ダイハツ アルティス(ALTIS)売却時の買取相場価格

アルティス買取相場価格を知りたい方へ

 

ダイハツのアルティス

【アルティス買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
アルティス ハイブリッド Gパッケージ 2013年 5万km 63万円

ナビクル車査定


 

アルティスを売却した人の口コミ情報

 
僕は、中堅サラリーマンです。

通勤に使うクルマは、部下もいる手前、あまり安っぽいクルマに乗るわけにもいかないので、上質感のあるダイハツのアルティスを購入しました。

アルティスは、大型のフロントグリルと細く切りあがったヘッドライトによる丹精なフロントフェースを持っているので、外観はすごく気に入っています。

また、テール部分も細長いシャープな形状のブレーキランプが採用されていて、精悍なイメージで僕の好みに合っていました。

僕は営業職なのですが、付き合いで接待ゴルフをすることがありました。

アルティスには、広い開口部分、そして大容量のラゲージスペースがあるので、ゴルフバッグを複数個積み込むことができました。

僕にとって足として活躍をしてくれていたアルティスですが、買ってから年数がたったので、次に乗る車を購入しました。

スマートフォンでネット検索を行って、中古自動車を高く売るにはどうすれば良いかを調べてみました。

調べてみて分かったことは、ネットで利用できる車買い取り一括見積りサイトを利用すると良いということでした。

この一括見積りサイトを使うことで、複数の自動車買取専門業者から手に入れた見積書を比較することができ、ベストな買取条件の買取専門業者に僕のアルティスを売却することができました。

僕はハイソなクルマ、要は上品さと高級さを兼ね備えたクルマが欲しかったので、ダイハツのアルティスを購入しました。

アルティスのメーカー希望小売価格は消費税抜きで330万円ぐらいで、自動車では中堅レベルの価格でしたが、アルティスの車格は一クラス上に匹敵するものがありました。

アルティスの運転席前のインパネは真ん中に車に関する様々な情報を表示する液晶ディスプレイ、右にスピードメーター、左にタコメーターが配置されていて、どの表示部分も大型なので視認性がとても良かったです。

また、アルティスの内装は、木目調のパネルとシルバーのフレームが使われていて、高級感がありました。

シートの作りに関していえば、アルティスは運転席と助手席だけでなく、後席も高級感のある反発力の良いシートが使われていたの、で、どの席に座ってもお尻が痛くなることはなく、長時間快適に座り続けることができました。

アルティスは上級のクルマなので自分は好きだったのですが、時の流れには逆らえず、5回目の車検が来る直前に、アルティスと同じようなハイソサエティなクルマに買い替えをしました。

長年に渡り愛用してきたアルティスは、スマホでチェックして口コミが良かったインターネット中古車買取り一括査定サイトで売りました。

この一括査定サイトを使った結果、中古自動車市場で売買されている価格以上の高額で、自分のアルティスを処分することができました。

私は、IT関係のベンチャー企業に勤めています。

会社の立ち上げ時から参画しているので、会社の中では古株で、部長の様な立場でチームを統括しています。

それなりの責任ある立場なので、通勤に使うクルマはあまり変なクルマに乗る訳に行かず、格調さのある車だと感じたアルティスを購入して使っていました。

私は活発に行動するタイプで、私に合った色としてアルティスのボディー色は赤色を選びました。

アルティスは、普段は通勤やちょっとした買い物ぐらいにしか使っていませんでしたが、お正月とお盆の時期は田舎に帰省する為にも使っていました。

両親は健在なので、親に顔を合わせる必要があったのです。

私が使ってきたアルティスはその後、乗り換えを検討する為に、今の住まいに置いてあるパソコンを使って売却先の検討を行いました。

検討結果は、インターネットクルマ買い取り一括見積サイトに申し込めば、良い価格で売ることができるということが判明しました。

私のアルティスは、この一括見積りサイトに見積りをお願いしたのですが、全部で3社のクルマ買取会社から見積りを貰うことができ、比較して高い値段で売却することができました。

僕は司法書士です。

事務所へ通勤するためのクルマとして、アルティスを購入しました。

客先周りにもアルティスを使っているので、アルティスを購入した時は、購入費用の半分を仕事用として仕事上の経費にしました。

どんな商売でもお客様から仕事を貰うには、やはりお客様から信用を得る必要があります。

ですから、仕事関係で使うもの、例えば事務所や事務所の備品、自動車などは出来るだけ高級感があって、信頼を獲得できる物にする必要があります。

普段は多忙を極めており、あまり家族のことを顧みることができていないのですが、連休が取れた時は、普段の埋め合わせとして、アルティスに乗って家族サービスをするように心がけています。

