ダイハツ ムーヴキャンバス(MOVE CANBUS)売却時の買取相場価格

ムーヴキャンバス買取相場価格を知りたい方へ

 

ダイハツのムーヴキャンバス

【ムーヴキャンバス買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ムーヴキャンバス X リミテッド メイクアップ SAII 2016年 2万km 88万円

かんたん車査定ガイド


 

ムーヴキャンバス(MOVE CANBUS)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 5ドア軽トールワゴン 125-167 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 28.6(2WD)/27.4(4WD) 直列3気筒DOHC 52
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
60 3,395x1,475x1,655 910-970 2WD/4WD
 

ムーヴキャンバス(MOVE CANBUS)の概要

 
ダイハツのムーヴキャンバス(MOVE CANBUS)は、スライドドアを搭載した軽トールワゴンで、ダイハツ工業で製造と販売を行っています。

特徴

  • ボディはスクエア形状だが角に丸みがあり、丸型ヘッドライトと相まって温かみを感じることができるエクステリア
  • 壁際や狭い駐車場でも楽にリヤ席への乗降や荷物の積み込みができる「両側パワースライドドア」を採用
  • リヤのパワースライドドアはクルマ用の電子カードキーを携帯していればリヤドアハンドルのスイッチをワンプッシュするだけで、ドアの解錠と共に自動でドアのオープンが可能
  • リヤ席の足元部分にはシートから落ちたら困る割れやすい物、足元には直に置きたくないといった荷物を置くことができる引き出し形状の「置きラクボックス」を装備
  • パワースライドドアが閉まる動作を行っている時にクルマ用の電子カードキーを操作することで、ドアが閉まった後の施錠まで自動でできる「予約ロック機能」を装備
  • 陽射しが強い日でも紫外線と赤外線を除去できる「スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)」を装備(一部モデルを除く)
  • 気になる花粉もしっかりととらえることができる優れた集塵性能の「スーパークリーンエアフィルター」を搭載(一部モデルを除く)
  • 寒い日でも快適に乗車できる様にする為の、ワイパーの凍結による貼り付きを防ぐ「ウインドシールドディアイサー」、ドアミラーの曇りや凍結を防ぐ「ヒーテッドカラードドアミラー」、背もたれと座面を熱線で暖める「運転席シートヒーター」、後席の足元を温風で暖める「リヤヒーターダクト」といった「ウォームパック」セットを用意(メーカーオプション)
  • 使いやすい収納場所として、トレイやボックス、ポケットやショッピングフックなどを装備
  • リヤシートは、左右分割で前後方向へのロングスライドと背もたれの角度調整ができるリクライニングが可能
  • 荷室の床下には「大容量深底ラゲージアンダーボックス」を装備しており、カーグッズなどの収納が可能で、蓋部分のデッキボードを跳ね上げて固定をすることで背の高い荷物も積みこむことが可能
  • リヤシートは左右独立して前にフルに倒すことができ、荷室の容量アップが可能
  • シートに装着して、必要に応じて簡単に取り外して洗濯することができる、気分に合わせて着せ替えも可能な6タイプの「シートクロス」を用意(ディーラーオプション)
  • 夜間に良好な視界を得るために、乗員数や荷物の量に応じて自動で光軸を調整するオートレベリング機構を搭載した、ハイ・ロービームを1灯のLEDで兼用する「LEDクリアランプ付きBi-Angle LEDヘッドランプ」を装備(一部モデルのみ)
  • 悪天候時に前方視界を確保する為の「LEDフォグランプ」を装備(一部モデルのみ)
  • 明るい光でブレーキを掛けたことをしっかりと後続車に伝える「LEDストップランプ内蔵リヤコンビネーションランプ」を搭載
