スズキ アルト(ALTO)売却時の買取相場価格

アルト買取相場価格を知りたい方へ

 

スズキのアルト

【アルト買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
アルト G 2013年 1万km 9万円

かんたん車査定ガイド


 

アルト(ALTO)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スズキ 5ドアセダン(軽自動車) 113-124 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 37.0/33.2 水冷4サイクル直列3気筒 52
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
63 3,395x1,475x1,500 650/700 2WD/フルタイム4WD
 

アルト(ALTO)の概要

 
アルト(ALTO)は、スズキの5ドアハッチバック軽自動車です。

1979年から販売をしており、同社のロングセラー的な車種です。

特徴

  • 武骨なイメージがあるフロントフェースと流れる様なサイドデザイン
  • 丸を基調としたオシャレな内装インテリア
  • フロントウインドウに紫外線から肌を守るUVカット機能付ガラスを採用(一部モデルには、フトントドアガラスにも採用)
  • 地面からの前席の座面は高めに、室内床は低めに設計しているので、腰の移動が少なくて済み楽に乗り降りが可能
  • フトントドアは3段階で開き具合を変えることができるので、狭い駐車場でドアを開くときも安心
  • 広いフロントウインドウにより幅広い視界を得ることができ、乗員の頭から天井やフロントピラーまで距離を確保しているので、開放的な空間も実現
  • バックドアを開くと大きな開口で荷室にアクセスできるので荷物の積み降ろしが楽にでき、また、荷室床下にはラゲッジアンダーボックスがあり、カー用品などの収納が可能
  • ドリンクホルダー、ショッピングフックなどの収納スペースを多く用意
  • 専用のリモコンキーを保有していれば、ドアのスイッチを押すだけで施錠と解錠ができ、エンジンの始動もブレーキを踏みながらエンジンスイッチを押すだけで可能
  • AM/FMラジオ付きのCDプレーヤーを搭載しているので、音楽を楽しみながら運転が可能
  • 4WD車には、運転席にシートヒータ―を搭載しているので、冬季でも快適に運転が可能(一部モデルは助手席にも搭載)
  • 正常な方法とは異なるやり方でドアの解錠が行われた場合に、ハザードランプとホーンで警告を行う「セキュリティアラームシステム」を装備
  • レーダーブレーキサポート装着車は、第三機関が実施する2014年度JNCAP予防安全性能アセスメントで、高評価の「ASV」を獲得
  • 交通事故を防ぐ最新の安全技術として「先行車への追突を検知して自動ブレーキを掛けるレーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)」と「ペダルやシフトの操作間違いで急発進するのを防止する誤発進抑制機能」を採用(一部モデルはメーカーオプション)
  • 車両走行安定補助システム(ESP)として「コーナーリング時などでクルマが横滑りするのを防ぐスタビリティコントロール」と「発車やスピードアップ時に駆動輪の空回りを防ぐトラクションコントロール」、「急ブレーキを掛けた時にタイヤがロックをするのを振ぜくABS」を装備
  • AT車には、坂道発進でブレーキからアクセルにペダルを踏み変える時に、車が一瞬下がるのを防ぐ「ヒルホールドコントロール」を搭載
  • 衝突時に衝撃を吸収するクラッシャブル構造、そして高強度なキャビン構造を採用した高度な安全性と軽量化を実現した「軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)」を使用
  • 前方衝突時に乗員の頭部や胸部に加わる衝撃を緩和する「運転席・助手席SRSエアバッグ」を搭載
  • 前席には、衝突発生時にシートベルトを引き込むプリテンショナー機構とベルトの荷重の掛かり具合を調節して胸部への圧迫を防ぐ可変フォースリミッター機構を備えた高性能なのシートベルトを採用
  • 後続車に低速で追突された場合に、首に掛かる衝撃を和らげる「頚部衝撃緩和フロントシート」を採用
  • 前席の乗員がシートベルトの装着を忘れた時に警告音を発する「シートベルトリマインダー」を装備
  • ブレーキシステムには「ブレーキペダルを踏む力を支援するブレーキアシスト」と「急制動でタイヤロックによりハンドル操作ができなくなるのを防ぐ4輪ABS」、「前輪後輪に適切に制動力を分配する電子制御制動力配分システム(EBD)」を採用
  • 衝突発生時に乗員の頭部が内装と接触してもダメージを軽くする為にピラーやルーフサイドは衝撃を吸収する構造とした「頭部衝撃軽減構造インテリア」を実装
  • ボンネットなどの車両フロント部に衝撃を吸収する構造を施しており、万一、歩行者とぶつかった際に歩行者の頭部や脚部に加わる衝撃を少なくする為の「歩行者傷害軽減ボディー」を採用
  • 赤ちゃんや小さな子供を安心して載せられる様に「ISOFIX対応チャイルドシート固定用アンカー」を装備
  • 減速エネルギーを用いて発電して、燃料効率を高める「エネチャージ」を搭載
  • ブレーキを踏み込んで時速13km以下になった時点でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」を装備
  • エアコンの空調ユニット内に蓄冷材を配置しており、アイドリングストップ中でも冷気を送風できる「エコクール」を搭載
  • 燃費に良い運転ができているかをスピードメーター内のライト色で表示する「ステータスインフォメーションランプ」を装備
  • タイヤ、エンジン、バッテリー間のエネルギーの流れを表示する「エネルギーフローインジケーター」を装備
  • 平均燃費やアイドリングストップによる節約燃料などを確認できる「マルチインフォメーションディスプレイ」を搭載
  • 燃料を最大限パワーに変えて、燃費性能を向上させたエンジンとトランスミッション(CVT車と5AGS車)を採用
  • 毎日乗ってもお財布に優しい、高い燃費性能
  • デザイン性を保ちつつ、空力性能の向上を図り、空気抵抗を低減
  • 最小回転半径はわずか4.2mなので、駐車の際などの取り回しが楽
  • 車体の軽量化と高い剛性の相反する項目を軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により高い次元で両立
  • 走りにこだわったアルトワークス、軽商用車のアルトバンもあります。