アルティスに家族を同乗させて、おいしいお店に行ったり、観光旅行に行って、家族の絆を深める様にしていました。

僕は、乗っているクルマは基本的に毎回4回目の車検が来る前に買い替えをしています。

地元の自動車販売会社に、いつも車を買ってお付き合いしている担当者がいるので、その人に相談してクルマを買い替えています。

アルティスから別のクルマに買い替えをしたときは、アルティスを下取りに出して新しいクルマを買ったので、僕がお得意客ということもあり、新しいクルマは大幅なサービス価格で買うことができました。
 

アルティス(ALTIS)のスペック(現行モデル)

 

アルティスのバック部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 4ドアセダン 353-355 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,487 28.4 直列4気筒直噴DOHC エンジン:178 モーター:120/システム最高出力:211
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
エンジン:221 モーター:202 4,885x1,840x1,445 1,570-1,600 FF

 

アルティス(ALTIS)の概要

 

ALTIS

ダイハツのアルティス(ALTIS)は、トヨタ自動車からカムリのOEM供給を受けて、ダイハツ工業で販売をしているセダンタイプの普通自動車(ハイブリッド車)です。

特徴

  • 細く切り上がったヘッドライトと大型のフロントグリルで、引き締まった精悍な印象のフロントデザイン
  • 視認性の良い大型のアナログメーターをインパネに装備
  • 低い重心により走行安定性の向上を実現した「低重心パッケージ」を搭載
  • ラゲージスペースは大容量の524リッターを確保しており、ラゲージドアは解錠をした後、滑らかに開く機構を搭載しているので、ドアを自分で上に開かなくても荷物の積み込みが可能
  • クルマの天井を開くことができる「パノラマムーンルーフ(電動サンシェード付&挟み込み防止機能付)」を用意(メーカーオプション)
  • 車内でパソコンなどの電気製品を使えるようにする「アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)」を用意(メーカーオプション)
  • 優れた環境性能とパワフルな走りを高次元で両立した「2.5Lダイナミックフォースエンジン×ハイブリッドシステム(THSU)」を搭載
  • エンジンを停止して、電気モーターのみで走行する静かで自然環境に優しい「EVドライブモードスイッチ」を装備
  • インパネ部分に設置した高精細の7.0インチ「マルチインフォメーションディスプレイ」により、運転状況に関する自車情報を表示
  • 日本政府が交通事故を減らすために推し進めている安全技術搭載車の「サポカーS ワイド」に適合
  • クルマのフロントに設置した単眼カメラとミリ波レーダーを使って前方の車や歩行者を検知して、衝突リスクがある場合には警告ブザーを発して、もしドライバーによってブレーキ操作が行われなかった時には自動で緊急ブレーキを掛ける「プリクラッシュセーフティ」を装備
  • 道路上の走行ラインを単眼カメラで検知して、ドライバーが意図せずに走行ラインを越えそうになった場合にブザーなどで警報を発する「レーンディパーチャーアラート」を搭載
  • 夜間の視認性を最適化する為にヘッドライトのロービームとハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」を搭載
  • 高速道路での渋滞などの際にドライバーの疲労を軽減することができる、先行車と一定の車間距離を保って自動走行をする「全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール」を搭載
  • 車庫入れなどの徐行でハンドルの取り回しを行う際に障害物の接近をブザーで知らせ、進行方向に壁などの障害物があるにも関わらずその方向にアクセルを踏み込んだ場合にエンジン出力を抑える「インテリジェントクリアランスソナー」を搭載
  • ドライバーにとって死角となる、となり車線の斜め後方に他車が存在する時に、ドアミラーに設置したLEDインジケーターを点灯あるいは点滅させることで、ドライバーに注意を促す「ブラインドスポットモニター(BSM)」を搭載(メーカーオプション)

モデルチェンジ変遷

初代アルティス
(2000年-2001年)
初代アルティスのV20N型を販売。
トヨタ自動車の6代目カムリのOEM供給を受けて、販売された4ドアセダンです。
2代目アルティス
(2001年-2006年)
2代目アルティスのV30N型を販売。
カムリのフルモデルチェンジと呼応して、アルティスもフルモデルチェンジが行われました。
3代目アルティス
(2006年-2010年)
3代目アルティスのV40N型を販売。
先代と比較すると車幅が若干長くなって居住性の改善と、エンジンパワーの向上が図られています。
4代目アルティス
(2012年-2017年)
4代目アルティスのV50N型を販売。
ハイブリッド車専用2.5Lエンジンと電気モーターを搭載したハイブリッドカーとして登場しました。
5代目アルティス
(2017年-現在まで)
5代目アルティスのXV70N型を販売。
トヨタ自動車からカムリ10代目のOEM供給を受けて、エンブレムなどの変更が施された上で「アルティス」として販売されています。

 

ナビクル車査定

page top