  • キーフリーシステムによるドアのロックに連動して、自動でドアミラーを収納する「キーフリー連動オート格納式ドアミラー」を装備
  • 最小回転半径は、たったの4.4mなので、車庫入れや縦列駐車などもスムーズ
  • 方向指示スイッチは手で押して離すとセンター位置に戻る仕様としており、方向指示スイッチを手で押して、すぐに離すことでターンシグナルが3回だけ点滅する「ワンタッチターンシグナル機能付き方向指示スイッチ」を装備
  • 体格や好みに合ったドライビングポジションを取ることができるハンドルの上下調整「チルトステアリング」と運転席シートの上下調整「シートリフター」を装備
  • 燃費性能が良く、かつ力強さのあるツインカムDVVT3気筒12バルブエンジン「TOPAZ NEO(トパーズ ネオ)エンジン」を搭載
  • 低燃費な走りができていると照明色がアンバーからグリーンに変化してドライバーに知らせる「エコドライブアシスト照明」を搭載
  • 国土交通省と自動車事故対策機構によって行われてた2017年度の予防安全性能アセスメントで、高評価の「ASV++」を獲得
  • ムーヴキャンバスのスマートアシストV搭載車は、政府が交通事故を減らすために普及啓発をしている安全技術搭載車の「サポカーS ワイド」に適合
  • フロントウインドウの室内側に設置したステレオカメラによって、前にある車や歩行者を検出して、ぶつかる可能性がある場合にドライバーに注意を促し、さらにリスクが高まった場合には自動で緊急ブレーキを掛けて事故回避を図る「衝突警報機能&衝突回避支援ブレーキ機能」を搭載
  • ステレオカメラで走行ラインを検知して、ラインからはみ出そうな場合に、ドライバーに知らせる「車線逸脱警報機能」を装備
  • 駐車場から発車をする際に障害物があるにも関わらず、操作ミスでアクセルを強く踏み込んで障害物方向に進みそうな場合に、エンジン出力を抑制することで障害物にぶつかるのを回避する「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」を搭載
  • 信号待ちで目の前のクルマが発進をしたのに気づかない場合に、ブザーなどで知らせる「先行車発進お知らせ機能」を搭載
  • 前方の明るさを検出して、自動でヘッドライトのハイ・ロービームを切り替える「オートハイビーム」を搭載
  • ステアリング操作に連動して、曲がる方向にヘッドライトを照らす「アダプティブフロントライティングシステム(AFS)」を搭載
  • カーブを走行中に横滑りが発生した場合に、エンジンパワーとブレーキを自動制御することで安定した走りを実現する「VSC」を搭載
  • 停車からのスタートやスピードアップを行った際にタイヤが空回りするのを抑えて、安定したアクセルワークを行える様にする為の「TRC」を搭載
  • コンパクトなボディサイズにも関わらず高い衝突安全性能を備えた「衝突安全ボディ TAF(タフ)」を装備
  • フードなどのクルマのフロント部分に衝撃緩和装置や吸収スペースを組み込むことで、対人事故に対して歩行者に加わるダメージを減らせる「歩行者傷害軽減ボディ」を搭載
  • 前方衝突時に運転席と助手席の乗員の傷害を軽減するための「SRSエアバッグ」を装備
  • 側方衝突の際に運転席と助手席の乗員に加わる衝撃を緩和する「SRSサイドエアバッグ」を搭載(一部モデルのみ)
  • 前方向から強度の衝撃を受けた場合に、シートベルトを瞬時に巻き取って乗員の拘束力を強め、ベルトの締めすぎで乗員の胸部に負荷がかかり過ぎないように巻取り力を弱める機構を搭載した「プリテンショナー&フォースリミッター機構付きフロント3点式ELRシートベルト」を搭載
  • クルマの前後左右に取り付けたカメラで、車の真上から見下ろしたような映像も表示可能な、死角確認が容易にできる「パノラマモニター」を用意(メーカーオプション・ディーラーオプション)

モデルチェンジ変遷

初代ムーヴキャンバス
(2016年-現在まで)
初代ムーヴキャンバスのLA800S/LA810S型を販売。
若い女性ユーザーをメインターゲットとしつつ幅広い世代にとって使いやすい、機能とデザインを両立させた軽トールワゴンとして登場しました。
 

かんたん車査定ガイド

page top