ダイハツ ミラトコット(Mira TOCOT)売却時の買取相場価格

ミラトコット買取相場価格を知りたい方へ

 

ダイハツのミラトコット

【ミラトコット買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ミラトコット G SAIII 2018年 1万km 91万円

ナビクル車査定


 

ミラトコットを売却した人の口コミ情報

 
私は、保険の外交員をしています。

客先周り用のクルマとして、ダイハツのミラトコットを購入しました。

ほぼ、毎日、クルマは走らせるので、頑丈かつ安全性があり、運転しやすいという点を考慮して、ミラトコットを買いました。

ミラトコットには、大型のスピードメーターや視認性の良い各種操作ボタン、そして死角の少ない四方のウィンドウが採用されていたので、運転がとてもしやすかったです。

また、ミラトコットはとてもコンパクトなクルマなので、狭い路地裏などの道路もとても走り易く、狭い道で対向車が来た場合もすんなりとすれ違うことができました。

さらに、ミラトコットには安全運転を支援する「人や車両との衝突を回避する自動ブレーキ」や「ブレーキとアクセルの踏み間違いによる誤発進を防止する機能」などが搭載されていました。

だから、ミラトコットは交通事故を起こしにくいクルマとなっていたので、安心して運転することができました。

ミラトコットを含め、仕事で使っていたクルマは業務用車になるので、購入費用は全額経費にできました。

そのため、約6年周期で新車に乗り換えていました。

仕事で使っているノートパソコンで、ミラトコットの売り先をチェックしたのですが、ネット車買取り一括査定サイトを利用することで高額売却を実現できることが判明しました。

その一括査定サイトにミラトコットの査定をお願いしたのですが、その後、トータル6社のクルマ買取専門業者から査定を貰えたので、比べた上で、高い値段で私のクルマを売ることができました。

私は、かわいらしさのある真ん丸のフロントヘッドライトとリヤブレーキランプが気に入って、ピンク色のミラトコットを購入しました。

ミラトコットの室内インテリアは、淡いベージュ色で、とても落ち着ける色合いで、この色も私は気に入っていました。

ミラトコットの室内の操作ボタンには、絵が印刷されていたので、クルマの取扱説明書を見ずに直感的にボタンの操作をすることができました。

また、ミラトコットにはスマートフォンの電源ソケットが付いていたので、クルマで移動中に私が持っていたiPhoneを充電することができたことも便利でした。

そして、私が購入したミラトコットのグレードタイプには、フロントウィンドウとフロントドアのウィンドウに赤外線と紫外線をカットするタイプのガラスが使われていたので、真夏でも顔や腕の日焼けを気にすることなくミラトコットを運転することができました。

私は、普段使いのクルマとしてミラトコットを買ったのですが、乗り始めてから11年経った時に、さすがに古さを隠しきれなくなったので、次に乗るクルマを購入しました。

私のiPhoneを使ってミラトコットをどこに売却したら高く売れるのかを調査したところ、クルマ買取一括見積りサイトで売れば良いことを知ることができました。

私のミラトコットをこの一括見積りサイトで売ることで、多くのクルマ買い取り会社から見積書を頂くことができました。

その頂いた見積書を十分に比較してから売却をしたので、ミラトコットはかなりの高値で売ることができました。

僕は会社へ行くための移動手段としてクルマは必要だけど、クルマにはお金を掛けたくありませんでした。

クルマにお金を掛けるぐらいなら、趣味のデフォルメフィギュア集めにお金を掛けたいと思っていました。

そんな僕が選んだクルマは、軽自動車のミラトコットでした。

僕が買ったミラトコットのモデルは、諸経費込みで130万円程度で買うことができました。

また、ミラトコットは軽自動車なので、走行時のガソリン消費量が少なくて済み、維持費も普通乗用車と比べると安上がりでした。

デフォルメフィギュアは、通販で購入することが多いのですが、地元のおもちゃ屋で購入することもありました。

お店で購入をしたフィギュアは、ミラトコットの助手席やリア部分の荷室に積み込んで運びました。

僕は、物持ちが良い方なので、ミラトコットには7回目の車検がやってくる直前まで乗っていました。

その後、別のクルマに乗り換えをしたのですが、僕のミラトコットはその時に新車を購入した自動車販売会社に下取りに出しました。
僕のミラトコットは古すぎて廃車になってもおかしくないようなクルマだったのですが、自動車販売会社の好意で引き取って貰うことができました。

