがなかったからです。

私のMRワゴンは、地元で有名だった自動車買取会社に持ち込んで買い取りして貰いました。

私のMRワゴンは年式の古くクルマのため、ほとんど無価値だったと思います。

だから、買い取り額はタダ同然でしたが、廃車費用をかけずに処分できただけでも良かったと考えています。
 

MRワゴン(MR wagon)のスペック(現行モデル)

 

MRワゴンのリアサイド

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スズキ 軽自動車 115-145 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 27.2(フルタイム4WD)/30.0(FF) 水冷4サイクル/直列3気筒 52
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
63 3,395x1,475x1,625 820 FF/4WD

 

MRワゴン(MR wagon)の概要

 

MR wagon

MRワゴン(MR wagon)は、スズキが販売しているミッドシップレイアウトエンジンを搭載した軽トールワゴンです。

特徴

  • ヘッドランプの形状が半円でユニークであるため、個性的なフェースデザインとなっています。
  • ハイソ感のある上品なインテリアデザインとなっています。
  • 低燃費なエコ対応車とするために4つの新システムを搭載しています。
  • タッチパネルオーディオは直感的に操作できるので使い方を覚えるのが簡単です。
  • iPodやUSBメモリの音楽データを再生するためのUSBソケットを搭載しています。
  • エンジンをミッドシップマウントしているので、車の走行安定性が高い。
  • スムーズな駐車や車庫入れをするための後方確認用モニターを搭載しています。

モデルチェンジ変遷

初代MRワゴン
(2001年-2006年)
初代MRワゴンのMF21S型を販売。
流線型の近未来的なデザインを採用しています。可変バルブツインカムエンジンであるDOHC VVTエンジンと、より馬力のあるDOHC Mターボエンジン搭載車両がありました。後部座席は10.5cmの前後スライド機能があり、様々なシートアレンジを可能としていました。衝突安全性を高めるSRSエアバッグ・シートベルトプリテンショナー(衝突時のシートベルトのたるみを取り除く機構)・可変フォースリミッター(シートベルトによって胸部が圧迫されすぎない様にする機構)を前モデルに採用しました。
2代目MRワゴン
(2006年-2011年)
2代目MRワゴンのMF22S型を販売。
使い勝手の改善を図るために小物入れトレイやボックスの数を増やすなど、インテリアの見直しが行われました。シフトチェンジレバーの位置は、ステアリングホイールに切り替えレバーが付いているコラムシフトからインパネ部分に付いているインパネシフトに変更されました。張力強度に優れたハイテン材を多く使用して、車体重量を先代より軽くしました。
3代目MRワゴン
(2011年-現在まで)
3代目MRワゴンのMF33S型を販売。
先代は若い女性を意識した可愛らしさのあるボディデザインでしたが、若い男性でも乗るのに違和感がない若さを前面に出したデザインとなりました。先代よりホイールベースを6.5cm延長したことにより、広い居住空間を実現しています。スタイリッシュンな外観の派生グレードとして「MRワゴンWit」というエアロパーツ装備車があります。

 

ナビクル車査定

page top