モデルチェンジ変遷

初代アルト
(1979年-1984年)
初代アルトのSS30V/40V型を販売。
商用車は税金面で優遇をされていたため、商用車として販売を開始しました。安全面を確保した上で徹底的にコストダウンを図り、低価格を実現しました。低速トルクの太い2ストロークエンジンと静粛性の高い4ストロークエンジンを用意しました。
2代目アルト
(1984年-1988年)
2代目アルトのCA71V/72V/CC71V/72V型を販売。
エンジンは全て4ストロークに統一をしました。フロントブレーキには制動力に優れたディスクブレーキを採用しています。
3代目アルト
(1988年-1994年)
3代目アルトのCL11V/21V/22V/CM11V/21V/22V/CN11S/21S/CR22S/CP11S/21S/CS22S型を販売。ホイールベースを大幅に伸ばしたことにより、「走行安定性」と「室内の快適性」を改善しました。独立車種としてスポーティな走りができるアルトワークスを販売しました。また、後部座席部分の車高を高くし、荷物積載容量を増やしたアルトハッスルも販売をしました。
4代目アルト
(1994年-1998年)
4代目アルトのHA11S/21S/HB11S/21S/HC11V/HD11V型を販売。
グレードの整理が行われ、標準的な3ドアモデルと5ドアモデルのみとなりました。
5代目アルト
(1998年-2004年)
5代目アルトのHA12S/22S/23S型を販売。
1998年10月の軽自動車規格改正を受けて、ボディサイズのアップを図りました。低燃費を実現したDOHCリーンバーンエンジン搭載モデルがありました。マツダにOEM供給され、マツダでは「キャロル」という車名で販売されました。
6代目アルト
(2004年-2009年)
6代目アルトのHA24S/24V型を販売。
この代でもグレードの見直しが行われ、結果としてグレードは「E」「G」「X」のみとなりました。
7代目アルト
(2009年-2014年)
7代目アルトのHA25S/25V/35S型を販売。
空力性能に優れた流れるようなフォルムのボディデザインに変更されました。アイドリンクストップ機能を備えた低燃費タイプのアルトエコを販売しています。
8代目アルト
(2014年-現在まで)
8代目アルトのHA36S/36V型を販売。
モノコックのプラットフォームを変更し、軽量化を図るとともに衝突時の安全性も向上をさせています。ステアリングに可変ギアレシオステアリングを採用して、ハンドルフィーリングを良くしています。また、サスペンションの見直しも行われ、軽量かつ高剛性のものを採用しています。
 

かんたん車査定ガイド

page top