私は、大学を卒業後、某上場企業で働き、60歳で定年を迎えて、現在は年金暮らしをしています。

厚生年金を支払っていたので、働かなくても食べていくことができています。

ですが、年金暮らしなので、少しでも生活を楽にするために出費は出来るだけ抑える必要がありました。

そんな、私がほんの少し前まで愛用していたクルマはダイハツのミラトコットでした。

ミラトコットは軽自動車なのですが、軽自動車に乗って最も危惧することは、衝突事故に遭った場合にクルマが押しつぶされて生存スペースがなくなるのではないかということでした。

ですが、ミラトコットには様々な安全運転を実現するためのシステムが組み込まれており、事故は起こりにくいクルマだということが分かったので、安心して運転することができました。

現在、子供たちは成人して既に家を出ているので、私は妻と二人暮らしです。

妻も運転免許証を持っているので、ミラトコットは共同で利用していました。

僕や妻の日常生活の足として重宝したミラトコットでしたが、新車で買ってから8年が過ぎた時に、今度はさらに燃費性能の良い軽自動車のハイブリッドカーを買うことにしました。

自宅の書斎に置いてあるパソコンを使って、中古自動車を高額売却する方法について調査をしてみました。

すると、中古車買い取り一括見積サイトで売るとベストに近い価格で売却出来ることが分かりました。

我が家のミラトコットは、この一括見積サイトを経由して売却をしました。

多くの買取額の見積りを比較した上で、売ることができたので、ほぼベストプライスでミラトコットを売却することができました。
 

ミラトコット(Mira TOCOT)のスペック(現行モデル)

 

ミラトコットの左斜め上

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 5ドア ハッチバック 107-142 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 29.8(2WD)/27.0(4WD) 直列3気筒DOHC 52
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
60 3,395x1,475x1,530-1,540 720-790 2WD/4WD

 

ミラトコット(Mira TOCOT)の概要

 

