スズキ Kei(ケイ)売却時の買取相場価格

Kei買取相場価格を知りたい方へ

 

スズキのKei

【Kei買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
Kei ワークス 4WD 2005年 10万km 2万円

かんたん車査定ガイド


 

Kei(ケイ)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スズキ 3/5ドアハッチバック - 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 16.6-22.5 水冷直3 SOHC 6バルブ/DOHC 12バルブ(IC付ターボ) 55-64
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
63-83 3,395x1,475x1,525-1,595 660-830 FF/4WD
 

Kei(ケイ)の概要

 
スズキのKei(ケイ)は、セダンとSUVの中間に位置付けられている街乗りも悪路の走破も可能なクロスオーバーSUVです。

特徴

  • シートは座面高を高くしており、良好な視界を確保
  • 通常の機械式立体駐車場に駐車可能なセミトールの車高
  • 大径タイヤにより地面から車体ボトムまでの距離を確保して、悪路の走破性を確保
  • 荷物積載の顧客よりも、走破性重視の顧客を対象としたボディサイズ
  • ボディ剛性の高い3ドアと後部座席への乗り降りがしやすい5ドアのタイプを用意
  • 特別モデルであるKeiスポーツ/ワークスを用意

モデルチェンジ変遷

初代Kei
(1998年-2009年)
初代KeiのHN12S/HN11S/HN22S/HN21S型を販売。
1998年に施行された軽自動車規格改定に合わせて登場をした新規格モデルの車種です。フルモデルチェンジは一度も行われることなく、2009年の販売終了までこまめに改良が行われました。当車はマツダにOEM供給が行われ、マツダからラピュタという車名で販売されていました。
Keiスポーツ
(特別モデル)
スズキのアルトワークスが2000年に生産中止となり、それに合わせて販売が開始されたスポーティタイプのグレードです。ホイールの大口径化や専用エアロ、専用サスペンション、そして一部のモデルには専用のパケットシートを装備しており、優れた走行性能を実現しています。
Keiワークス
(特別モデル)
Keiスポーツの発展型として登場したグレードです。60偏平率タイヤ、15インチアルミホイール、4輪ディスクブレーキ、レカロシート、そして駆動輪の空転を防ぐLSD(リミテッド・スリップ・デフ)などを装備しており、よりパワフルな走りを可能としています。
 

かんたん車査定ガイド

page top