Mira TOCOT

ダイハツのミラトコット(Mira TOCOT)は、ハッチバックタイプの軽自動車でダイハツ工業で製造と販売を行っています。

特徴

  • 丸型ライトと四角を基調としたシンプルで飽きの来ないエクステリア
  • スピードメーターはシンプルかつ大型で見やすい「単眼メーター(盤面発光)」を搭載
  • 直感的に操作が可能な「オートエアコン(プッシュ式)」を装備(一部モデルのみ)
  • 柔らかい印象のある陶器の様な雰囲気の「インパネガーニッシュ(セラミックホワイト)」を装備(一部モデルのみ)
  • シートには、濃淡のある糸を使うことで温かみを感じさせる「フルファブリックシート表皮(コンビネーションカラー)」を採用
  • スマートフォンなどの充電が行える「USB電源ソケット(2口)」を用意(一部モデルのみ)
  • 日焼けの原因となる紫外線やジリジリとした暑さの原因である赤外線をカットする「スーパーUV&IRカットガラス」をフロントドアに採用
  • 寒い日でもおしりと背中を温めてくれる運転席と助手席用の「シートヒーター」を装備(一部モデルのみ)
  • 便利な収納場所として、ボックスやトレイ、ポケット、ボトルホルダーなどを装備
  • 帯電フィルターにより花粉や細かいホコリを取り除き、室内空気を清潔に保つ「スーパークリーンエアフィルター」を搭載
  • 後席を前に倒すことで、広々としたラゲージスペースを確保可能
  • クルマの背面にあるバッグドアは電気スイッチ式のオープナーを採用しており、バックドアの開け閉めが容易
  • スピードメーターの右側に、車に関する航続可能距離や平均燃費などを表示する「TFTマルチインフォメーションディスプレイ」を装備(一部モデルのみ)
  • ボンネットの先端がどこにあるのか分かり易いので、駐車などの際に安心
  • 頭上には十分の空間があるので、開放的で窮屈さを感じない
  • 視界を遮らない様にドアミラーの位置にも配慮をして、良好な前方視界を確保
  • 後ろも見やすくなっており良好な後方視界を確保
  • ハンドルや運転シートを自分の体格に合わせて調整できる「チルトステアリング&シートリフター」を装備(シートリフターは一部モデルのみ)
  • 自然環境に優しく、かつ力強さのある「TOPAZ NEO(トパーズ ネオ)エンジン」を搭載
  • ブレーキを掛けて減速している時に、車が完全に停止する前からエンジンを止めて、ガソリン消費を減らす停車前アイドリングストップ「エコアイドル」を搭載
  • ミラトコットのスマートアシストV装備車は国が推奨している交通事故防止技術を搭載した「サポカーS ワイド」に該当
  • 前方のクルマのみならず、歩行者も検知して、衝突リスクがある場合に音などで警告をして、さらに危ない状態となると自動で緊急ブレーキを掛ける対車両と対歩行者用の「衝突警報機能&衝突回避支援ブレーキ機能」を装備
  • よそ見などで車線からはみ出しそうになった場合に、ドライバーに音などで警告をする「車線逸脱警報機能」を装備
  • ブレーキペダルとアクセルペダルを誤って踏み間違えた場合でも、障害物がある場合にはエンジン出力を抑制して、音などで警告を発する「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」を装備
  • 信号待ちなどをしている時に前のクルマが発進したことに気づかないで止まったままの場合に知らせる「先行車発進お知らせ機能」を装備
  • ヘッドランプのハイ・ロービームを自動で切り替えるので、手間が掛からない「オートハイビーム」を装備(一部モデルのみ)
  • 周りが暗くなると自動でヘッドランプが点灯し、明るくなると自動でヘッドランプが消灯する「オートライト」を装備(一部モデルのみ)
  • 明るい白色光を放つ、低消費電力の光軸調整機能付き「Bi-Angle LEDヘッドランプ」を採用
  • ヘッドランプを消し忘れて車を降りても、一定時間が経つと自動で消灯してバッテリー上がりを防止する「ヘッドランプ自動消灯システム」を搭載
  • 衝突発生時に全ての乗員の障害を軽減する為に前席用の「デュアルSRSエアバッグ」と「SRSサイドエアバッグ」、そして前後席用の「SRSカーテンシールドエアバッグ」を装備
  • 全ての席に高性能な「プリテンショナー&フォースリミッター機構付き3点式ELRシートベルト」を搭載
  • 前席だけでなく後席でもシートベルトの締め忘れがあった場合に、警告を発してシートベルトの装着を促す機構を搭載
  • 国内だけでなく欧州の衝突安全基準も楽に合格した「衝突安全ボディ TAF(タフ)」を採用
  • 曲がり道などでクルマが横滑りしそうな場合に、ブレーキとエンジン出力を自動でコントロールすることで、安定走行を確保する「VSC」を搭載
  • 発進や加速の際にタイヤが空転するのを防止して、車の安定性を保つための「TRC」を搭載
  • 走っている最中にブレーキを強く踏んで急制動を行った時に、ハザードランプを自動で高速点滅させることで、後続車へ注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を装備
  • ブレーキを掛けた時に前後左右輪に制動力を最適に配分することで、安定して減速するための「電子制御制動力配分システム(EBD)」を搭載
  • 濡れた路面や凍結路面でのブレーキや高速走行からの急ブレーキの際に、車輪がロックしてハンドル操作ができなくなるのを防ぐ「ABS」を搭載
  • 斜面で発進をする際に、ブレーキからアクセルにペダルの踏み変えをする際に、車が後ろに下がるのを防止する「ヒルホールドシステム」を搭載
  • クルマの前後左右に設置したカメラで死角を映像で目視することができる、駐車などの際に役立つ「パノラマモニター」を搭載(一部モデルのみ)
  • クルマの4隅に取り付けた「コーナーセンサー」を使って障害物までの距離に応じて警告音を変えることで、縦列駐車などをサポート
  • 最小回転半径は、たったの4.4mなので、小回りが利き、かなり狭い路地でも走行可能
  • 車速が一定以上になった時に自動で全ドアを施錠する「車速感応式オートパワードアロック」を搭載
  • 方向指示レバーは途中まで動かして手を離すと自動で元の位置に戻り、ターンシグナルが3回点滅する「ワンタッチターンシグナル機能付き方向指示スイッチ」を装備
  • 電子カードキーを携帯していれば、ドアのスイッチを押すだけで解錠と施錠ができ、エンジン始動もブレーキを踏みながらエンジンスタートボダンを押すだけで済む「キーフリーシステム&プッシュボタンスタート」を装備
  • ドアの施錠に連動した自動でドアミラーを閉じる「オート格納式カラードドアミラー」を搭載

モデルチェンジ変遷

初代ミラトコット
(2018年-現在まで)
初代ミラトコットのLA550S/560S型を販売。
ミラココアの実質的な後継車種として、登場しました。プラットフォームには、商品力の向上と原価低減を実現する為に開発された「GA-Aプラットフォーム」が採用されています。

 

ナビクル車査定

page top